記事

国民年金の水準の問題を真正面から議論するべき

今回の金融庁の2000万円貯金の報告書の問題について、麻生大臣が問題を隠蔽するかのごとく「受取拒否」をしたことは大問題です。

しかし、これに加えて、年金の本質的な問題は問われざるを得ません。

一言で言えば、「年金は老後を支えるに十分か」。特にポイントは、国民年金です。

辛坊治郎氏もさかんに発信していますが、まさに問題の本質は、今や国民年金だけではとても老後、普通に生活できるようなレベルにないこと。

国民年金の満額は6万5千円ほど。しかし平均で言うと5万5千円。夫婦二人ならまだしも、単身高齢者では暮らし難い水準であることは間違いありません。

また、これからいわゆる「就職氷河期世代」が年金受給者となっていく頃には、国民年金だけの低年金者が相当増加することが予想されます。
このポイントです。これをこれからしっかり議論していかなければなりません。

安倍総理においては、この問題の議論を正面から受け止めてもらいたいと思います。

あわせて読みたい

「国民年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

  3. 3

    「親日本」が韓国に与えた納得感

    WEDGE Infinity

  4. 4

    赤字のソフバンに厳しい海外報道

    飯田香織

  5. 5

    なぜ匿名? 二宮結婚報道の異常さ

    山下雄平

  6. 6

    日本と同じく滅びゆくアジアの国

    永江一石

  7. 7

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  8. 8

    桜を見る会中止は利益相反の問題

    岩田健太郎

  9. 9

    桜を見る会は総選挙に影響するか

    やまもといちろう

  10. 10

    桜を見る会 退陣論出ない不思議

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。