記事

紺野ぶるま、母親から「一緒に死のう」 高校中退で見た“地獄”


 地上波未公開シーンを含めた完全版「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が、AbemaTV(アべマTV)で放送された。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、黒木ひかり、久間田琳加、超特急のリョウガが出演。今回の“しくじり先生”は、お笑い芸人の紺野ぶるまだ。

 問題行動をくり返して高校を中退した後、モデル事務所に入るも、準備金として50万円を請求され、誰でもできるようなアルバイトをさせられるなど、「食い物にされてましたね」と自身の過去を振り返った紺野。

 その後、夢も希望もないフリーター生活を送っていたが、テレビで輝く芸人を見て元気になり、「こんな大人になりたい」と思ったという。


 番組では、理由もなく高校中退を考えている人に向けて、紺野は「ルールとは私たちを縛るものではなく、物事の良し悪しを判断するための基準である」と持論を展開。守られているときほど不平不満を言いたくなるが、「私は高校を中退して、めちゃくちゃ後悔しています」と熱弁した。

 校長に母親が呼び出され、中退を告げられたとき、紺野は生まれて初めて母が泣いているのを見たという。帰宅してから母に「どうしたら更生してくれるの?」と聞かれ、さらに「この退学で更生してくれなかったら、そのときは一緒に死のう」とまで言われた。


 「未だに、高校で楽しく勉強をしてる夢を見る」と声を震わせながら明かした紺野。「不平不満を言うのもまた青春。それさえも辞めてしまうと取り返せない」と、後悔を強く訴えた。

 紺野は今年の春に一般男性と入籍したが、その報告を母にしたときは、高校退学以来見ていなかった涙を流して「ありがとうございます。よろしくお願いします」と、夫に頭を下げていたという。

 最後に紺野は、母に向けて「お母さん、当時は本当にすみませんでした。そして、たくさんありがとうございました」と感謝を述べ、授業を締めくくった。

【期間限定・無料】紺野ぶるま、十八番の「下ネタなぞかけ」(24分ごろ~)披露!

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  2. 2

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  6. 6

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  7. 7

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  8. 8

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  9. 9

    「京アニ」で火災 死傷者多数か

    BLOGOS編集部

  10. 10

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。