記事

もし日本関連の船がピンポイントで狙われたと仮定した場合〜日の丸も掲げていないタンカーを日本関連と特定する能力はイランにあるのか?

1/2

中東のオマーン湾でタンカー2隻が攻撃を受けた問題です。

米政府は、イラン革命防衛隊(IRGC)がうち1隻の攻撃に関与したことを示すとする低画質の映像を公開します。

船体についているマークは、攻撃を受けた日本のタンカー「コクカ・カレイジャス(Kokuka Courageous)」と見られ、「イラン巡視船の乗組員が不発の吸着型機雷を船腹から除去する様子を捉えたもの」と米政府は説明しています。

(関連記事)

タンカー攻撃、「機雷除去するイラン軍」の映像 米が公開
2019年6月15日 8:18
https://www.afpbb.com/articles/-/3230111

これを受け米の同盟国である英国政府は、「われわれ自身による情報評価は、攻撃の責任がほぼ確実にイランにあるという結論を導くものだ。直近の一連の攻撃は、イランによる不安定化行動のパターンの上に成り立っており、地域に重大な危険を及ぼす」との外務省声明を公開します。

(関連記事)

タンカー攻撃、イランの責任は「ほぼ確実」 英外相
2019年6月15日 11:44
https://www.afpbb.com/articles/-/3230131

この米英政府の動きの中で日本のタンカー運航会社「国華産業」の堅田社長が記者会見をします。

会見で攻撃は「機雷ではない」と明言します。

(関連記事)

タンカー運航会社の社長、攻撃は「機雷ではない」
2019/06/14 21:37
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190614-OYT1T50272/

同社によると、攻撃は2度ありました。

最初は日本時間13日正午ごろ、砲弾のようなものが右舷後部に着弾。外板を貫いて機関室に到達しました。艦橋では船員が後方も含めて監視していたといいいますが、不審船の接近などの事前情報は把握されていなかったといいます。衝撃による火花が発電機の燃料に着火したとみられ、機関室内で火災が発生しました。

乗船していたのはフィリピン人21人。互いの無事を確認した後、備え付けられた消火設備を動かして火を消し止め、船の損傷状況などを調べていました。

約3時間後、2度目の攻撃がありました。砲弾のようなものが右舷中央部の外板を貫通。同社が確認した映像では、円形の穴が外板に開いていました。艦橋にいた船員は何かが飛来する様子を目撃しましたが、何者が撃ったかは不明といいます。

2度の攻撃はいずれも1発ずつとみられます。水面より上に着弾したことから、同社は魚雷や機雷ではないとみています。米軍は、不発だった機雷をイラン側が取り外しているとする映像を公開していますが、だが機雷が取り付けられていた可能性について同社の堅田豊社長は「運航する船体に機雷を取り付けるのは普通に考えると難しい」と疑問視しています。

さてこの日本人オーナーの会見は、具体的かつ詳細であり乗組員の目撃証言もあり、米政府のイランによる「機雷」攻撃との説明と矛盾する内容であり、海外でも大きく報道されています。

インデペンデント紙は、「トランプ政権はオマーン湾の攻撃について「誤った」情報を提供している。日本のタンカーオーナーが指摘する」と速報しています。

Trump administration providing ‘false’ information about Gulf of Oman attack, says Japanese tanker owner
Chief executive of Japanese company operating Kokuka Courageous says 'flying objects' were cause of damage to vessel
https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/trump-oman-gulf-tanker-attack-oil-japan-kokuka-courageous-strait-hormuz-a8958916.html?utm_medium=Social&utm_source=Facebook&fbclid=IwAR3dW2_vwVe3XKiMeMX64XEMmiVbNa7ERoeThe9sl11MFOHX3WEddLcHFKw#Echobox=1560522324

ワシントン・ポスト紙も「日本のオーナー(の説明)は、タンカーがいかに攻撃されたか、米国の説明と矛盾している」と速報します。

Japanese ship owner contradicts U.S. account of how tanker was attacked
By Simon Denyer and Carol Morello June 14 at 1:20 PM
https://www.washingtonpost.com/world/japanese-ship-owner-contradicts-us-account-of-how-tanker-was-attacked/2019/06/14/7ea347d0-8eba-11e9-b6f4-033356502dce_story.html?fbclid=IwAR3Ogr45l0MK9AU7oTRc_8EKV3KH5aSYqU16esd2ofTxDT1CutRDbi0UV_E&noredirect=on&utm_term=.cc8a7752a71a

あわせて読みたい

「タンカー攻撃」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  3. 3

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  4. 4

    消費税アップで国民負担は25%増

    毒蝮三太夫

  5. 5

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  6. 6

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  7. 7

    中韓に抜かれたTV事業 アニメも?

    諌山裕

  8. 8

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  9. 9

    山本太郎氏の原点綴る一冊に驚き

    かさこ

  10. 10

    徴用工問題めぐり河野大臣が会見

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。