記事

密着ルポ 俳優・斎藤工も学んだ「シュタイナー教育」のスゴイ授業とは? - おおたとしまさ

 先行き不透明な時代、正解がない時代に子どもたちをどう育てればいいのか。
『世界7大教育法に学ぶ才能あふれる子の育て方 最高の教科書』はモンテッソーリ教育、シュタイナー教育など、世界を代表する7つの進歩的教育法を紹介している。
子どもたちの想像力を引き出すというシュタイナー教育を実践する小学校ではどんな教育が行われているのだろうか。神奈川県相模原市の小学校の1日に密着した。

【写真】シュタイナー教育の授業の写真を見る(全3枚)

◆◆◆

 ドイツを中心に活躍した思想家ルドルフ・シュタイナーが、自然科学と精神科学を統合し人智学(アントロポゾフィー)を確立。1919 年ドイツに「自由ヴァルドルフ学校」を開校し人智学の知見を活かした教育を実践したのがはじまりです。「自由への教育」を標榜しています。

 人間は、「身体・心・精神」の3要素からできており、「7年周期」で成長するとシュタイナーは考えました。0~7歳は身体を育てる時期。7~14歳には心を育て、14~21歳には思考を育てる。また人間には、「憂鬱質」「粘液質」「多血質」「胆汁質」4つの「気質」がある。教育そのものを芸術ととらえ「教育芸術」と呼びました。

 俳優の斎藤工さんや村上虹郎さんがシュタイナー教育出身者であることが有名です。海外では、女優のサンドラ・ブロックや児童文学作家のミヒャエル・エンデほか、ポルシェデザイン創業者、ライカ社社主、元アメリカン・エキスプレスCEOなどを輩出しています。

シュタイナー教育を学んだという斎藤工 ©AFLO

 どんな教育が行われているのか。神奈川県相模原市にある、シュタイナー教育を実践する私立小中高一貫校「シュタイナー学園」を訪れました。文部科学省に正式に認められている学校です。

2、3週間、1つの教科だけに集中する「エポック授業」

 小学5年生の「エポック授業」を見学しました。

 エポック授業とは、国語・算数・理科・社会のうち1つの教科の内容を、毎日105分間、2~3週連続して学ぶ集中授業です。毎日細切れに1時間ずつ国語や算数の授業をするのではなく、ある期間は理科なら理科、社会なら社会を、徹底して集中的に学びます。

 1つの教科に浸りきったら、また別の教科にとりくみます。その間に、前に習ったことは忘れてしまうかもしれません。それでいいのです。学んだことは、一旦忘れることによって、新しい段階の記憶に変わるからです。

 エポック授業は、単なる座学ではありません。身体を使うリズム活動と感覚や感情を動員する体験的な学びを理論的な学びと融合させた、芸術性に富んだ総合的な学びの時間です。

 子どもたちのために選び抜いた教材を用いて、それぞれの先生が独自に内容を考案します。おなじ学年でも先生によって学ぶ内容や手順がまったく異なることも珍しくありません。教師の裁量が大きいのです。エポック授業は担任が行います。

 午前中のもっとも集中力が高まる時間にこのエポック授業を行うことで、1日の活動に動と静のメリハリが生まれます。シュタイナー教育を実践する学校の土台ともいえる授業です。

「ピラミッドの石の大きさは?」たちまち引き込まれる授業

「昨日のお話を思い出してみてください」

 暗転した舞台のうえでスポットライトをあてられた女優が、観客にそっと語りかけるように、先生が話し始めます。たったその一言を、まなざし、身ぶり手ぶり、声のトーン、全身全霊で伝えようとしています。子どもたちもたちまち引きこまれます。「これがシュタイナー教育か」。この瞬間だけで、私は感動を覚えました。

「オシリスの棺がナイル川に流されました。イシスが夢をみて、神殿の柱のなかにオシリスの棺があることを知り、イシスがその国にいくと、ちょうど王様の子どもが大病に罹っており……」

 エジプトに伝わる神話について学んでいるようです。黒板には、ピラミッドやナイル川、神話のシーンなどの絵が芸術的なタッチで描かれています。これを描くのに何時間かかったことでしょう。

 話題はピラミッドに移ります。

「ピラミッドをうえからみたらどんな形だかわかりますか?」

 子どもたちはそれぞれに自分の考えを述べます。

「そう、真四角ですね。エジプトのギザというところには『ギザの3大ピラミッド』と呼ばれるピラミッドがあります。いちばん大きいものはクフ王の墓だといわれています。どれくらいの高さがあると思いますか? メソポタミアの宮殿は高さ90メートルでしたね」

 また子どもたちはそれぞれに自分の考えを述べます。

「正解は147メートルです。ではピラミッドの1つひとつの石の大きさはどれくらいだと思いますか?」

 子どもたちの反応をたしかめながら、ひとりの女の子を指名して、黒板の前に立たせ、尋ねます。

「身長は何センチですか?」
「149センチです」
「1つひとつの石の大きさはだいたい150センチくらいです」

 子どもたちの頭のなかに、実物大のピラミッドの石が思い浮かんだことでしょう。

「エジプトの人は2トンの石をどうやって運んだでしょうか?」

「どんなひとがピラミッドを建てたと思いますか? バビロンの塔は、ギルガメッシュ王が、ひとびとを無理矢理働かせてつくりましたね。ところがエジプトは違います。8月には川が増水して、村のひとびとは仕事ができません。そこでエジプトの王様は、ピラミッドをつくりましょうといって、ひとびとを働かせ、パンやビールや賞金を与えたのです」

 それを聞いた子どもたちがキラリと反応します。

「わー、すごい!」
「ギルガメッシュより、優しいね!」

 先生は、ピラミッドに関連するさまざまなエピソードを紹介します。世界史の試験に出るような話ではありませんが、当時のひとびとの様子や気持ちがありありと伝わってきます。

「木と青銅と石しかありません。大きな岩をどうやって割ったのでしょうか? となりのひとと考えてみてください」

 子ども同士に考えさせ、自由に発言させます。

「石にすこし隙間をつくったら、そこに木を挟んで、お水をかけます。そうすると木が膨張して、石が自然にわれるのです」
「頭いい!」
「先生、1つの石の重さはどれくらいですか?」
「大きい石は2トンです。じゃあ、どうやって運びますか?」

 またみんなで考えます。子どもの1人が手をあげて、自分の考えを発表します。彼は、自分の机のうえに鉛筆を並べ、そのうえに筆箱を置いて転がしました。

「うえのほうにはどうやって置くのでしょう」

 これもみんなで考えます。

「ゆるやかな傾斜をつくって、そこまですべらせていくんです。クフ王のピラミッドは210段までありました。いちばんうえに届かせるには2キロくらいの坂が必要でした……。では、今日話した内容をまとめてみましょう」

「きれい!」子どもたちの想像のなかで巨大なピラミッドが輝く

 黒板には、今日の話の要点を200文字くらいにまとめた文章が、紫色で書かれていました。子どもたちは紫色の鉛筆をとりだして、B4サイズの画用紙でできた「エポックノート」に文章を写しとります。これが学習の記録となり、また、自分だけの教科書になります。

 さらに先生が補足します。

「メソポタミアでは星空の観測による時間の概念が生まれました。エジプトでは『きちんと測る』という考えが生まれました。ピラミッドはきれいに東西南北を向いています。夕暮れにいってみたら、どうみえるでしょう?」

「きれい!」

 目を輝かせた女の子が思わず叫びます。授業のなかでピラミッドの写真をみせたりはしません。でも、子どもたちの心には、巨大なピラミッドがありありと実感をともなってみえているのです。

「これでエジプトの話はおしまいです。最後に1つだけみなさんにみせたいものがあります」

 先生がとりだしたのはナツメヤシでした。

「古代エジプトではビールをつくるのに使われていたといわれています。食べてみたいひとは食べてみましょう」

 チャイムも号令もなく、授業は終わり。そのまま「おやつの時間」になりました。お弁当とは別に、各自果物やカステラなどをもってきており、エポック授業の後に食べるのです。エポック授業で集中していたところからのメリハリです。

 子どもたちは先生に対して絶対の敬意と信頼を寄せています。教室がざわつくことはありません。しかしシーンと静まり返っているわけでは決してない。むしろ脈打つように、教室全体が静かに力強く躍動しています。これは名門校と呼ばれるような進学校でもよくみられる光景と同じでした。

INFORMATION

シュタイナー学園初等部・中等部・高等部
https://www.steiner.ed.jp

●所在地:神奈川県相模原市緑区
●運営者:学校法人シュタイナー学園
●創立:2005年(前身の東京シュタイナーシューレは1987年)
●ジャンル:私立小学校・中学校・高等学校
●対象:小学生、中学生、高校生

(おおたとしまさ)

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相を支える戦争賛成の世論

    田原総一朗

  2. 2

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  3. 3

    よしのり氏 れいわの政策に納得

    小林よしのり

  4. 4

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  5. 5

    「安倍やめろ」抑止は言論統制か

    大串博志

  6. 6

    「民主主義の危機」は本当なのか

    村上 隆則

  7. 7

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  8. 8

    若者が選挙に行くほど自民が圧勝

    永江一石

  9. 9

    年50万円かけ実験 クレカ選択術

    内藤忍

  10. 10

    望月氏が安倍首相の歴史観を分析

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。