記事

支払い総額は約100万円? モデル事務所の闇を紺野ぶるまが激白



 地上波未公開シーンを含めた完全版「しくじり先生 俺みたいになるな!!」が、AbemaTV(アべマTV)で放送された。

 番組には“担任役”としてオードリーの若林正恭、“生徒役”として平成ノブシコブシの吉村崇、ハライチの澤部佑、黒木ひかり、久間田琳加、超特急のリョウガが出演。今回の“しくじり先生”は、お笑い芸人の紺野ぶるまだ。

 素行不良で高校を中退したが、すぐに後悔し、通信制の高校に入り直して高卒の肩書きを手に入れた紺野。しかし、特にやりたいことがあるわけでもなく、アパレル系のアルバイトをしていた。



 ある日雑誌を読んでいると、モデルのオーディションの広告が目に飛び込んできた。身長が170cmあり、組織に所属していない不安を強く感じていた紺野は「芸能事務所に所属できるんだ」と希望を見出した。

 応募すると、すぐに合格の通知が届き「これでテレビに出れる!」と喜んだが、しばらくして、その事務所から届いたのは初期準備費用50万円の請求書だった。





 明らかにおかしい請求だったが「ウチは大手の姉妹事務所だから」と言われ、何かに所属したいという欲求が強かったこともあり、お金を払ってしまった紺野。

 所属したモデル事務所での仕事内容は、街で化粧品の試供品配り、居酒屋で新作タバコの試供品配りなど、モデルでなくてもできるようなアルバイトだった。「ここにいてもテレビに出られない」と悟った紺野は、数カ月で事務所を辞めることに。

 再びフリーター生活に戻った紺野は、今度はスカウトされ、別の芸能事務所に所属。しかし、ここでも初期費用50万円の請求書が届いた。





 「観ている方に言いたい」と視聴者に呼びかけ、「50万円なんてかかるわけないんだから!」と叫び、悪質なスカウトに注意を促した紺野。当時は自己顕示欲の塊で、スカウトマンに「スターになれるよ」「こんな原石初めて見たよ」と言われ、すっかり舞い上がってしまい、紺野は再び50万円を払ってしまった。

 合計約100万円の損失と2度の失敗を経験して、ようやく紺野は「私はモデルになれないんだ」と気づいた。紺野は、もしあのままモデルを続けていたら「涙袋を爆発寸前まで整形して、一糸まとわぬグラビアをして、六本木をウロチョロして、金持ちのおじさんにもらったタクシー代のおつりで生きていくような女になっていた」と具体例を出し、笑いを誘った。

【期間限定・無料】紺野ぶるま、十八番の「下ネタなぞかけ」(24分ごろ~)▶︎動画はこちら

あわせて読みたい

「芸能界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自らを棚に上げ日本糾弾する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    三原じゅん子氏演説に潜むズルさ

    メディアゴン

  3. 3

    韓国への強硬措置は日本に逆効果

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    よしのり氏「立民に裏切られた」

    小林よしのり

  5. 5

    韓国、日本の北制裁「生ぬるい」

    ロイター

  6. 6

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  7. 7

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

  8. 8

    反安倍の辞めろコールはマイナス

    猪野 亨

  9. 9

    枝野氏を凌ぐ山本太郎氏の演説力

    早川忠孝

  10. 10

    文在寅氏に白旗を勧める韓国紙

    団藤保晴

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。