記事

韓国でプチ整形体験記 「顔がパンパンに腫れた」記者は…

記者が実際につけていたバンドと病院でもらった保冷剤

 目が覚めたら、パンパンに腫れ上がった輪郭をバンドでぐるぐる巻きにされていた――耳元で看護婦さんが韓国語で何かささやいた。かろうじて、「起き上がれますか?」と言われていることがわかる。この日私は、韓国の病院で美容整形手術を受けた。安く簡単に整形できるようになり、「プチ整形」という言葉が定着して久しいが、その実態を知る人は少ない。韓国で初めての整形を体験した記者が、体当たりで現地レポート!

【写真】手術後、すぐにビビンバを堪能することができた

 * * *

 ここ数年、1泊2日、ときには日帰りで韓国に行き、旅行や買い物のついでに目や鼻の手術を受ける「韓国整形」が若い女性たちの間でブームになっている。日本に比べて手術費用が安いことや、K-POPがブームになり、「K-POPアイドルっぽい顔」が日本人の美の基準になったことが、大きい理由だと言われている。

 今回記者が受けたのは顔の脂肪吸引手術だ。日本のクリニックであれば50万円はかかる手術が、韓国だと交通費・宿泊費込みで10万円ちょっと。うまくいけば約5分の1の金額で、小顔を手に入れることができる計算になる。

 もともと、丸顔や二重顎にコンプレックスがあり、暇さえあればインターネットで小顔になるマッサージやエステの情報を調べては試していた記者。ある日、いつものように美容情報を検索していると、「韓国で脂肪吸引した。綺麗にできて満足!」というSNSの投稿を見つけ、目が釘付けになった。さらに、整形経過をレビューする投稿アプリの存在も知り、そこではたくさんの症例写真も見ることもできた。きわめつきは、友人から「私、韓国で二重まぶたの整形してきたよ」と告白されたこと。その一言で、一気に韓国整形を身近なものに感じ、私にもできるかも、と思ったのだ。

◇日本語を話せる看護師や通訳がいる

 実際に行動を開始したのは2018年の冬。とある韓国のクリニックが、日本でカウンセリング会を行うというので、足を運んでみることに。そこで整形の内容や見積もりなどを相談することができるという。オフィス街の貸し会議室のようなところで開催され、事前にクリニックの公式LINEアカウントから予約を取り、参加する流れになる。「韓国語で相談なんてできない」という心配は無用。

 現在、韓国の大きなクリニックの大半には日本語を話せる看護師さんや通訳さんがいるのだ。このクリニックも同様で、韓国語を全く話せない私でも、医師に細かく話を聞くことができた。が、結局、私はこのクリニックで脂肪吸引はしなかった。なぜなら、その場で出してもらった見積もり金額が、とても高かったから…。日本でやるのとあまり変わらない金額になってしまうので、施術の予約はせず、帰路についた。

 しかし、本場のカウンセリングを受け、脂肪吸引への興味はますます強くなり、もっと安価でできるところはないかと探す日々が続いた。夜な夜なネットサーフィンを続けるうちに、今回施術を行ったクリニックに行き当たった。レビューを見ていると、安い割に評判も上々。カウンセリング会で、どう脂肪を取れば良いかも聞いていたので、それをそのまま伝えれば大失敗することはないだろうという安心感もあり、すぐに予約を入れた。しかしその時点でなんと3か月待ち。今年の3月にようやく予約が取れた。

◇手首、足首を拘束具で固定され、麻酔注射を打たれると…

 3か月後、いよいよ韓国での施術の日。LCCの安い飛行機に乗って韓国へ。ゲストハウスにチェックインを済ませ、電車でクリニックに向かった。受付には、やはり日本語が話せる看護師さんがいて、「こんにちは」と笑顔で出迎えてくれた。

 そのままバスローブのような手術着に着替えて、受付を済ませ、カウンセリングを受け、お金を払い、術前の写真を撮ったらあっというまに手術の時間に。事前にレビューアプリで、「手術室で怖がっていたら、日本語が通じる看護師さんがずっと手を握ってくれていた」という投稿を読んでいたので、何かあったら看護師さんが助けてくれるだろうと安心しきる私。

 しかし、その安心が伝わって「この人は放っておいても大丈夫」と思われたのか、看護師さんは早々に部屋から出ていってしまった。施術台に寝転び、手首と足首を拘束具で固定された私の頭上で、韓国語で何かを話す医師たち。何をしゃべってるんだろう…大丈夫かな…と急に不安になってきたものの、その瞬間、足首に麻酔注射らしきものを打たれ、目を覚ましたとき、施術はすでに終わっていた。

「起き上がれますか?」と聞かれ、ゆっくり起き上がると、輪郭をバンドのようなものでぐるぐる巻きにされていることがわかる。しばらく休憩した後、ぐるぐる巻きの状態のままクリニックを後にした。

◇韓国では街中に“整形帰りっぽい人”がいても違和感なし

手術後に堪能したビビンバ

 来たときと同じように、ゲストハウスへは電車で戻る。パンパンに腫れた頰をバンドでぐるぐる巻きにされ、手にはクリニックの紙袋を持っている私は、どこからどう見ても「整形した直後の人」…。が、電車の中の韓国人たちは、誰も気にしない。それどころかあたりを見回すと、街中には私以外にもポツポツ“整形帰りっぽい人”がいるのだ。さすが整形大国。私の姿も、珍しくはなかったのだろう。日本で同じ格好をしていたら、きっとジロジロ見られるだろうなあ、なんてことを思いつつ、残りの時間はソウルの街で買い物をしたり、観光を楽しんだりと、韓国の町を満喫したのだった。

 ビビンバを始めとする韓国グルメも堪能した。バンドで巻かれているとはいえ、麻酔も効いていて痛みもない。少し口は開けづらいが、慣れてしまえば食事に支障はない。バンドは1週間つけ続けなければならないと聞いていたため、飛行機に乗り込むときもつけたまま。とはいえ、日本に帰ってくると目立つので、帰国後は家にいるときだけつけることにした。

◇手術から2か月後、腫れていた顔はどうなったか…

 さて、手術から2か月が経つと、腫れも綺麗に落ち着き、私の顔は見事に小さくなった。周囲には整形したことは黙っていたので、久しぶりに会った友人から「痩せた?」と聞かれたほどである。かくして私の初めての韓国整形は、無事に成功したのだった。

 やってみて思ったのは、「意外と簡単にできちゃうんだな」ということ。帰国して数日は、吸引した箇所に濃いあざができていたものの、化粧や髪の毛で隠せるし、職場の人にバレたりすることもない。結果にも大満足だ。

 しかし、一連の流れを経て強く思ったのは「もう二度と整形はしない」ということ。私は自分に甘いので、「これ以上は駄目」と自分でしっかり線引きしておかないと、永遠に整形を続ける可能性があると感じたからだ。一番コンプレックスだった輪郭が直ったので、あとは化粧やマッサージなどで自分の理想に近づいていきたい。韓国での整形手術にはリスクがあるという話も聞くので安易にやることはおすすめしないけれど、結果的に私はやってよかったと思っている。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工で対抗? 河野氏が「誤解」

    河野太郎

  2. 2

    れいわ 3議席以上獲得で政界再編

    田中龍作

  3. 3

    「TV局は株主」吉本の癒着を暴露

    BLOGOS編集部

  4. 4

    若者の投票では変わらぬ日本社会

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    宮迫への無神経質問に非難が殺到

    女性自身

  6. 6

    よしのり氏 山本太郎に投票した

    小林よしのり

  7. 7

    男の愛撫は痛い SOD女性社員訴え

    AbemaTIMES

  8. 8

    韓国の日本大使館突入に抗議せよ

    tenten99

  9. 9

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  10. 10

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。