記事

老後の2000万円貯蓄は新自由主義の発想 麻生大臣の報告書受け取り拒否は議論の拒否 自民党政権の転換しか年金問題は解決しない

 人生100年時代を迎え、そのための老後のための自己資金は2000万円。これが我が国の年金制度の現状です。
 今の年金制度では現在の生活水準を維持できない、そのためには国民が2000万円の老後資金を蓄えておく必要があるということです。

 家一軒が買えてしまうだけの額ですが、こんなに蓄えることはできません。
 ありとキリギリスのごとく、成人して働き始めたら、老後のためにとにかく貯蓄のために蓄えておく、そのためには倹約に倹約を実行していくしか、無理な額です。

 自分の分は自分で働け!

 資本主義社会ですから、むしろ当たり前なのかもしれません。一昔前は、それこそ食べるために働いていてわけです。それが国全体の生産性もあがり、電化製品やら車が当たり前のように保有できるようになり、一部の層は余暇も増えて旅行を満喫できるようにまでなりました。
 しかし、構造改革が叫ばれ始めた頃から国民の中に格差が広がり、低所得層が増加していったわけです。そうなるとまた一昔前に逆戻りです。食べるためだけに働くという時代です。

 しかも、最悪なことにこれまでの生産性の高さが生かされない時代となるので、今後はますます低所得層は増加していきますし、働いても食うに困る時代です。
 今の高齢者が日本で年金で生活ができた最後の世代ということになりそうです。

 そのために安倍自民党政権が強調したいのが自己責任。特に新自由主義社会が行き着くところまでいけば、国に頼るなんてとんでもない、すべて自己責任だということになります。
 多額の年金を受け取ることができるのは大企業か公務員に限られます。
 これだって今後、どうなるのかは不透明なのですが、そうでない層の人たちは老後は生活保護で生きていけということに行き着きます。

2019年6月11日撮影

 その生活保護だって、今の水準を考えたらダメですよ。
 新自由主義の建前からいえば、国に頼るなんてとんでもないこと、ただ最低限のセーフティーネットは仕方ないから作ってやるが、そこでの最低限というのは食っていけるだけだからな、ということになります。
 新自由主義者からは、競争社会に負けた人(必然的に生じます)のためのセーフティーネットは不可欠のものというように言われることもありますが、新自由主義が人に優しい社会であろうはずがありません。あくまで恩恵です。生かしてくれるための最低限のものです。そこでいうセーフティーネットとはそのような意味です。

 今後の私たちの老後の社会は、2000万円貯められないような圧倒的多数の国民は、老後は生活保護に頼ることになるのですから、なおさら生活保護の水準は生きていける程度のものに引き下げられていくことになりますし、縮小再生産の下で、誰もが老後を生きているだけの社会になります。
 新自由主義社会のもとでは低賃金を追い求めて国外に生産がシフトされていくので生産性の向上が全く生かされない社会になりますが、労働が私たちの生活を支えるというものではなくなってしまっています。

 そういえば国は「副業」を推奨していました。ここでいう「副業」とは投資系ばかりのことで、こんなものはギャンブルと一緒で生産性とは全く無縁のカネ転がしです。
 「副業」というから朝はまず新聞配達でもやってとか、あるいは夜間はコンビニでとかということではなく、カネ転がしというのでは、どこぞの公務員が競馬で大儲けしていたという構図と全く変わりません。
 年金が破綻した発想と全く同じです。

 他方で、高齢であるというだけで働かなくていいなんていう時代でもありません。70歳まで働けと言われると一体、いつまで働かせるんだという声も聞こえてくるのですが、70歳に至ってもお元気な方は多数です(でも免許の保有を継続するかどうは考えてください)。社会の中で生きていくということはそういうことでもあります。
 働くというのは生産性を支えるためにこそ生かされなければなりません。2000万円が65歳までに貯まっていなくたって労働によって生きていける社会を作らなければなりません。

 麻生大臣が金融庁の報告書の受け取りを拒否したということですが、あまりに子供じみています。
 この問題を真剣に議論すべきだという声がありながら、しかも誰もがこのままでは破綻するとは思っているのに自民党がこの議論ができないのは、国民の「自己責任」を貫徹させたいからです。

 企業の応分の負担を求めることは新自由主義の貫徹からはNG。
 賃金を引き上げも同じくNG。
 それで外国人労働者を搾取せよということに行き着いてしまっているわけですが、これはまさに悪循環も甚だしいものです。
 新自由主義をめざす自民党政権には絶対に改革などできません。だから安倍自民党はこの議論を拒否しているということです。
 自民党政権では私たちの老後は最悪です。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「安倍やめろ」が自民圧勝に貢献

    かさこ

  2. 2

    一橋卒が年収300万円稼げない訳

    ニャート

  3. 3

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    徴用工仲裁手続きから逃げる韓国

    緒方 林太郎

  6. 6

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  7. 7

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  8. 8

    派遣の時給上げ施策 実態と乖離

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  9. 9

    LIXIL社長 論点すり替えで復権

    大関暁夫

  10. 10

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。