記事

AI活用マーケティングが徐々に普及 マーケターに求められるスキルに変化の兆し【PR】

ソーシャルトレンドニュース

いよいよ本格的なビジネス活用が進むAI(人工知能)。その流れはマーケティング業界にも押し寄せている。

AI時代のマーケターとはいかなるものなのか。AI導入に繋がるデータ活用で成功した事例を振り返るとともに、マーケターの未来について考えてみよう。

米国で進むマーケティング×データ活用事例 すべての工程でデータを活用するD2C企業も登場

データ活用で成功した例として頻繁にあがるのが、自分たちで生産し、自社ECサイトで直販するD2Cモデルを採用したアメリカの小売メーカーだ。

いまや企業価値が17億ドルを超えるユニコーン企業となった『ワービーパーカー』は、その代表格だ。同メーカーはオンラインでメガネを販売しており、個々人の行動履歴に対応したマーケティングをおこなうなど、顧客とのコミュニケーションにデータを活用することで知られている。

ソーシャルトレンドニュース

また、『ワービーパーカー』は集めたユーザーデータを分析し、自社内の全ての工程でデータを活用しているという。今後はAIが導入され、さらに効率化されていくかもしれない。

データネイティブな強みを活かし、店舗での情報も分析

ECサイトにとどまらず、そこで培ったデータと知見を用いて店舗展開するのも、昨今のビジネストレンドのひとつだ。

D2Cで成功したデータネイティブな企業は、店舗で直接コミュニケーションをとることでユーザーとのエンゲージメントを高めつつ、オンラインで集められないデータを収集、需要予測や在庫管理、商品開発をおこなっている。これらはまさにデータを活用した小売戦略であり、今後AIの活躍が期待できる分野でもある。

参考:日経クロストレンド「パロアルトインサイト AIの次を読む」

マーケターに求められるスキルが変化?AI時代に求められる人材とは

マーケティングの現場はデジタル化の煽りを受け、どう変わったのだろうか。大きな流れとしては、ECサイトの隆盛により、元来非マーケティング部門で行われていた“販売”という業務を、マーケティングが取り込んでいることが挙げられる。

ソーシャルトレンドニュース

プロマーケターの富永朋信氏は自身のコラムで、「消費財などの安価な商材は、不動産や車といった高額商品に比べ販売スキルの必要性が相対的に低く、販売プロセスの可視化やアルゴリズム化が容易である」と述べている。その結果、売り上げに応じて、即効性のある施策を機敏に打てるメリットが生まれているというのだ。

さらに、「オンライン販売を担当するマーケターに求められるのは数値責任へのコミットやフットワーク、スピードといったスキルセット。これは従来のマーケターに求められていた人材像とは明らかに異なる」と、デジタル業界で求められるマーケター像の変化についても語っている。

参考:日経クロストレンド『富永朋信「デジタル×マーケティングのウソ」』

マーケターの仕事はAIに奪われる?

デジタル化やAIの進歩によって淘汰されていく職業が出てくると様々な分野で言われているが、ことマーケターに限って言えば、今すぐAIがすべての仕事を担えるわけではない。

AIが得意なものと、人間が得意なもの。これについては様々な意見があれども、“明らかに違いがある”というのが大方の意見だ。

ソーシャルトレンドニュース

例えば自動運転のリーディングカンパニーである『テスラ』では、今後「脇見をしながら歩く歩行者に注意するといった細かさを持ったAI」の実現を目指すと発表している。この発表は、人間との駆け引きや、想像力を働かせた状況判断について、AIがまだまだ未熟だということでもある。

ここに、今後のマーケターが生き残っていく、ひとつのヒントがあるのかもしれない。

個人として、今後のキャリアや必要なスキルセットを検討するためにも、積極的に情報収集をおこない、自身の考えをまとめていくのがよいのではないだろうか。

イベント「AIはマーケターの仕事をどこまでできるか」開催

6月21日(金)、『日経クロストレンド』の会員限定の無料交流イベント 「AIはマーケターの仕事をどこまでできるか」が開催される。

左から、パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナー)の石角友愛氏とイトーヨーカ堂 執行役員 営業本部副本部長兼販売促進室長 富永朋信氏

日本を代表するプロマーケターである富永朋信氏(イトーヨーカ堂 執行役員 営業本部副本部長兼販売促進室長)が、シリコンバレーを拠点に日本企業のAI(人工知能)活用を支援する石角友愛氏(パロアルトインサイトCEO/AIビジネスデザイナー)と意見交換。「AI時代だからこそマーケターに必要なこと、マーケターが今本当にやるべきこと」を明らかにする。

【開催概要】
「AIはマーケターの仕事をどこまでできるか」トークイベント


・日時:2019年6月21日(金) 午後6時30分~午後8時(開場 午後6時)
・会場:大手町ファイナンシャルシティ グランキューブ3F グローバルビジネスハブ東京(東京・大手町)
・受講料:無料(事前申込制、日経ID登録が必要)

イベントの申し込みはこちら

※満席になり次第、申込受付は締め切りとなります。

日経クロストレンドとは
イベントを主催する『日経クロストレンド』は、「新市場を創る人のデジタル戦略メディア」をコンセプトとして2018年4月に創刊された有料会員制のデジタルメディア。「デジタルで変わる企業と消費者の関係」を徹底的に深掘りした記事・動画・セミナーを発信し、企業・個人のマーケティング&イノベーション活動を支援している。

会員限定の無料交流イベント「日経クロストレンド・ミートアップ」を定期的に開催しており、マーケティングや商品開発に関わる実務担当者にとって、チェックすべきメディアのひとつとなっている。

■提供/関連リンク

日経BP
日経クロストレンド

ソーシャルトレンドニュース)

[ PR企画 / 日経BP ]

あわせて読みたい

「マーケティング」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  4. 4

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  5. 5

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  6. 6

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  7. 7

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  9. 9

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  10. 10

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。