記事

ギリシャ総選挙の第一印象 急進左派連合の大躍進は番狂わせだった

日曜日にギリシャの総選挙がありました。

現在のところ正確な得票結果はわかっていません。

しかし有権者への投票後聞き取り調査などから、選挙の結果に関するきわめて大雑把な印象が浮かび上がっています。

以下に書くことは、日本時間7日朝6時現在の暫定的な情報に基づく第一印象です。

先ず今回の選挙ではこれまでの第一党だった全ギリシャ社会主義運動(PASOK)が議席比率を解散前の43%から14%前後に落とし、第三党に転落しました。

逆に第二党だった新民主主義党(ND)が第一党に躍り出ました。

ギリシャの総選挙では第一党には50議席(16.6%)のボーナス議席が与えられることになっています。従って、今回獲得議席数、約58議席(≒19%)とボーナスを合算した議席数は108議席で、議席比率は36%と予想されます。

今回最大の番狂わせとしては、急進左派連合(シリザ)が議席比率を解散前の4%から約16%へと伸ばし、全ギリシャ社会主義運動を蹴落とす形で第ニ党へと躍進した事です。

今回の結果をグラフで示すと下のようになります。内側の円が今回の結果で、第一党となった新民主主義党の議席比率にはボーナス議席の16.6%が含まれています。
リンク先を見る
ギリシャでは歴史的に全ギリシャ社会主義運動と新民主主義党の二政党が議席数の80%程度を支配してきました。従って、それ以外の政党との協調という事は過去に余り経験が無いわけです

今回は新民主主義党の議席数と第三党に転落しそうな全ギリシャ社会主義運動の議席数を合計しても50%にならないリスクがあります。するとこれまでパワー・シェアリングしてきたパートナー以外の相手、すなわち急進左派連合と多数派形成工作をしなければいけなくなる可能性もあります。

新民主主義党と急進左派連合が上手く力を合わせることが出来るかは未知数です。

幸い急進左派連合はユーロにとどまることを主張しています。

なお新民主主義党と急進左派連合は、いずれも国際通貨基金(IMF)と合意したギリシャ救済合意の条件緩和を主張しています。

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  2. 2

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  3. 3

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  5. 5

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  6. 6

    大阪の幻想 維新が得する都構想

    猪野 亨

  7. 7

    NHKと国民の関係性は「強制」に

    PRESIDENT Online

  8. 8

    ネットゲームに求められる人間力

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    謎解きを許さぬ三島由紀夫の意思

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。