記事

ギリシャ総選挙の第一印象 急進左派連合の大躍進は番狂わせだった

日曜日にギリシャの総選挙がありました。

現在のところ正確な得票結果はわかっていません。

しかし有権者への投票後聞き取り調査などから、選挙の結果に関するきわめて大雑把な印象が浮かび上がっています。

以下に書くことは、日本時間7日朝6時現在の暫定的な情報に基づく第一印象です。

先ず今回の選挙ではこれまでの第一党だった全ギリシャ社会主義運動(PASOK)が議席比率を解散前の43%から14%前後に落とし、第三党に転落しました。

逆に第二党だった新民主主義党(ND)が第一党に躍り出ました。

ギリシャの総選挙では第一党には50議席(16.6%)のボーナス議席が与えられることになっています。従って、今回獲得議席数、約58議席(≒19%)とボーナスを合算した議席数は108議席で、議席比率は36%と予想されます。

今回最大の番狂わせとしては、急進左派連合(シリザ)が議席比率を解散前の4%から約16%へと伸ばし、全ギリシャ社会主義運動を蹴落とす形で第ニ党へと躍進した事です。

今回の結果をグラフで示すと下のようになります。内側の円が今回の結果で、第一党となった新民主主義党の議席比率にはボーナス議席の16.6%が含まれています。
リンク先を見る
ギリシャでは歴史的に全ギリシャ社会主義運動と新民主主義党の二政党が議席数の80%程度を支配してきました。従って、それ以外の政党との協調という事は過去に余り経験が無いわけです

今回は新民主主義党の議席数と第三党に転落しそうな全ギリシャ社会主義運動の議席数を合計しても50%にならないリスクがあります。するとこれまでパワー・シェアリングしてきたパートナー以外の相手、すなわち急進左派連合と多数派形成工作をしなければいけなくなる可能性もあります。

新民主主義党と急進左派連合が上手く力を合わせることが出来るかは未知数です。

幸い急進左派連合はユーロにとどまることを主張しています。

なお新民主主義党と急進左派連合は、いずれも国際通貨基金(IMF)と合意したギリシャ救済合意の条件緩和を主張しています。

あわせて読みたい

「ギリシャ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  3. 3

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  4. 4

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    「ZOOM」をめぐる商標バトル 終わりが見えない戦いに

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    12月03日 09:31

  8. 8

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  9. 9

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。