記事

【読書感想】声優という生き方

1/2

声優という生き方 (イースト新書Q)
作者: 中尾隆聖
出版社/メーカー: イースト・プレス
発売日: 2019/05/10
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

声優という生き方 仕事と生き方 (イースト新書Q)
作者: 中尾隆聖
出版社/メーカー: イースト・プレス
発売日: 2019/06/06
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容(「BOOK」データベースより)
新劇の俳優が洋画の吹き替えを担当することからはじまったとされる声優ブーム。それから約半世紀、若者の人気「職業」にまでなった声優。業界のかたちが整い、より大きくなったものの、華やかさの陰には厳しい現実も待ち受けています。「うまくやろうとするな」「売れるのが唯一の価値観か」など、成功法則のない業界だからこそ必要なスキルと心構えを、「ばいきんまん」「フリーザ」でおなじみのレジェンドが語り尽くします!

 「ばいきんまん」「フリーザ」の声でおなじみの中尾隆聖さん。子役からスタートし、役者として、声優として60年以上のキャリアを持つ中尾さんが、自らの「役者人生」について語った本です。
 
 最近は、人気声優による「声優業界の現実」であるとか、「いまの時代の声優に求められるスキル」が、けっこう率直に語られた本が世に出ています。

 大塚明夫さんの本はその代表格ともいえるもので、けっこう話題になりました。

 この『声優という生き方』なのですが、読んでいると、中尾隆聖さんは、自分を「声優」とみなしているのではなくて、現在でも、「役者の仕事の一環として、『声の仕事』もやっている」という感じなのだろうな、という気がするのです。

 いま50代以上のベテラン声優さんは、声優を目指してきたというより、役者として生きていくなかで声優にたどり着いたという感覚の人が多いのではないでしょうか。私もそのひとりということになります。

 私は3歳で児童劇団に入ったのを皮切りに、テレビのドラマや子ども向け番組にも出演していましたし、声の仕事ではラジオドラマ、アニメ、洋画など数々の現場で演じながら現在に至っています。

 じつを言うと、若い頃は「声の仕事はやりたくない」と思っていて、実際、そのことでひどく葛藤していたくらいです。もちろん、いまの私の仕事は声優ですし、この仕事が大好きで誇りをもってやっています。

 ただ、いまの若い人たちにはもしかすると想像もつかないかもしれませんが、声優ブームが起きたとはいえ、声優というのは人気職業ではありませんでした。いえ、ひとつの職業という見られ方さえされていなかったのです。あまりいい言葉じゃないですけど、声の仕事というのは役者にとっての「アルバイト」というように捉えられていました。

「声優なんて」

 誰かがあからさまにそう言っていたわけではありませんでしたが、確実にそういう空気がありました。

 しかし、これは時代の性質とでもいいましょうか、もともとテレビが出はじめの頃は、

「テレビなんて」

 という感じだったのです。スタニスラフスキー理論だとかの演劇書を読むと、「テレビなんてものに出たら、芝居がダメになる。舞台俳優だけがほんとの役者だ」とされていた。

 中尾さんは、長いキャリアのなかで、ラジオからテレビ、舞台とさまざまなジャンルにまたがって活躍しており、子供番組から大人向けまで、幅広い役を演じています。

 昔の「売れない役者が声の仕事をやっている」と言われていた時代からの生き残りとして、「役者というのは、好きでやっている仕事であり、自分の生きがいなんだ」という信念が、ものすごく伝わってくるんですよ。
 
 こういう「声の仕事は、昔の役者にとっては歓迎されないものだった」という話も、僕の世代(いま40代後半)にとっては、ベテラン声優たちがみんな口にしていて、耳にしたことがあるのだけれど、いまの「声優=黄色い声援を浴びる人気タレント」というのが当たり前になった時代しか知らない若い人たちにとっては、信じられないかもしれませんね。

 中尾さんは、「声優とキャラクターとの関係」について、「同じキャラクターを長年演じ続けられ、イメージが固定されることも少ない」という、実写に対するメリットを語っておられます。

 私でいえば、『タッチ』の西村勇や『キャプテン』の近藤茂一などの球児や、『伊賀野カバ丸』の伊賀野影丸、『あしたのジョー2』のカーロス・リベラをやりつつ、トッポジージョ(『トッポジージョ』)、ぽろり(「にこにこ、ぷん」)のような、ネズミの男の子などさまざま。

 みなさんによく知られているのが、ばいきんまんとフリーザ(『ドラゴンボールZ』)なので、最近ではラスボス的なキャラ(フリーザははじめはラスボスではなかったのですが)や、人間以外のキャラ(最近では「人外」というそうですが)が多くて、ひさしぶりに人間の役をやると、

「中尾さん、人間役ですよ」

 とわざわざ言われたりなんかしてしまいます。

 最近の話だと、『ザンキゼロ』というゲーム作品に参加しました。テラシマショウという少年とミライという羊が掛け合いをするのですが、まさかの少年のほうだったものですから、「えっ、そっち?」となってしまいました(ちなみに羊のミライは野沢雅子さん)。

 声優とキャラクターというのは、絶対的にイコールかと言うと、そうでもない不思議な関係です。キャラは永久に生き続けますから、どこかでキャストは変わります。また、声優のファンの方々にしても、キャラクターが好きという部分がかなりの割合でミックスされていることでしょう。

 イベントなんかではキャラの決めゼリフをお願いしますと言われますが、一方で、それ以外では公でキャラのセリフを言ったらいけないと言われることもあります。海外のアニメなんかではとくに厳しい制限があります。

 キャラがまずあってというのはわかりますが、私がそれを演じていて、世間の人からほとんどイコールと思われていても、私のものではない。なんか妙な感覚があります。

 この『ザンキゼロ』というゲーム、僕はクリアしたのですが、中尾隆聖さんと野沢雅子さんのコンビを、こんなブラックな役で起用しても良いのか!本人たちもよく引き受けたなあ、と思っていたんですよ。

 でも、この本を読むと、中尾さんは、そういう役だからこそ、けっこう喜んで演じていたのではないか、という気がします。

あわせて読みたい

「声優」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  4. 4

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  8. 8

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。