記事

パンサー尾形、電車で「この人痴漢です!」と叫ばれ危機一髪

左から菅、向井、尾形

 パンサーの向井慧が、6月10日放送の『0.1%の奇跡!逆転無罪ミステリー』(テレビ東京系)で、相方の尾形貴弘が電車で痴漢に間違われた騒動を明かした。

 向井と尾形が電車に乗っていたところ、何もしていないのに「お前触っただろ!」と言われたという。電車から降りると女性は尾形に「この人、痴漢です!」と叫び出したという。

 すると、そばにいた男性が「その人たちは何もしていません」と証言してくれたため、解放されたという。

 番組ではやっていない痴漢容疑をかけられた場合の対処法として、「ほかの罪を犯さず立ち去る」「服を触った場合に手に付着する『繊維痕』を主張」「黙秘権で何も言わない」の3種類が示された。

 さんざんな目に遭った尾形だが、過去には向井、菅良太郎からパンサーをクビにされる危機もあったことを、2月9日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)で明かしていた。

 向井は、結成から2年後、尾形のことを「こいつポンコツだな。マジで何もできないんじゃないかな」と思い始めたという。さらに尾形が、女性とベッドで寝ている写真が週刊誌に掲載される事態に。

 当時、『おはスタ』(テレビ東京系)でパンサーの3人がレギュラーだったが、尾形だけでなく、菅も降板させられ、向井だけが残ったという。そのため、尾形をめぐって、何度も脱退させるかどうかの議論が向井と菅の間で交わされることに。

 だがその後、尾形は『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)などでイジラレキャラとして大ブレイク。ポンコツなりに、自分ならではの居場所を見つけたようだ。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    話通じぬ韓国に「もう駄目かも」

    やまもといちろう

  2. 2

    「韓国は中露の標的に」北が予言

    高英起

  3. 3

    米朝首脳から無視され始めた韓国

    早川忠孝

  4. 4

    米にも露呈した文大統領の異質性

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    「嘘の天国」韓国本が自国を批判

    高英起

  6. 6

    韓国が教科書から漢江の奇跡削除

    SmartFLASH

  7. 7

    韓国情勢はトランプ氏が元凶か

    小林よしのり

  8. 8

    原発なくとも東電の電力は余裕

    かさこ

  9. 9

    「GSOMIA報道は感情的」に反論

    小林よしのり

  10. 10

    小室圭さん 2千万円の追加借金か

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。