記事

SNSの一部女性たちが「私はフェミじゃないけど」と前置きする問題について - 鈴木 涼美

1/2

 少し前に、初めて連絡をとる編集者が、読んでみてくださいと送ってくれた最終稿のゲラを一気に終章まで読み進めると、末尾にこんな言葉があった。「あなた自身を、出来事や外部に定義させてはいけない」(三浦瑠麗『孤独の意味も、女であることの味わいも』)。

【写真】モデルとなり、裸になってみると

 著者の強く綺麗な顔を思い浮かべ、また、小さな蔑視と日々愚直に戦いながらもフェミニズムという言葉には居心地の悪さを示す女の子たちを思い出して、こうでありたいと思っても、こうなんでしょ? と外からなぞられることを酷く恐れている自分たちのことも思った。正直に生きることは摩擦を生むけれども、正直ではない姿でラベリングされてしまうのもまた、とても窮屈なことだ。


©iStock.com

「女性差別は憎い。でも私はフェミじゃない」

 ちょうどSNS上で「女性差別は憎い。でも私はフェミじゃない」なんていうフレーズが散見されることに、少し注目が集まっている。思い起こせばここ1年、女友達との日常的な会話で「フェミみたいに煩くて」「フェミが怒るよ」なんていう言葉をよく耳にしたし、自分も発してきた気がする。私が学生だった頃よりさらに極端なステレオタイプのイメージを伴って、言葉が乱用されだしたのはきっとインターネットでの発信が年々気軽なものになったことと大きく関係しているし、逆説的だが真っ当な女性の訴えが本気で社会に受け入れられるようになったこととも無関係ではないだろう。

「私はフェミじゃないけど」に続けて差別の現状や受けた扱いへの不服を申し立てることは、ある意味ではとても小賢しい逃げ口だ。言いたいことを言って自己主張はしたい、でもそれによるラベリングは拒否する。何かを訴えることは、それを訴えた人、として在ることを引き受けることでもある。それを引き受けないと宣言するのであれば、その後に続く発言には極めて慎重になる必要がある。自分が痛み分けをしない発言は攻撃的になりやすく、不用意に他者にだけラベリングを施すことになりかねないからだ。

 発言の重みを理解することは黙ることでは決してないのだけど、私は最近随分「フェミ」にも「フェミじゃないけど」の主張者にも嫌われてしまった。不思議だとは思わない。私は自分が学問の世界の末席にいた頃、当然SNSや「フェミじゃないけど」が登場する随分前から、そういう小賢しい逃げ方をしてきたし、一度学問から全く離れてからは、歪に強まっていく女性側の主張に、外にいるふりをして疑問を投げかけ続ける、ということをしてきた。

「女性蔑視」を体現する元AV女優の肩書き

 どこかの女性の声が大きくなれば、そこに混ざれない女たちの記憶が、私には生々しくあった。誰かがすがるしかない幸福を剥ぎ取る可能性のある議論が、そのことに無頓着に進むのが怖かった。エロ雑誌が嫌われ、週刊誌が下世話な特集を縮小し、「女性差別的」で「時代錯誤な」店が規制されれば、明日の仕事や楽しみを失ったであろうかつての自分を投影していたと言えばそうだし、連帯しようとする女性たちにとっては、女の敵は女、の見本のような嫌な存在ではあったのだと思う。

 皮肉にもそういう時、「女性蔑視」を体現する元AV女優の肩書きはとても有利な飛び道具になっていた。露悪的に男と女の事情を話して、どこか女性を突き放してしまう癖がつき、気づけばSNSでミソジニストのように振る舞う「フェミ」嫌いの男性たちにまで味方の認定をされている。それも間違いなく私の持っているものではあるけれど、私は「フェミ」や「フェミじゃないけど」に対するのと同じくらいの違和感を、自分自身にも感じる時がある。

私が骨太のフェミニズムの論理に少し心躍った頃のこと

 少しだけ立ち返った話をすると、15年近く前、私はフェミニズムを含む多くの概念を詰め込まれる立場の学生だった。私のように社会学をかじった学生が、初期に読まされる、というか小難しくてなかなか読めないけれども買わされる本の中に、スペクターとキツセの『社会問題の構築』という構築主義の基礎文献があり、難解なそれを理解するために、こちらも多くの学生が同時購入する上野千鶴子編の『構築主義とは何か』がある。おそらく、若く傍若無人だった私が骨太のフェミニズムの論理に少し心躍ったのは、そのあたりにいた頃だ。

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。