記事

「政治家もメディア関係者も有権者も、ちゃんと報告書を読みましか?」金融庁の”2000万円”炎上問題に堀潤氏が苦言

1/2

 老後の資金として2000万円が必要とする試算を盛り込んだ金融庁の報告書などを巡って国会が紛糾している。麻生太郎財務大臣はこの報告書を受け取らないことを明言、追及の姿勢を見せる野党は19日に開催される党首討論でも、この問題について安倍総理と論争を行う見通しだ。

 しかし、AbemaTV『AbemaPrime』に出演した現役世代のコメンテーターからは「もともと年金はあてにはしていなかった」「金だけで生活することが現実的ではない」「金融庁はよく言った、と言うべき」といった意見も相次いだ。出演者の一人、ジャーナリストの堀潤氏は「"抽出"された報道だけで議論するのはもうやめよう」と訴える。
 

■まさに税金の無駄遣い、知の軽視、ポピュリズム


 11日、いわゆる統計不正問題について政府に申し入れる内容を話し合う自民党の行政改革PTのブリーフィングに参加してきました。議論に使われた特別監察委員会による報告書についての報道を見ると、"隠蔽は無かった"、"政府、官邸から指示があったかどうかについては調査対象としていない"といった"抽出"されたワードで報じられていますから、"そんなふうに結論づけたのか!"と心がざわついた人もいると思います。でも全文を読めば、委員会がどんな根拠に基づいてそうした判断をしたのかがわかります。それは当然ながら、新聞やテレビ以上の情報でもあります。

 しかも僕たちはそれらにアクセスできないわけではありません。「特別監察委員会 統計問題 報告書」などと検索すれば、数秒でpdfファイルにたどり着くことができるでしょう。文量もそれほど多くないので、スマホで移動中に流し読みしながら、"なるほど、そういう経緯だったのね"とわかるはずです。でも、多くの場合そうしないまま、良い・悪いという話をしてしまう。

「僕は子育て支援に関する厚生労働省のワーキンググループに参加したことがありますが、議論の中では率直に現場の意見を言い合うし、文書については各自で推敲します。そうやって出したものを軽く扱ってほしくはないし、中身を読んで議論をしてほしいと思います。

 今回の金融庁の報告書にしても、みなさんちゃんと読んだのでしょうか。麻生大臣は答弁で「冒頭の一部に目を通した。全体を読んでいるわけではない」と答弁した上で、「受け取らない」と言いましたね。ちゃんと読んでよと思います。実務家たちが時間と税金を使って作り上げたものだし、そんなに難しく書いているわけではありません。グラフはもちろん、アメリカの新しい事例の解説も入っています。メディアがよく言う"失われた20年"だとか"政府は対策を急ぐべき"だというテーマについてもファクトで裏付けながら説明しているんですよ。それなのに"2000万円"という抽出され言葉のイメージだけで批判し、すぐに取り下げようとする。本当のことを言っていると思うのであれば。安易な批判には反論してほしいと思います。まさに税金の無駄遣い、知の軽視、ポピュリズムだなと、腹立たしい思いです。

 評論家の宇野常寛さんが「遅いインターネット」という考え方を提唱していますが、昨今、インターネットといえばSNS上でのコミュニケーションの話が大半を占めるようになっていますが、時間や空間を超えてアーカイブされた知の倉庫にローコストでアクセスできる。それも魅力だったはずでしょうと。そんなことを思い出しました。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。