記事

【読書感想】令和を生きる 平成の失敗を越えて

1/2

令和を生きる 平成の失敗を越えて (幻冬舎新書)
作者: 半藤一利,池上彰
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2019/05/30
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

令和を生きる 平成の失敗を越えて (幻冬舎新書)
作者: 半藤一利,池上彰
出版社/メーカー: 幻冬舎
発売日: 2019/05/29
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
政治の劣化、経済大国からの転落、社会の分断……
問題は何もリセットされていない!

平成元年、ベルリンの壁とともに世界秩序も崩壊したことに気づかず、バブルに浮かれていた日本人。バブル崩壊後も、相次ぐ大災害と長きデフレにより、目先の生活を守ることに追われて、志向はさらに内向きに。そして日本は、「経済二流、官僚三流の国」となり、「デマと差別が溢れる国」となった。その姿は、国際社会から取り残され、無謀な戦争に突き進んだ戦前の日本にそのまま重なる。

私たちはどこで道を誤ったのか?
どうしたらこの国を建て直せるのか?
平成の失敗を徹底検証した白熱対談。

 僕自身は、人生の3分の2くらいを「平成」で過ごしてきたので、「平成」が失敗だった、と言われても、なんとなく実感がわかないところがあるのです。

 経済は停滞して、日本の世界での存在感は低下し、大きな災害もあった時代だけれど、戦争もなく、インターネットで便利になったところもたくさんあるし……

 とはいえ、僕が子どもの頃に想像していたような「希望に満ち溢れた世界」とは、異なるのもまた、事実ではあります。
 
 この本、昭和史の大家である半藤利一さんと、池上彰さんが「昭和」と比較しての「平成」の総括と、「令和」の課題について対談したものです。
 「平成」以外の時代を知る人にとっての「平成」とは、どんな時代だったのか?

 「平成」の幕開けとして、ベルリンの壁の崩壊による東西冷戦の終了と、その時期にはまだバブル経済でこの世の春を謳歌し、世界の変化に適応するのが遅れた日本が語られています。

 ベルリンの壁が崩れるなんて、子どもの頃の僕は想像しておらず、資本主義と社会主義の闘争がずっと続くと思っていたのです。
 今となっては、そんなこと、もう忘れかけていたけれど。

 池上さんは、「平成」の大きな転換点として、選挙制度の改革をあげておられます。

池上彰:社会主義陣営崩壊の余波で五五年体制が終わり、「政治改革」の名のもと選挙制度改革が行われた。平成日本の最初の岐路は、それまでの中選挙区制をやめて、小選挙区比例代表並立制を選んだことです。「見た目偏重」や「テレビ映り重視」もそれに付随して生まれたものでした。

(中略)

半藤一利:こうして眺めてみると、やっぱり小選挙区比例代表並立制の導入は、平成日本の岐路でしたねえ。

政治家がすっかり政党のロボットになっちゃった。死に票が山ほど出て選挙が民意を伝えるものではなくなってしまった。よく主権、主権と言いますがね、主権には二種類ある。国内的な政治主権と、外政的な政治主権です。北方領土返還交渉のさなか、プーチンが安倍総理にこう言いました。

「そこにアメリカの基地など決してつくらせないと言うけれど、沖縄で新基地建設反対があれだけ叫ばれているというのに、政府与党はそれを無視しているじゃないか」と。つまり日本はアメリカの要求に逆らえない国なのだから、なんでもイエスなんだから、北方領土でもまたおなじことになるという疑念を示した。それが意味するのは、安倍首相の国内政治主権というのは、ぜんぜん国民に説得力がないということなんです。

プーチンが指摘したように、日本の政府与党は、選挙で勝ったら好きなようにやっていいのだとばかりに世論なんか無視している。わたくしに言わせりゃ、もとはと言えば小選挙区比例代表制並立制のせいなんです。

池上:たしかにこの国の政治の劣化をまねいた一因だと思います。しかし、とあえて言うならば、それによって民主党政権ができ、政権交代が行われた。そして民主党がコケて、また自民党が政権をとって代わった。政権交代は起きるようになったんです。いまの選挙制度にした結果、二回の政権交代が起きたとも言える。そのいっぽうで野党が総崩れになってしまったわけですが。

半藤:事実上もう政権交代はあり得ないですよ。だって、こんなに投票率が低いのですから。投票率が50パーセントを切っている小選挙区で、勝者が生まれているという状態なんです。選挙に関心のない国民に政権交代なんかできるはずがないんです。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    おしゃれの時代はユニクロで終焉

    fujipon

  3. 3

    日本なんて要らない? 韓国の本音

    PRESIDENT Online

  4. 4

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  6. 6

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  7. 7

    嫌韓と日韓関係を混同する新聞社

    PRESIDENT Online

  8. 8

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    東電旧経営陣への無罪判決に不満

    川田龍平

  10. 10

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。