記事

なぜ「高齢者」ほどがんになりやすいのか

1/2

日本では2人に1人ががんにかかる。だが、その病態には謎が多い。なぜがんはできるのか、なぜ高齢者ほど発症しやすいのか。京都新聞の広瀬一隆記者が、京都大学医学研究科の小川誠司教授に聞いた――。

※本稿は、広瀬一隆『京都大とノーベル賞 本庶佑と伝説の研究室』(河出書房新社)の一部を再編集したものです。

「がんとは何か」に答えられるか

iStock.com/Pornpak Khunatorn

現代日本では、2人に1人ががんにかかるといわれる。がんで亡くなった友達や親族のいる人も多いことだろう。悪性新生物、悪性腫瘍……がんにはいろいろな別名がある。

「悪性」という言葉からは、命にかかわる病気であるという印象は伝わってくるが、がんとはなにか、とあらためて問われると答えに詰まる人は多いのではないだろうか。

自分のことを思い返しても、医学部の3年生だったころに授業で「悪性腫瘍」という言葉を聞いて、それががんと同じ意味なのかわからなかった記憶がある。これは勉強をさぼってばかりいた私だけにしかあてはまらない経験かもしれないが……。

ともかく、がんという病気が理解しづらいのは確かだ。脳や皮膚、消化管に骨と、体中のあらゆるところにできる。原因も感染症から食習慣、喫煙とさまざまある。全体像をつかむためにはどうすればいいのだろうか。

異常に増殖してできた細胞の塊が「腫瘍」

まずは「悪性腫瘍」という言葉を手がかりに考えていきたい。そもそも「腫瘍」とはなんだろう?

私たちの細胞は増殖する機能をもっている。たとえば、なんらかの原因できた傷口は、周辺の細胞が増殖することによってふさがれる。正常な場合は、増殖因子の作用を受けたときにだけ増殖するため、元通りになったらそれ以上は増えない。

しかし増殖因子の作用を受けなくても、異常に増殖する場合がある。こうしてできる細胞の塊が腫瘍だ。

腫瘍ができたとしても、すべてががんというわけではない。腫瘍のなかには「良性」と「悪性」がある。「良性」の場合は、こぶのような形状をつくっても特定の場所にとどまっていてほかの組織に広がっていくことはない。たとえば大腸には良性のポリープがよくできる。良性腫瘍はがんではない(ただ、悪性化することもあるので注意は必要だ)。

一方の悪性の腫瘍は周囲の組織に染みこむように増殖していく上、血管やリンパ管を通ってほかの臓器に転移する。がんはからだのあちらこちらで増殖して、臓器に障害を引き起こし、さらには悪液質と呼ばれる症状をもたらす。悪液質のメカニズムはまだはっきりしていないが、栄養不良となって体重減少などが起こる。

悪性腫瘍というがん組織によってからだの健康な組織が侵されることで、場合によっては死に至るのだ。

これまでにみつかった人類最古のがんは「骨にできるがん」

がんの診断にはさまざまな道筋があり得るが、おおまかにいえば、医師の問診や健康診断でがんが疑われると、詳細な血液検査や画像検査へと進み、腫瘍に特徴的な物質が血中で増えていないか、あるいは、体内に腫瘍ができないかを調べる。そして最終的には、腫瘍の組織をとってきて、顕微鏡で病理医がチェックして判定する。

病院にはさまざまな病気の患者が訪れるが、いまやがん患者への対応が大きな柱となっている。がんは、2017年の日本における死因の3割を占めてトップなのだ。部位別では、男性は1位が肺、2位は胃、3位は大腸、女性は1位が大腸、2位に肺、3位が膵臓である。

国立がん研究センター研究所編の『「がん」はなぜできるのか』(講談社)によると、これまでにみつかっている人類最古のがんは、160万~180万年前の人類の化石で確認された「骨肉腫」だという。

骨肉腫は、骨にできるがんである。南アフリカの洞窟で発掘された化石をCT撮影したところ骨肉腫に特徴的な病変があったのだ。私たちの属するホモ・サピエンスとは異なる種の人類ではあるが、太古の昔から人類ががんとともに歩んできたことを示唆している発見である。

がんが日本人の死因1位になったのは1981年から

しかし、がんが主要な死因となるのは、20世紀も後半になってからだ。

人類にとって最大の脅威は、長い間、感染症だった。ペストやチフス、天然痘など、歴史に名を刻んでいる感染症はあまたある。たとえば戦後間もないころでは、多くの人は結核で亡くなっている。

がんが日本人の死因第1位となったのは1981年からで、それ以降はずっと1位を保っている。背景には、日本の高齢化があるとみられる。がんは高齢者がかかりやすい病気だからだ。

なぜ、がんは高齢者に多いのだろうか。高齢者は病気が多くて当たり前、という風にすませてもいいのだが、ちょっと掘り下げてみたい。

私が取材をしている京都大には、がんを専門とする科学者が何人もいて、世界の最先端に触れることができる。記者としてそんな環境をつかわない手はない。

最前線で研究している一人である医学研究科教授の小川誠司に、がんができるメカニズムの最新の知見を解説してもらった。

あわせて読みたい

「がん」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小川彩佳アナの竹島発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    夏目アナ 吉本問題でTVに危機感

    水島宏明

  3. 3

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  4. 4

    韓国が対日想定した空母を建造か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    韓国の不買に動じない日本アニメ

    WEDGE Infinity

  6. 6

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  7. 7

    韓国に反日の損失知らしめるべき

    安倍宏行

  8. 8

    紳助氏 会長辞任なら吉本潰れる

    文春オンライン

  9. 9

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  10. 10

    山本太郎氏「皆で政権取ろう」

    山本太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。