記事

常識を窓から捨てる

今日の恵比寿は曇っておりましたが、雨だけは降りませんでした。

香港がひどいことになってますね。一応日本のメディアも報じておりますが、現地の私の友人から直接入ってくる情報だとものすごい緊迫感を感じます。

さて、ルトワックの必殺技である「ディシプリン」について。この「必殺技」ですが、それを理解する前に、やはり理解すべきは、ルトワックのもう一つの必殺技である「パラドキシカル・ロジック」であります。

このロジックは、ルトワックの考えでは、人間(の集団)が相手(の集団)と紛争状態になると「発動」するものであります。具体的には、こちらが相手に何かを仕掛けると、相手もそれに対抗するために、その関係性が流動的になる、ということです。

つまりその現象の流れは、単純に一方の方に流れるわけではなく、どちらかが有利になったり不利になったりという状態が繰り返されるわけですね。これを現在の米中関係に当てはめますと、アメリカのトランプ政権の背後にいる対中タカ派たちが中国に対して「これは効くだろうな、しめしめ」と考えて仕掛けたアクション(関税、ブラックリスト化、金融制裁など)についても、中国側は自由意志を持っていて、しかもリアクションをするため、情勢が一気に傾くということにはなりません。

要するに、よくある単純な「中国がどんどん弱体化する」という議論や、「アメリカが逆に被害を受けて国力を劇的に落とす」という予測も、実は当たらないということになります。このような誤った考え方を、ルトワックは「中国4.0」では「線的予測の錯誤」であると分析しておりますが、たしかに米中のように相互依存関係が産業構造として結びつきが強い場合は、一方だけが無傷で一方だけが惨敗、ということはありえません。必ず一つの結果(米中どちらかの「勝利」)が生まれるまでには、必ずと言ってよいほど紆余曲折を経るはずなのです。

つまりそれに影響を受ける立場にあるわれわれは、今後の情勢を考えるにあたって、どちらかが一時的に勝利したように見えても、それはあくまでも「一時的なものだ」として、表面的な現象に惑わされずに冷静に見て行く必要があるわけです。さらに、このような不確定な状況が生まれていることを見たときに、われわれがその心構えとして持たなければならないのは何でしょうか。

ルトワックによれば、それは「常識を窓から投げ捨てること」だというのです。なぜ彼はこのようなことを言うのかというと、戦略のパラドキシカル・ロジックが発動すると、物事の流れは徹底的に揺れ動くことになります。すると当然ながら物事はいままでの「平時」のようなA→B→Cという具合には動きませんから、極めて予想外の事態がどんどん発生してきます。

たとえば米中案件が注目されているさなかに、実は数日前に、太平洋の公海上で米ロ艦船が衝突寸前まで接近するという事案が発生しております。また、冒頭でも触れた香港の犯罪者引き渡し法の制定に反対する大規模なデモの発生も、この一例ですね。これらは「米中戦争」という文脈だけで考えている人には、全く思いがけない「ハプニング」と映るわけですが、ロジックが発動した国際的な情勢では、このようなカオス的な状況はとかく発生しがちなものであります。つまり紛争が発生していると、事態は誰もが思わぬ方向に動きがちなのです。このようなことを書いていたら、

イアン・ブレマーの最新のインタビューを収録した以下の動画の04:00あたりから、数年前から言い始めている「地政学的後退」の一環として、「テールリスク」、つまり平時だったら発生しえないようなリスクが、現状だと問題になりやすくなっていると論じておりました。



では戦略を考えるわれわれは、このような状況に対する心構えをどのように備えれば良いかというと、それは「(平時の)常識を捨てて考えろ」ということになるわけです。

そしてそのような心構えができるようになったときにはじめて必要になってくるのが「ディシプリン」だというのです。つづきはまた明日。

b0015356_21523407.jpeg

(カナダ・プレイス)

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。