記事

「2000万円貯金」報告書は「もうない」なんて言えない

金融庁審議会の「2000万円貯金」報告書について、自民党の森山国会対策委員長は、「報告書はもうないから予算委員会で議論する必要はない」と、予算委員会開催を拒絶しました。

あくまでも安倍総理の予算委員会登場を避けたい構え。

しかし、菅官房長官は報告書を「公文書」であるという認識を示しました。麻生大臣が「受け取らない」と言ったところで、今さら全く無かったことにはできません。

そもそも、麻生大臣が自分で金融審議会に諮問していながら、それを内容が気に入らないからといって「受け取らない」ということはどういうことなのか、理解できません。

明日13日木曜日、午前9時から本件に関する野党合同ヒアリングを開催して、諮問した麻生大臣が「受け取らない」ということはどういうことなのか、報告書は今どういう位置付けなのか、無かったことにはできないのではないか等々、確認していきたいと思います。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  2. 2

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  3. 3

    テレビ見ぬ若者のN国支持は当然

    日比嘉高

  4. 4

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  5. 5

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  6. 6

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

  7. 7

    吉本トップ 行政責任で辞任せず?

    渡邉裕二

  8. 8

    音喜多氏 国会での大暴れを誓う

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    吉本のギャラ8割徴収は問題ない

    永江一石

  10. 10

    橋下氏 侮辱なければ日韓対立OK

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。