記事

「2000万円貯金」報告書は「もうない」なんて言えない

金融庁審議会の「2000万円貯金」報告書について、自民党の森山国会対策委員長は、「報告書はもうないから予算委員会で議論する必要はない」と、予算委員会開催を拒絶しました。

あくまでも安倍総理の予算委員会登場を避けたい構え。

しかし、菅官房長官は報告書を「公文書」であるという認識を示しました。麻生大臣が「受け取らない」と言ったところで、今さら全く無かったことにはできません。

そもそも、麻生大臣が自分で金融審議会に諮問していながら、それを内容が気に入らないからといって「受け取らない」ということはどういうことなのか、理解できません。

明日13日木曜日、午前9時から本件に関する野党合同ヒアリングを開催して、諮問した麻生大臣が「受け取らない」ということはどういうことなのか、報告書は今どういう位置付けなのか、無かったことにはできないのではないか等々、確認していきたいと思います。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    天才は「How型」で物事を考える

    幻冬舎plus

  3. 3

    韓国 慰安婦像前で三つ巴の戦い

    文春オンライン

  4. 4

    宇垣が豪語 告白は「させない」

    SmartFLASH

  5. 5

    独立続出の芸能界 裏に金と圧力

    渡邉裕二

  6. 6

    舛添氏 複合災害の対策急ぐべき

    舛添要一

  7. 7

    感染増加で若者を批判する愚かさ

    文春オンライン

  8. 8

    日本は米中どちらを取るべきか

    自由人

  9. 9

    河井夫妻疑惑 報道鵜呑みは危険

    ビデオニュース・ドットコム

  10. 10

    雅子さまの渡航めぐる発言に共感

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。