記事

新大学入試テスト、国語の問題文が「契約書」「地図」の賛否

国語の問題が変わる(時事通信フォト)

これが「国語」の問題?(大学入試センターのモデル問題例より抜粋)

 大学入試が大きく変わる。現行のセンター試験に代わって、2021年から「大学入学共通テスト」がスタートする。英語の会話能力を測るために民間試験が導入されることが話題を呼んでいるが、国語の試験でも、大きな方針転換が行なわれる。かつての「国語のテスト」とは様変わりする問題に、早くも賛否両論が巻き起こっているのだ。

【問題例】えっ? これが「国語」の問題?

 文部科学省が管轄する大学入試センターが、共通テスト導入にあたって公表した国語の問題例の1つを見ると、驚くべき内容となっている。

 これまで国語の試験といえば、有名作家の随筆や小説を読んで「作者の心情」や「主人公の気持ち」を答えるものが多かった。しかし、この問題の題材は「契約書」だ。別の問題例には架空の自治体が作成した「景観保護ガイドライン」と地図をもとに解答させるものもあった。

 2017年11月、2018年11月に行なわれたプレテストでは、架空の高校の部活動規約と校内新聞、著作権についてまとめたポスターの内容を読み解かせる問題が出題された。

 大学入試の国語から随筆や小説を読解する問題が姿を消すわけではないものの、このような「実用的文章」の占める比率は大きくなる見込みだという。駿台教育研究所の石原賢一氏は、この傾向を評価する。

「現行の学習指導要領には、“実社会に役立つ文書の読解”が盛り込まれています。複数の情報を正しく読み取り、それをもとに自分の考えをまとめる能力が、これからの社会では求められている。

 日常生活で活字を読む機会が大きく減り、子供たちの読解力が落ちていると言われるなか、実用的文章を読み解く対策は読解力を向上させると考えます」

◆官僚答弁ばかり上手になる

「実用的文章」を扱う問題が登場すれば、受験生はその対策に時間を割くことになり、その分従来型の問題に取り組む機会は必然的に少なくなる。そのことに危機感を持つ専門家は多い。『国語教育の危機』の著者で、長年、高校用国語教科書の編集に携わってきた日本大学文理学部教授の紅野謙介氏がいう。

「日本人の国語力が著しく低下すると思います。契約書に書いてある文言を理解することは、確かに実社会では役に立つかもしれない。しかし、無味乾燥な契約書の文面をいくら読み込んでも、小説や随筆に込められた思いを探るような深い読解力は身につかない。官僚答弁のような言葉しか使えない日本人が量産されてしまうのではないか。

 本来なら、わざわざ契約書のような形式的な文章を交わさなければならないのはなぜなのかとか、人と人がどのような形でお互いの利益をすり合わせていくべきかを考えたりすることこそ、学ぶべき『国語』なのではないでしょうか」

 直木賞作家の阿刀田高氏も国語教育の“実用化”に懐疑的だ。

「“文学なんてものを学校で教える必要はない”という風潮が随分前からあるように感じています。しかし、それは大きな間違いです。実社会においてこそ、文学的文章を読んで鍛えられる“余白”や“行間”を読む能力が必要です。それはコミュニケーション能力の向上に大いに役に立つ。

 人間は、みんながみんな論理的に話しているわけではありません。表向きの言葉だけを真に受けていたら、ちゃんとした人間関係は作れない。“余白”や“行間”にある“本当の思いや感情”を察してこそ、人間は初めて人間らしく生きられるのです。

 藤原正彦さんも同じような趣旨のことを言っていますが、『国語は国家』ですよ。国家の基礎になるものを培うのは、実用的文章ではありません。やっぱりその民族が培ってきた文学こそが国語力を豊かにし、心を豊かにしていくんだと思います」

 この6月中に、新テストの実施大綱がまとまる。国語教育は、大きな岐路に立たされている。

※週刊ポスト2019年6月21日号

あわせて読みたい

「大学入試」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。