記事

「ジャックナイフみたいだった」メルカリCEO山田進太郎を変えた出会い メルカリCEO・山田進太郎インタビュー #2 - 井上 理

メルカリCEO山田進太郎 「ありのままの自分」を受け入れてから人生が好転した から続く

【写真】この記事の写真(17枚)を見る

 時はインターネット黎明期。早稲田も学生のインターネット利用を強化し始めた時期で、山田は引きこもりがちになりながらも、学校や家のパソコンを通じてインターネットの魅力に取り憑かれていた。そして、その魅力や面白さを仲間と共有できる「居場所」が見つかったのだ。

「代表やるなら進太郎だよね」

 ウェブメディアの運営を中心とする公認サークル「早稲田リンクス」。テレビ局や新聞社などに内定した4年生が、学生・OB・地域を絡めた「早稲田の交差点」を目指し、山田が入学した年の10月に発足させた。


©文藝春秋

 ウェブサイトやメーリングリストの構築や管理に長けていた山田は、知人の紹介で入るとすぐに溶け込み、技術面で八面六臂の活躍を見せる。そして2年生の時、山田はリンクス3代目の代表となった。

 代表になったのは、たまたまだ。先輩が就職活動に入るので代替わりを早めたいとなったが、2年生を見渡せば、男子はたった2人しかいない。「もう一人」の男子だった矢嶋聡は、当時をこう振り返る。

「広告研究会の縦割りや体育会系のノリが合わないなと思っていたところに、新しいインターネットというメディアで面白いことをやろうとしていて、フラットで牧歌的な雰囲気のサークルがあると知り、入ったんですね。広研にいた女子もドサッと引き連れて。だから僕も女子もオアシスを見つけたような感覚で、ガツガツやる感じではなかった」

「でも進太郎はサイトのデザインとかリニューアルを率先してやっていて、代表やるなら進太郎だよね、と必然的に決まりました」

 矢嶋は卒業後、ネットベンチャーの立ち上げに関わり、米国留学などを経て2008年、LINEの前身であるネイバージャパンに入社。リンクスの同期で山田以外にネット系企業へ進んだのは矢嶋だけである。

 彼は大学当時、「早稲田ウォーカー」というウェブマガジンの責任者だった。例えば早稲田にある有名な弁当屋「わせ弁」のメニューを食べ比べてリポートしたり、毎月「ワセジョ」をピックアップして、インタビューをしたりしていた。

 一方、代表に就いた山田は、そのコンテンツ開発を強化すると同時に、それまで曖昧だった部門の役割や職掌を明確にし、あのアイセックなどから優秀でモチベーションの高いメンバーを何人も連れてきた。

 教科書や参考書を学生同士で売買できるコミュニティや、就活生が情報共有できるサイトも洗練させ、組織運営や規模拡大の楽しさに取り憑かれていった。

「触れただけで切れるジャックナイフみたいだった」

 当時のサークルメンバーだった女性はこう証言する。

「進太郎君から『君はリンクスで何がしたいの?』『どう貢献できるの?』みたいな目標設定面談みたいなことを皆のいる前で普通に聞かれて、驚いた覚えがあります」

 牧歌的な雰囲気を求めて緩く楽しみたいメンバーもいる中、山田のやり方は一部でハレーションを生む。が、企業から集める広告収入は年間100万円近くに伸び、アクセス数も早稲田のサークルでは首位の1日1000件超となり、次第に全体が成長の喜びに包まれていった。別の2人の女性メンバーはこう言う。

「リンクスに入った頃の山田君は、触れただけで切れるジャックナイフみたいな印象。それがだんだん丸くなって、みんなをまとめていった」

「各責任者は自分の職掌をよく把握していて、かつ進太郎のモチベーションについて行っていて、組織として良好に機能しているように見えた。一メンバーとして、みんなすごいなと思っていました」

サークルで得た初めての感覚

 山田も手応えを感じていた。

「今の自分に最も影響を与えた学生時代の要素は何だと思いますか?」

 その質問に山田はこう即答した。

「一番はサークルですね。代表になってやってみたら、意外とチームを作ったり、人と一緒に何かを成し遂げたりするって楽しいぞ、みたいな。初めての感覚でした」

 それまでチームで喜びを感じたことはなかった。高校の部活でさえも。レギュラー入りなどの評価や練習の仕組みは出来上がっており、改善の余地があっても変わることはない。「コミュニケーション」が生かされるのは試合中くらいで、結局は個々人の努力に負う部分が大きい。勉強だってそう。だから、何事もなるべく一人でやりたい、と思っていた。その考えがサークルで一変した。

 自分は凡人だと思いながら、どこかにルサンチマンもあった。それを捨て、内に籠もるのではなく、優秀なメンバーとともに成長することの喜びや楽しさを知った。自分の山を築くというのはこういうことなのか。肌で理解できた。

 この原体験が、その後の起業やメルカリの組織作りに通奏低音のように流れているのは言うまでもない。だが、山田の“もがき”はまだ、しばらく続くことになる。

孫正義もいた「ビットバレー」からの刺激

 大学時代の後半、山田にはリンクス以外にも居場所が幾つもできていた。別のメンバーとマンションの一室を借り、そこではCD-ROMで配布するデジタルマガジン『A/D』の制作に没頭した。早稲田大学の演劇・音楽・美術系のサークル活動を動画と文章で紹介する内容で、山田が3年生になった1998年4月に初号を発行している。

 翌年には映画好きが高じて、個人で「映画生活」という映画の批評・口コミサイトも立ち上げた。

 時はネットバブル全盛期。山田はお祭り騒ぎの渦中にいた。

 この時期は、1976年前後に生まれたネット起業家、いわゆる「ナナロク世代」が動き出した時代で、山田が4年生だった1999年には、後にSNSの「mixi」を作った笠原健治が起業。翌2000年2月には渋谷発のネットベンチャーのムーブメント「ビットバレー」の決起集会とも言えるイベントが東京・六本木のヴェルファーレで開かれ、孫正義が「3000万円もかけてチャーター機で駆けつけました!」と挨拶した。

 怒号とも言える歓声が響くその熱狂の中に、山田の姿もあった。当時から、笠原や、同じく「ナナロク世代」で後にグリーを立ち上げた田中良和などと交流があり、刺激を得ていた。

 しかし同時に山田は、彼らの熱狂との間に若干の距離も感じていた。

就職も考え、楽天に内定していた

「ナナロク世代の先輩は1~2学年上で、僕は後輩という意識が強かったし、先輩たちはインターネットを信じて覚悟を決めていた感じだったけれど、僕は起業家として成功したいという思いが彼らに比べて弱かった。けっこう保守的で、就職しようとしていたくらいですから(笑)」

 実際、一時は楽天に内定し、インターンとして「楽天オークション」の開発に携わったこともある。だが卒業直前、「やっぱり僕も先輩たちのように、自分で何かを作りたい」と考え直し、内定を辞退した。

(文中敬称略)

「凡人」メルカリCEOの山田進太郎の周囲にはなぜ優秀な人材が集まってくるのか へ続く

(井上 理/文藝春秋 2019年6月号)

あわせて読みたい

「メルカリ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。