記事

トランプ米大統領、ノルドストリーム2計画巡り制裁検討


[ワシントン 12日 ロイター] - トランプ米大統領は12日、ロシア産ガスをバルト海経由で欧州に輸送するパイプライン「ノルドストリーム2」プロジェクトを阻止するため、制裁措置を検討していると明らかにし、ドイツに対しエネルギーでロシアに依存しないよう警告した。

トランプ氏はポーランドのドゥダ大統領とホワイトハウスで会談した際、記者団に「米国はロシアからドイツを守る。ロシアはドイツから莫大な資金を得ている」と述べた。

同パイプラインを巡っては、東欧、北欧、バルト海の諸国が、欧州でロシアの経済的影響力が増すとして警戒感を示している。一方、石炭火力および原子力発電からの脱却を目指すドイツは安定的なガス供給を必要としており、同国の多くの政治家とエネルギー企業がノルドストリーム2計画への支持を表明している。

同計画はロシアの天然ガス独占企業ガスプロム<GAZP.MM>が主導し、独ウニパー<UN01.DE>、独BASF<BASFn.DE>傘下のウィンターシャル、英・オランダ系ロイヤル・ダッチ・シェル<RDSa.L>、オーストリアのOMV<OMVV.VI>、仏エンジー<ENGIE.PA>が合わせて50%を出資している。

先月には米国のペリー・エネルギー長官が、ノルドストリーム2プロジェクトに携わる企業に制限を加える制裁法案が「そう遠くない将来」に明らかになると述べた。

同計画に参画する欧州の企業に制裁を科せば、ドイツやオーストリア、フランスなどとの関係に悪影響を及ぼすことになる。

ペリー長官はこれまで、米国産の液化天然ガス(LNG)を売り込むために欧州諸国を訪問している。オバマ前米政権もノルドストリーム2に反対していた。

トランプ氏は、同計画によって、「悪い事が起きた場合にドイツはロシアの人質になる」と警告した。

米国のLNG企業が欧州諸国と長期供給契約を結ぶ事例はこれまであったが、米国から欧州に輸出されるLNGはパイプライン経由のロシア産ガスよりも概して価格が高い。

*内容を追加しました。

あわせて読みたい

「ロシア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。