記事

仏ルノー会長、政府介入に怒り心頭 大統領は面会拒否か=関係筋


[パリ 12日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー<RENA.PA>のスナール会長は、ルノー筆頭株主である仏政府の介入を巡り怒り心頭に発しており、マクロン大統領に面会を申し入れたものの、マクロン氏は面会を拒否したという。複数の関係筋がロイターに明らかにした。

欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>が提案したルノーとの統合計画は、仏政府が難色を示したことで撤回に追い込まれた。ルメール経済・財務相は反対理由について、FCAの提案はルノーと日産自動車<7201.T>の提携関係を尊重しておらず、ルノーや仏国内の利益を保証するためにも早急であってはならないと説明していた。

こうした中、ルノー側は、日産が今月25日の定時株主総会で提出するガバナンス(企業統治)改革議案について、投票棄権を検討する意向を表明したが、その後ルメール氏が日本側からの反発を和らげるため、ルノーと日産の提携強化のためなら仏政府のルノーへの出資比率を引き下げる用意があると述べたと伝わり、スナール氏の不満は一層募ったという。

ある関係筋によると、スナール氏は政府トップレベルからの支援を得るつもりだと周囲に述べ、マクロン大統領に面会を要請。しかし大統領府は面会を拒否したという。

大統領府の当局者は12日、「マクロン大統領にスナール氏との面会予定はない」と明らかにした。ルノーはコメントを控えた。ある関係筋は、スナール氏とマクロン大統領は「テキストで定期的に連絡を取り合っている」と指摘。また別の関係筋は、仏政府がスナール氏の交代を検討しているわけではないとした。

スナール氏は12日、ルノーと日産の提携強化が優先課題との考えを示した。

あわせて読みたい

「ルノー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    よしのり氏「安保破棄してくれ」

    小林よしのり

  2. 2

    奨学金延滞の若者が次々と裁判に

    BLOGOS編集部

  3. 3

    日本の本気を選挙対策とみる韓国

    tenten99

  4. 4

    田原氏「麻生大臣とんでもない」

    田原総一朗

  5. 5

    彼女の生理日を知りたい男性9割

    工藤まおり

  6. 6

    海外まできて日本叩く迷惑な人々

    文春オンライン

  7. 7

    堀江氏の保育士めぐる発言に反論

    田中俊英

  8. 8

    点滴を巡る朝日記事に医師が憤り

    高山義浩

  9. 9

    LIXIL総会で株主側が異例の勝利

    川北英隆

  10. 10

    すぐバレる嘘で窮地に陥る文政権

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。