記事

「忖度政治極まれり」老後2000万円不足報告書問題で、玉木代表



 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、国会内で定例記者会見を開いた。金融庁のいわゆる「老後2000万円不足」報告書をめぐって、麻生大臣が受け取らないとしたことについて「あってはならない」と痛烈に批判した。

 客観的、合理的な意見を専門家の立場からもらうのが審議会制度の意義だと説明した玉木代表は、「最初から政権や大臣の機嫌を伺うような内容しか認められないことになれば、審議会で議論してもらうこと自体に意味がなくなる。まさに今の『忖度政治極まれり』」と断じた。さらに、5年に1度公表される年金財政の健全性をチェックする「財政検証」が今もって出てきていないことも問題視し、今後厳しく追及していくと述べた。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  6. 6

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。