記事

「忖度政治極まれり」老後2000万円不足報告書問題で、玉木代表



 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、国会内で定例記者会見を開いた。金融庁のいわゆる「老後2000万円不足」報告書をめぐって、麻生大臣が受け取らないとしたことについて「あってはならない」と痛烈に批判した。

 客観的、合理的な意見を専門家の立場からもらうのが審議会制度の意義だと説明した玉木代表は、「最初から政権や大臣の機嫌を伺うような内容しか認められないことになれば、審議会で議論してもらうこと自体に意味がなくなる。まさに今の『忖度政治極まれり』」と断じた。さらに、5年に1度公表される年金財政の健全性をチェックする「財政検証」が今もって出てきていないことも問題視し、今後厳しく追及していくと述べた。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    給付金2回目求める声殺到に衝撃

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    トヨタ Apple車参入で下請けに?

    大関暁夫

  3. 3

    雇用保険を否定? 厚労省の暴言

    田中龍作

  4. 4

    石破氏 コロナ報道に強い違和感

    石破茂

  5. 5

    ワクチン接種した日本人の感想は

    木村正人

  6. 6

    マスク拒否の男 逮捕時は大暴れ

    文春オンライン

  7. 7

    京都市財政難 寺社の協力不可欠

    川北英隆

  8. 8

    立民の「首相答弁が短い」は難癖

    鈴木宗男

  9. 9

    「もう終わりだ」Qアノンの落胆

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    菅政権が見落とした学者の二面性

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。