記事

「忖度政治極まれり」老後2000万円不足報告書問題で、玉木代表



 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、国会内で定例記者会見を開いた。金融庁のいわゆる「老後2000万円不足」報告書をめぐって、麻生大臣が受け取らないとしたことについて「あってはならない」と痛烈に批判した。

 客観的、合理的な意見を専門家の立場からもらうのが審議会制度の意義だと説明した玉木代表は、「最初から政権や大臣の機嫌を伺うような内容しか認められないことになれば、審議会で議論してもらうこと自体に意味がなくなる。まさに今の『忖度政治極まれり』」と断じた。さらに、5年に1度公表される年金財政の健全性をチェックする「財政検証」が今もって出てきていないことも問題視し、今後厳しく追及していくと述べた。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。