記事

「忖度政治極まれり」老後2000万円不足報告書問題で、玉木代表



 国民民主党の玉木雄一郎代表は12日、国会内で定例記者会見を開いた。金融庁のいわゆる「老後2000万円不足」報告書をめぐって、麻生大臣が受け取らないとしたことについて「あってはならない」と痛烈に批判した。

 客観的、合理的な意見を専門家の立場からもらうのが審議会制度の意義だと説明した玉木代表は、「最初から政権や大臣の機嫌を伺うような内容しか認められないことになれば、審議会で議論してもらうこと自体に意味がなくなる。まさに今の『忖度政治極まれり』」と断じた。さらに、5年に1度公表される年金財政の健全性をチェックする「財政検証」が今もって出てきていないことも問題視し、今後厳しく追及していくと述べた。

あわせて読みたい

「金融庁」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  7. 7

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。