記事

「渋谷がつらい=老いを実感すること」妄想で作られた“国語辞典”が話題



“辞書にないコトバ”を勝手に妄想して作った『妄想国語辞典』(野澤幸司著/扶桑社)が話題になっている。

 2日に発売された、『妄想国語辞典』。例えば、「渋谷がつらい」は「老いを実感すること」という意味で、「渋谷がつらい瞬間は、ある日突然やってくる。代表的なのが子供の運動会である」といった例文が紹介されている。

 また、他にも次のような言葉が紹介されている。

・行けたら行きます
【意味】絶対に果たされない約束。
【例文】「10年後に迎えに行く」と、彼は言いました。けれどそれは行けたら行きますなのでしょう。

・ドキュメンタリーしか見ない
【意味】どうでもいい主張。
【例文】先ほどから検察側はドキュメンタリーしか見ないを繰り返していますが、私には本題から話を逸らそうという企みにしか聞こえません。

・関係ないWi-Fi接続先
【意味】煩わしい存在。
【例文】都合のいいときだけ批判するあんたは出てくるな。いい加減、関係ないWi-Fi接続先だってことに気づいてくれ。

 こうした内容にSNSでは「渋谷がつらいは同感」「凄く気になる」「通じるんだか、通じないんだか」といった反応が寄せられている。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
▶︎「これ天才」カナダが始めたレジ袋削減の方法が話題に

あわせて読みたい

「辞書」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  2. 2

    桜を見る会 予算の内訳説明せよ

    大串博志

  3. 3

    評判の結合映画 おっぱいに注目

    松田健次

  4. 4

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    病気だけはネットで検索するな

    幻冬舎plus

  6. 6

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  7. 7

    天皇制に脅かされる「国民主権」

    五十嵐仁

  8. 8

    韓国の基金案で徴用工解決は困難

    緒方 林太郎

  9. 9

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  10. 10

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。