記事

今回の安倍首相のイラン訪問、緊張緩和働きかけが目的=官房長官


[東京 12日 ロイター] - 菅義偉官房長官は12日午前の会見で、安倍晋三首相が今日からイランを訪問することについて、イランに対し緊張緩和を働きかけることが目的だとし、偶発的な武力衝突は何としても避けるべき、と述べた。日本と同国との友好関係を踏まえて、ロウハニ大統領やハメネイ師と率直な意見交換への期待を示した。

また麻生太郎・財務相(兼副総理・金融担当相)が、金融庁審議会による「老後30年間で生活費が2000万円必要」との試算を示した報告書について、受領を拒否した。このことについて菅官房長官は「金融庁の1ワーキンググループの試算であり、審議会総会の了承前のものだ。年金は老後の生活設計の柱だ。政府として報告を受け取らないというのは、(麻生)大臣の言った通りだ」との見解を示した。

(中川泉 )

あわせて読みたい

「イラン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  4. 4

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  5. 5

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  7. 7

    志村どうぶつ園出演の家族に疑惑

    文春オンライン

  8. 8

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

  9. 9

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  10. 10

    中村医師巡る首相対応に「失格」

    天木直人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。