記事

地域主権の範を政党が示す「地域政党結集」構想と、あたらしい党の参加理由について

1/2


こんばんは、おときた駿@参院選東京選挙区です。

本日、大阪で行われた記者会見に同席させていただきました。河村たかし名古屋市長の電話出演がユニークでしたね…!(公務のため同席できず)

参院選に向け…全国の地域政党との連携を強化「維新」、まとまりきらない「自民」
https://www.mbs.jp/news/kansainews/20190611/GE000000000000028146.shtml

この記者会見により、「地域政党の結集構想」が正式に明らかにされました。

私が最初に日本維新の会から「参院選・東京選挙区で闘わないか」とのお声がけをいただいた際、「あたらしい党はそのままで、あたらしい党の代表としてむしろ参画して欲しい」との提案を受けておりました。

それは、地域政党は地域政党のまま独自性をもって存続し、国政からではないと解決できない課題に取り組むために、国政では地域政党の領袖たちが維新に結集していくという構想によるものでした。

まさに、「地域主権」を地で行く画期的な構想であり、地域政党「あたらしい党」としても党内で議論を重ね、代表である私の参加を決定したものです。

これまでの「政党」は中央集権型で東京に本部、各地方に支部があり、上意下達で意思決定が行われる組織体系を取ってきました。

口先では地方分権・地域主権と言いながら、政治を司る「政党」が中央集権体制では、それが進むはずありません。

支部の独自性すらも超えて、地域政党に地域のことは大胆に任せるという発想こそまさに地域主権であり、これを国政政党が体現するということには非常に大きな意味があると思います。

これまでの「政党」という概念に慣れ親しんできた方には、ご理解いただくのに時間がかかるかもしれませんし、政党間でどうガバナンスを効かせて連携していくのかなど、課題はあるでしょう。

しかしながら、新しい形に自ら挑戦し、地域から国を変えていくという今回の維新の構想は、私としては全面的に賛成できるものでありますし、これこそが次世代の政党スタンダードになるのではないかと期待しています。

そして、この構想に参画するにあたり、あたらしい党でどのような議論が行われてきたのかについてもご説明しなければなりません。

地域政党あたらしい党は、クラウドファンディングで資金調達した結党時にも、2019統一選時にも明確に

「2019年の統一地方選において、首長または議会多数派を最低一つ取得する」

ということを掲げて活動してきました。そこを橋頭堡として改革の実績を残し、次々に改革の波を地方自治体に波及させていくという構想だったわけです。

しかしながら、肝心要の代表である私が北区長選挙で落選したことにより、この構想は一歩目で躓くことになりました。

期待に応えられなかったことに対しては、代表である私に全責任があり、支援者・党員の皆さまには改めて深くお詫びを申し上げます。

一方で、ご支援により公認推薦あわせて10名もの議員を議員が誕生したことは非常に大きな結果であり、今後の飛躍への可能性を残すこともできました。

そこであたらしい党は、掲げてきた政策実現のためにどうするべきか?どう軌道修正をするべきか?という課題に直面します。

あわせて読みたい

「日本維新の会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    前規制委 処理水は放出以外ない

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  2. 2

    HIV内定取り消し訴訟 病院の大嘘

    岩田健太郎

  3. 3

    韓国議員が米有力紙で日本を非難

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  4. 4

    香川県に縁ない丸亀製麺が論争に

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    議員団が対馬の韓国資本を危惧

    長尾敬

  6. 6

    日本の優遇除外は逆ギレ報復措置

    城内実

  7. 7

    ベーシックインカムで年金不要?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    早実 性動画の拡散で大会辞退か

    文春オンライン

  9. 9

    山本太郎氏はYouTubeに力入れよ

    かさこ

  10. 10

    韓国で身内を守る嘘が溢れる背景

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。