記事

日本の会議はなぜ"独り言大会"になるのか

1/2

日本の会議は、なぜ明確な主張がないまま「全会一致」を選ぶのか。明治大学の小笠原泰教授は「日本では説得力よりも『相手が納得するかどうか』を重視する傾向が強い。これは欧米人の『議論』とはまったく異なる」と分析する――。

※本稿は、小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/aerogondo)

日本の「議論」のイメージは攻撃的?

一般的に、「日本人は議論が苦手である」といわれていますし、そもそも議論が好きではないようです。「議論(意見)を戦わせる」などの用法に顕著なように、日本語の「議論」という言葉には、攻撃的な含意が強いからなのかもしれません。

また、日本人は、議論と関わる英語のcriticalを「批判・批評」ではなく、「非難」の意味で捉えたり、aggressiveを「積極的」というよりは「攻撃的」と否定的に捉えているふしがありますが、どちらの単語も英語では否定的な意味だけではありません。つまり、「こころ優しい」日本人は、言葉にせよ、態度にせよ、自分を積極的に他者に対峙させること自体、とかく攻撃的なので良くないと捉える傾向が強いのではないでしょうか。

しかし、加速度を増す不可逆なグローバル化に、日本社会がいや応なしに適応を迫られる中で、この問題を、日本は「こころ優しい」同質社会だから「議論の必要がない」などという説明で、もはや片付けるわけにはいかないでしょう。

本稿では、日本人の議論の特色、それが欧米人の議論と、どのように違うのかを明らかにし、彼らと建設的な議論を積み重ね、実のある結論を導くための方法を探りたいと思います。

英語の「議論」は大きく3つに分けられる

まず、日本語の「議論」には、どんな特色があるかを整理してみたいと思います。新和英大辞典で「議論」を引いてみると、はじめにargumentが出てきます。これが、一般的な「議論」の対応訳であると言ってよいでしょう。これに続いて、discussion、debate、controversy、disputeといった単語が挙げられています。最後の2つは「議論」の一部ではあっても、争っている状態に主眼があるので、ここでは除外します。

まず、argumentは、相手が存在し、それぞれの意見があり、同意か不同意かを前提として、主張し合うことと言えます。そして、最終的には、agree to disagree(不同意に同意)を許容します。discussionは、討議と訳されますが、決定することを主眼に置いて、何らかの主題について、意見の異なる相手と意見を交わしていくことと言えるでしょう。

また、debateは、討論と訳されるように、マナーとルール(例えば、相手の意見を論破しても、相手の人格を攻撃してはいけない)を守りながら、論を戦わせて、相手を論駁(説得)し、勝ち負けをつけることに主眼を置いていて、argumentやdiscussionと比べて、様式があり、形式化されていると言えます。

これら3つは、結果と、そこに至る過程が多少異なりますが、まず、自分の明確な意見を持つことを前提とし、相手の異なる意見を認めることが出発点となります。

意見をぶつけるというより「対話」に近い?

debateについて述べたので、日本語の「議論」を考える上で、debateと対で語られるdialogue(対話)についても触れておきます。

英語による対話の定義は、discussionの1形態で、2集団の間での課題を解決し、不同意を解消するためのフォーマルな討議というものですが、哲学者の鷲田清一氏の言を借りて哲学的な定義をすれば、「対話」は、ロゴス(言語と論理)を分かち合って学ぶプロセスであり、説得ではなく、自発的に意見を変えることを良しとし、それを負けとはせず、むしろ、新しい意見が出てくる可能性の追求と捉えられると言えるでしょう。

日本における「議論」は、一見、同意か不同意かを前提としたargumentを中心とした一群よりも、哲学的解釈の「対話」により近いように思えるかもしれません。しかし、argumentを中心とした一群も、dialogueも、個々が明確な意見を持ち、相手に異なる意見をぶつけ合うものであり、場(の空気)で徐々に参加者を縛り、「思いの共有化」と称して全員一致が望ましい状態であるように方向づける日本の「議論」とは異なると感じられるのではないでしょうか。

日本の会議がつまらない理由とは

しばしば日本人は論理的でないといわれますが、正確には、論理性がないのではなく、日本人の論理の組み立て方に特色があるということです。さらに問題は、その特色を意識することなく、それが万国共通であると考えることです。不可逆なグローバル化が加速化し、多様性を前提とし、そこから共通を模索する中で、日本人は自ら日本人の「議論」の特色を認識し、それを相対化する必要があるのです。

日本の社会での言語行為は、対話(ダイアローグ)の集積ではなく、独白(モノローグ)の連鎖の展開という特徴があります。また、日本の組織の会議とは、相手の発言を受けて行われるはずの次の発言が、明確な相手を意識したものではなく、独白のように発せられる参加者一人ひとりの揺れ動く思いや心情が、次々と置かれていく「場」と言えるのではないでしょうか。

この独白の連鎖は、思いや心情の分布状態を示しますが、単なるマッピングであり、相違を前提にした「議論」ではなく、意見の対立が顕在化することはありません。この構造の中で、各自は自分の位置を測り、自分の思いや心情を微修正し、それを何回か繰り返す過程で、参加者各自の思いや心情が「自ず」と「ある」しかるべき点に収斂(しゅうれん)する、すなわち、「私」が「われわれ」になるブラックボックスのようなプロセスがあると言うことができます。それを、日本人は「衆議一決」と言って尊んできたわけです。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  2. 2

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  3. 3

    男子中学生と性交 40歳妻の素性

    文春オンライン

  4. 4

    研究者に転身 いとうまい子の今

    NEWSポストセブン

  5. 5

    「山本太郎は男を下げた」に反論

    早川忠孝

  6. 6

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  8. 8

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  9. 9

    東出の自虐発言に長澤まさみが涙

    女性自身

  10. 10

    すごい展開 優樹菜に芸能界驚き

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。