記事

【中証視点】「点心債」発行拡大でパイの分け合いを狙う中国

リンク先を見る
写真を拡大して見る

  先ごろ、中央企業(中央政府直属の国有企業)4社が再び香港での人民元建て債券発行を承認されたことに伴い、中国内陸部企業の香港でのオフショア人民元建債券「点心債(ディムサム・ボンド)」の発行規模は250億元に拡大する。中国証券報記者が得た情報による、内陸部企業の香港における人民元建て債券発行をいっそう規範化するため、中国国家発展改革委員会(発改委)は今、関連の管理規則を制定している。内陸部巨大規模の中央企業が「点心債」発行に動いたことで、香港のオフショア人民元取引センターとしての地位はより強固なものになると見られる。4日付中国証券報が伝えた。

◆内陸部企業の「点心債」発行規模が拡大し続ける

  2011年8月、中国の李克強・国務院副総理は、香港で開催された「国家十二・五(2011-2015年)計画と両地域間経済・貿易・金融協力発展フォーラム」に出席した際、香港での人民元建て債券発行を実施する国内金融機関を増やし、内陸部企業の香港での人民元建て債券発行を承認し、内陸部機関投資家の香港での人民元建て債券発行の規模を拡大するとの方針を明らかにした。

  内陸部企業にとって、香港での「点心債」発行の最大の魅力は、内陸部より金利が遥かに低いことである。政策の緩和と企業のニーズという2つの要因で、発改委は2011年10月、宝鋼集団の香港での上限65億元の人民元建て債券発行を承認し、宝鋼集団は初めて香港で「点心債」を発行した内陸部内陸部企業となった。宝鋼集団の「点心債」発行金利は3.5%前後だったが、当時の香港の人民元建て預金金利はゼロに近かった。

  これに引き続き、2012年4月末、発改委は華能国際電力、中国大唐集団公司、中国五砿集団公司、中国広東核電集団有限公司の中央企業4社の香港での総額185億元の「点心債」発行を承認した。これまでに発改委が承認した国内企業の「点心債」発行総額は既に250億元に上っている。

  国有企業制度改革・再編分野の専門家であり、上海天強管理コンサルティング会社の祝波善社長は、「点心債」の資金調達コストは更に低く、この種の債券は中央企業の直接融資ルートの拡大に積極的な意味があるとの見方を示している。

◆関連管理規則が立案中

  中国証券報記者が国有資産監督管理委員会の関係者から得た情報によると、正に内陸部よりも融資コストが低いため、中央企業が香港での債券発行を望む傾向は強く、申請が後を絶たないという。

  2011年8月、中国商務部が『クロスボーダー人民元建て直接投資の関連問題に関する通知(意見募集稿)』を発表したことは、国外で資金調達した後の資金還流に関する規則が制定されたことを意味する。招商証券(香港)研究部は、債券発行で調達された資金の還流メカニズムが整いつつあること、、債券発行企業の範囲拡大などにより、今後の内陸部企業の「点心債」発行規模及び市場占有率は一層大きくなると見られるため、政策面の規範化が必要となると指摘する。

  これに関して、発改委関連部門から得た情報によると、現在、発改委は関連部門と共に国内企業の香港での人民元建て債券発行に関する管理規則を制定しており、規則は債券の発行主体・発行条件・監督管理部門及び調達した資金の還流などにおいて具体的な規定を設けており、今後の内陸部企業の「点心債」発行は正常化・規範化することが期待される。

◆中央企業の債券発行拡大が香港の人民元オフショアセンター建設に追い風

  統計によると、2007年7月に国家開発銀行が初めて香港で「点心債」を発行して以来2012年1月末までに、既に30件のオフショア人民元建て債券が香港で発行され、資金調達額は600億元を超えている。

  中国政治協商会議の委員で、米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)傘下のアジア保険大手AIAグループの地域代表取締役・容永祺氏によると、国がよりに多くの、条件が整い他内陸部内陸部企業及び地方政府の香港での人民元建て債券発行を承認するに伴い、香港の国際金融センターとしての地位が一層強固なものになると同時に、中国債券市場も活性化するという。

  米有力格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスの香港企業融資部ヴァイスプレジデント兼シニアアナリストである鐘汶権氏は、「更に多くの内陸部企業が香港で「点心債」を発行する事は、香港市場により多くの人民元投資商品を提供することにプラスとなり、人民元のグローバル化にもメリットがある。また、「点心債」は国内企業の海外直接投資にも有利である」と指摘する。

  「現在、香港の『点心債』市場は2000億元規模ほどで、ここ3カ月、香港での人民元建て預金は減少しているものの、預金額が依然5000億元以上であることを考えると、今後の『点心債』市場の更なる広がりが期待できる」と鐘汶権氏はいう。(編集担当:陳建民)

あわせて読みたい

「中国経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    “愛国芸人”ほんこんが「デマツイート」で提訴される 原告代理人・米山隆一氏は怒り

    SmartFLASH

    07月26日 09:58

  2. 2

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  3. 3

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  4. 4

    60歳4人に1人が貯金ゼロ 原因は晩婚化による“支出三重苦”

    女性自身

    07月26日 13:23

  5. 5

    東京五輪「手のひら返し」が驚くほど早かった理由 - 新田日明 (スポーツライター)

    WEDGE Infinity

    07月26日 08:17

  6. 6

    作曲家がLGBT差別の杉田水脈氏を肯定…開会式のドラクエ起用に疑問続出

    女性自身

    07月26日 12:26

  7. 7

    ソフトバンクG株が連日の新安値、8カ月ぶりに7000円割れ

    ロイター

    07月27日 11:16

  8. 8

    配信が充実した東京オリンピック 無観客開催でも十分なお釣りが来る内容

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    07月26日 08:32

  9. 9

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  10. 10

    小山田圭吾の件について考える 作品と作者は別ものか

    紙屋高雪

    07月26日 09:10

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。