記事

さて、自民党東京都連の都知事候補選考委員会は機能するだろうか

衆参同日選挙が回避されることになって大きく影響されることの一つが、来年の東京都知事選挙だろうと思う。

衆議院の解散がいつになるか分からなくなるのだから、参議院選挙が終ってからも自民党の衆議院議員はおちおちしていられなくなる。
自民党東京都連の中には小池都知事の対抗馬担ぎ出しに熱心な都議会議員もおられるだろうが、自民党東京都連に所属する衆議院議員の大半は、今はそれどころではない、という心境に追い詰められるはずである。

衆参同日選挙がなくなれば、よほどのことがない限り二階幹事長がそのまま幹事長職を続けることになる。

自民党東京都連が都知事候補選考委員会を立ち上げたとしても、小池さんの対抗馬として自民党から名乗りを上げる人がそうそう出てくるとは思えない。
来年は2020年東京オリンピック・パラリンピックの年だから、参議院選挙が終ったらオリンピックモード一色になる可能性が高い。

多分、選考委員の選出もスムーズに行かないだろうし、選考委員会のスタートがいつになるかも分からない。
候補者の選考が決して遅いわけではないが、如何にも時期が悪い。

結局は、二階幹事長の言っているとおりになるのだと思う。

「そんなにやりたいのだったら、どうぞ。」

多分、店晒しになって終わり、といったところだろう。

あわせて読みたい

「解散総選挙」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。