記事

純ジャパの鈴木亮平の英語が超上手いワケ

1/2

NHK大河ドラマ『西郷どん』で主役を演じた俳優の鈴木亮平氏は英語が堪能だ。日本生まれ、日本育ちの鈴木氏が、英語力を高められたのはなぜなのか。イーオンの三宅義和社長が、鈴木氏に聞いた――。(第1回)


俳優の鈴木亮平氏(撮影=原貴彦、以下すべて同じ)

今は「日本人としての演技」を磨きたい

【三宅義和(イーオン社長)】鈴木さんは俳優として大変素晴らしい実力をお持ちでいながら、東京外語大出身でもあり非常に英語が堪能です。将来、ハリウッド進出は考えていますか?

【鈴木亮平(俳優)】ハリウッドに関わらず、世界中の人とさまざまな国で仕事をしたいという思いは昔から思っています。と同時に、そのためにはまず日本語のお芝居をきちんと磨いて、日本にしっかりベースを持って、地固めをしておかないと足元がおぼつかない状況になりかねないとも思っています。

【三宅】さすがです。

【鈴木】最近は日本人が外国の作品に出ることが増えました。将来そういった場で活躍するためにも、今は「日本人としての演技」をもっと磨きたいと考えています。

【三宅】「日本人としての演技」とは何ですか?

【鈴木】いまの僕の課題ははっきりしていて、時代劇をしっかりと演じられるようになりたいということです。刀の腕前の話だけではなく、武士としての存在感やストイックさ、あるいは当時の日本人の考え方や受けた教育などを佇まいからきちんと匂わせることができるか。その佇まいというのは日本人ならではの「色気」でもあると思います。大河ドラマを一年経験したとはいえ、まだまだ勉強することがたくさんあると痛感します。海外に興味があるからこそ、いまは時代劇をもっとやっていきたいと思っています。

英語のスイッチが入ったアメリカ旅行

【三宅】鈴木さんの外国人記者クラブでの会見などを拝見し、本当に自然できれいな英語をお話しになるので驚きました。帰国子女ではないですよね?

【鈴木】はい。兵庫県の西宮育ちです。

【三宅】小さな頃から英語に触れてこられたのですか?

【鈴木】最初の接点は映画ですね。物心つく頃から親と一緒に外国の映画を字幕で観ていた気がします。

ただ、はじめて生の英語と接したのは小学校のときに行ったアメリカ旅行です。当時、叔父が単身赴任でロサンゼルスに住んでいたものですから、家族全員で遊びに行きまして。その頃は飛行機代も高く、両親も共働きでしたので、いま思うと親も相当無理したのではないかと思います。

【三宅】子どもたちにいろいろな世界を見せたいと思われたのでしょう。さぞかし強烈な印象があったのではないでしょうか。

【鈴木】強烈でした。なにせ東京も行ったことがないのにいきなりロサンゼルスに行かせてもらえたのですから。それこそ映画の世界に入ったような感じで、「自分もいつかこの人たちとコミュニケーションを取りたいな」と思った気がします。僕のなかで英語のスイッチが入ったきっかけです。

【三宅】そういった原体験があるとモチベーションも大きく違ってきますからね。

【鈴木】そうですね。ただ、同じ体験でも人によって受け止め方が違います。僕はその後、英語の世界へどんどん行きましたが、兄はまったく関心を示さなかったんです。「別に会話したくないし、そもそも食べ物が合わない」と。

【三宅】そうですか。

【鈴木】皮肉なのは、兄は昔から自分が好きなものに没頭するタイプで研究者になったのですが、研究場所を求めていたら結局アメリカに渡ることになり、今度はオーストラリアに永住することになったのです。

【三宅】人生どうなるかわかりませんね。

中学時代に英語圏で2度のホームステイを体験


イーオン社長の三宅義和氏


【三宅】そのお兄さんと小学校の時にYMCA(キリスト教青年会)に通われたんですね。実際に英語を勉強されてどうなりましたか?

【鈴木】YMCAは勉強というより遊びの延長で通っていました。文法的な勉強は中学校に入ってからです。「YMCAの先生が言っていたことって、こういうルールだったんだ」とか、いろいろ点と点がつながった時期でもあります。英語は大好きな科目だったので授業も真面目に聞いていました。

【三宅】その後、中学生2年生と3年生の時にアメリカとオーストラリアに短期のホームステイをされていますね。

【鈴木】1、2週間の本当に短期のものでしたが、中2の時はYMCAのプログラムを親父が見つけてきてくれて、「行きたかったら行ってもいいぞ」と言われたので二つ返事で「行く!」と言って。中学3年の時は西宮市のプログラムに参加しました。

【三宅】素晴らしいお父様ですね。ホームステイはいかがでしたか?

【鈴木】今思えばですが、短期だとよくも悪くもその土地のいいところだけが見えるので楽しい思い出ばかりなんです。その後、高1でアメリカのオクラホマに1年留学したときは結構大変でした。

留学前にどのくらい下地があるか

【三宅】アメリカ中部のオクラホマで過ごされた1年がいまの鈴木さんの英語力の基礎を作ったと言っていいですか?

【鈴木】そう思います。1年というと短い期間ですが、周囲に隣家が1軒しか見えないような田舎にホームステイしていたので、学校には日本人はおろか、アジア人は一人もいません。そして家に帰ったらホストファミリーとずっとしゃべるんです。いまと違ってスマホもSNSもないですから。まったく逃げ場がない環境で過ごす1年は相当密度が濃かったように思います。

【三宅】芸能人の方でも英語の勉強のために海外に行かれる方がいらっしゃいますよね。

【鈴木】そうですね。いいことだと思います。ただ、海外に半年なり1年行ったからといって英語が上達する保証は当然なくて、いかに英語漬けの環境に意識的に飛び込めるかが大事だと思います。

【三宅】英語の基礎ができていないうちに短期留学しても成果は出にくい、というのもありますよね。

【鈴木】そうかもしれません。同じタイミングで留学にいった生徒と比べると、おそらく僕のほうが上達の伸び率が高かったと思うんですが、ひとつはある程度の下地があったから、もうひとつは田舎に行ったからだと思います。

あわせて読みたい

「英語」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  4. 4

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  5. 5

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  10. 10

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。