記事

速報! 世界一おいしい日本酒が決定!! 【SAKE COMPETITION 2019】

日本酒の価値と魅力を世界へ発信し、最もおいしい日本酒を決める世界最大級の日本酒品評会「SAKE COMPETITION」。2012年にスタートし、第8目を迎えた今年度のコンペティションには、日本酒1919点がエントリー。「純米大吟醸部門」「純米吟醸部門」「純米酒部門」「吟醸部門」「Super Premium 部門」「スパークリング部門」「海外出品酒部門」の7部門に加え、今年は新たに蔵元が選ぶ「おつまみグランプリ」が新設された。 

全国各地の日本酒1919点がエントリー

6月10日、ザ・ペニンシュラ東京にて開催された「SAKE COMPETITION 2019」受賞式。エントリー1919点の中から受賞酒が発表されるとあり、会場には出品者である全国各地の蔵元のほか、日本酒評論家や報道陣が詰めかけた。外国人の姿もあり、世界的な日本酒人気の高まりを感じさせる。

この「SAKE COMPETITION」は、「ブランドによらず消費者が本当においしい日本酒にもっと巡り会えるよう、新しい基準を示したい」という理念に基づいて始まったもの。そのため審査対象は市販されている日本酒のみに絞られている。

さらに審査は、知名度やブランド力の影響を受けずに100%クオリティで競えるよう、完全ブラインド方式で行われる。日本酒の技術指導者や有識者で構成された審査員が、銘柄を隠した日本酒をテイスティングし、採点する。つまり、審査は完全に平等で、どんな規模の小さな酒蔵も、実力次第で1位を獲得するチャンスがあるのだ。

「SAKE COMPETITION 2019」各部門の受賞酒(1位)。 ■純米酒部門/広島県 宝剣酒造株式会社「宝剣 純米酒 レトロラベル」 ■純米吟醸部門/福島県 合資会社廣木酒造本店「飛露喜 純米吟醸」 ■純米大吟醸部門/三重県 清水清三郎商店株式会社「作 朝日米」 ■吟醸部門/宮城県 株式会社中勇酒造店「天上夢幻 大吟醸 山田錦」 ■Super Premium 部門/山形県 高木酒造株式会社「十四代 龍泉」 ■スパークリング部門/秋田県 秋田清酒株式会社「出羽鶴 awa酒 明日へ」 ■海外出品酒部門/アメリカ Sequoia Sake Company「Coastal Ginjo」 ■おつまみグランプリ/株式会社正上「九十九里浜 蛤酒蒸し」

「SAKE COMPETITION 2019」実行委員長を務めたはせがわ酒店代表・長谷川浩一氏は、今回の審査についてこのようにコメント。

「今回の審査はとても難しいものでした。というのも、昨年は全国的に原材料となる酒米の出来が悪く、作り手はとても難しい一年を過ごしました。そのぶん、蔵の実力がはっきりと出た一年だったともいえます。力のある蔵は、米の状態を見極め、例年との違いをきっちりと修正してきました」

受賞パーティでは、上位入賞者がインタビューに答えた。「苦しかったです…でも、苦しんでよかったです」(純米部門で1位、3位・広島県 宝剣酒造株式会社)

「1年のうち8ヵ月間、酒蔵に籠り、一心不乱に日本酒を造っています。酒造りの姿勢が評価されたとうれしく思っています」(純米吟醸部門10位・奈良県 今西酒造株式会社 今西将之氏)。

「料理の味を引き立てる“抜け感”がきれいな酒を目指して造った『御慶事 純米吟醸 雄町』が選ばれ、うれしく思っています。頑張ってくれた杜氏と応援してくれるお客様に感謝したいですね」(純米吟醸部門7位・茨城県 青木酒造株式会社 青木知佐さん)。

中田英寿が評価する日本酒は?

「SAKE COMPETITION 」実行委員の一人が中田英寿氏。その2016年には中田氏の発案で「Super Premium部門」が設立された。この部門のエントリー資格は720mlでの小売価格が10,000円以上、1800mlで15,000円以上。酒質だけでなく、審査にはラベル、方張り、ボトル、化粧箱など外見も加味される。

SUPER PREMIUM部門で1位を獲得した「十四代」。カリスマ杜氏として知られる高木顕統氏が壇上に上がった。

「今回のSuper Premium部門は『十四代 龍泉』が1位になりました。今年、全体的にお米の出来がよくなかった中で、これだけのクオリティに仕上げてきたのはさすがの一言です。ちなみに十四代は、僕が日本酒を好きになったきっかけのお酒です」

さらに中田氏は、今年新たに設立された「おつまみグランプリ」の発案者でもある。「酒から料理を選ぶ人もいるし、料理に合わせて酒を選ぶ人もいる。ペアリングを重視した賞を設けたかったんです。毎年同じことをやるのではなく、新しい情報発信にも取り組んでいきたいですね」。

そう話す中田氏は、日本酒のどんなところに魅力を感じているのだろうか。

「日本酒には、その地域の特性や文化が詰まっています。地域の色を知るには、日本酒が一番だとも思いますね。SAKE COMPETITIONではいつも入賞する常連の酒蔵もいくつかありますが、毎年新たな酒蔵が出てきます。こういう機会を通じて、多くの方に日本酒とともに地域の魅力を感じてほしいですね」

SAKE COMPETITION公式サイト
http://sakecompetition.com/

Text=川岸 徹

あわせて読みたい

「日本酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  4. 4

    よしのり氏 京アニ火災に虚しさ

    小林よしのり

  5. 5

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  6. 6

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

  7. 7

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  8. 8

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  9. 9

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  10. 10

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。