記事

学校任せだと子供の才能が潰れる根本理由

1/2

人の知能はIQのような単一のものではなく8つある。ハーバード大学の心理学者が書いた人が持つ「8つの知能」に関する著書を翻訳し、日本に紹介した関西大学教授の松村暢隆さんは、「日本の学校教育の現場では、子供の個性に合わない学習方法を強いられている可能性が高い」という。8つの知能に適した学習法を紹介しよう――。

『プレジデントFamily2019春号』では、「8タイプ別 才能を120%発揮する学び方」を詳しくリポート。イラスト=fancomi

■子供の個性に合わない学習方法を強いられる可能性がある

学校の勉強が苦手なわが子に対して、つい「ウチの子は努力が足りない」とか、「頭が出来が悪い」とか考えてしまう親は少なくない。しかし、実際はそうではなく、単に学習方法に問題がある場合も多い。

「プレジデントFamily2019春号」では、関西大学文学部教授の松村暢隆さんに取材した。松村さんによれば、いまの日本の学校教育では、その子の個性に合わない学習方法を強いられている可能性が高いというのだ。

松村さんは、2001年にハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナー博士の著書『MI:個性を生かす多重知能の理論』を翻訳し、日本に紹介した。学校で子供の個性にあわせて才能を伸ばす「才能教育」の第一人者だ。

「ガードナー博士は、人の知能はIQのような単一のものではなく、8つあると提唱しました。人はこれらの知能を複合的に使っていて、それらの凸凹によって個性が決まるということから『多重知能(Multiple Intelligences=以下MI)』理論と呼ばれています。そして、8つの知能のうちどれが高いかの違いは、物事を学ぶ際の個性としてあらわれます。つまり、得意とする学び方にも違いがあるのです」

■知能はIQのような単一のものではなく、8つある

8つの知能の概要は次の通りだ。

<8つの知能>

言語的知能……文字や言語を処理する能力が高く、読み書きが得意

論理数学的知能……物事の筋道を考えたり、因果関係を見つけたりすることが得意

音楽的知能……リズム感や音感がよく、音程やハーモニーを理解することは得意

身体運動的知能……運動能力が高く、体をコントロールすることが得意

空間的知能……空間を的確に認識する能力が高い

対人的知能……他者の気持ちや感情を理解し、良好な関係を築く能力が高い

内省的知能……自分の内面に向き合い、思索したり、表現したりする能力が高い

博物的知能……自然について理解したり、識別したりする能力が高い

たとえば、言語的知能が高い子は「言葉による学習」が得意で、空間的知能が高い子は「絵や図などにビジュアル化すると理解しやすい」といった違いがある。これが学校で提供される指導方法とマッチしないと、結果的に勉強につまずいたり、自分に自信を持って能力を伸ばしたりすることができなくなる。

■「先生が一方的に話すスタイル」が苦手なタイプとは

ここでちょっとテストをしてみよう。知能の違いによって、得意とする学習方法が異なることを読者の皆さんにも実感してもらうために、下記の高校の物理の教科書の説明文を読んでみてほしい。

「つるまきばねをまっすぐにしてなめらかな水平面上に置き、一端を固定する。他の一端をばねの長さの方向と垂直に振動し続けると、ひもの場合と同じような波が発生し、ばねの長さの方向に振動が伝わっていく。このような媒質(ばね)の振動方向と波の伝わる方向が垂直になっている波を横波という(後略)」(「高等学校物理Ⅰ」三省堂より)

わかりにくい文章だが、理解しようとする時に知能のタイプがわかるという。

まず、この説明文を読んですんなり理解できた人は「言語的知能」の高い人で、図を描きながらなら理解できたという人は「空間的知能」が高い人、文章の内容を手で再現してみたら理解できたという人は「身体的知能」が高い人だ。

つまり、「空間的知能」や「身体的知能」が高い人は、先生が一方的に話すスタイルの授業では理解しにくいということになる。

「日本の学校教育は、先生の言葉による説明を聞いて理解するという方法が中心。言語的知能に偏っています。それ以外の知能の子たちは、端的にいうと学校の勉強で損しています。こうしたことをぜひ、知ってほしいのです」(松村さん)

■アメリカやオランダではMI理論を教育現場で活用

アメリカでは、1980年代にガードナー博士がMI理論を発表した直後から、個性化教育の実践の柱として学校現場に取り入れられていった。

「子供の得意分野を見いだし、得意な方法で学習させて評価するのが、個性化教育です。たとえば、子供が得意や興味にあわせて科目を選べるようにしたり、さまざまなタイプの教材を用意した学習コーナーを設置したり、プロジェクト学習をさせたりします。プロジェクト学習では、子供がそれぞれ得意分野を生かして役割分担をして、課題を進め、発表します。さまざまな知能の子に向いた学習方法を用意し、皆が力を発揮できるように工夫されているのです」(松村さん)

「子供の幸福度」の調査(※1)で1位になったオランダで人気の教育法「イエナプランスクール」(※2)でも、MI理論が子供の能力を考える時の土台となっている。たとえば言語的知能が劣っていても、ほかに高い知能があれば、そこに着目し、得意を伸ばそうと教師も親も考える。そのため子供は、劣等感を持たずに自分を伸ばしていくことができる。

「親はどうしても苦手なところに着目して、それを克服させようとしてしまいます。でも、そうではなく得意分野を伸ばしたほうが、秀でた能力を持つことができます(グラフ参照)。苦手を克服する教育では、どの力もまんべんなく伸びるものの、学習エネルギーが分散してしまい得意な分野を伸ばすことができません。ぜひ、得意を伸ばす学習方法を家庭で取り入れてほしいと思います」(松村さん)

従来の「苦手を克服する教育」では得意な分野は伸びにくいが、8つの知能を意識した「適切な教育」であれば得意分野も、他の分野も伸びる。「プレジデントFamily2019春号」より。

たとえば、身体的知能が高い子は、教科書を音読したり、算数なら具体物を使って手を動かして考えさせたり、理科も実験をさせると記憶に残りやすくなる。こうした本人が得意とする学習方法をすることで、あまり得意ではないという判定だった論理数学的知能など、他の能力も自然に伸びていくという。

※1 ユニセフ・イノチェンティ研究所が2013に発表した『先進国における子どもの幸福度-日本との比較 特別編集版』より。前回の2007年調査でもオランダが首位だった。

※2 ドイツ発祥で、オランダで広がった教育。3学年ごとの異年齢クラスで学び、授業は個別学習と協働学習が2本柱となっている。学びの選択肢は多彩でオンライン学習をしたり、教科書と問題集で自習したり、グループ学習をしてみたり、いろいろ試す中で、自分が得意な学び方を見つけることが重視されている。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    大阪警官刺傷 子ども移動控えて

    橋下徹

  2. 2

    朝日の信頼度 今年も全国紙最低

    島田範正

  3. 3

    香港デモ 怒り背景に中国不信も

    BLOGOS編集部

  4. 4

    イランが日本船を狙うのは可能か

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    老後2000万円批判は大人の居直り

    AbemaTIMES

  6. 6

    老後2000万円 大本営発表状態に

    大串博志

  7. 7

    宮内庁楽部のNO.2が教え子と不倫

    文春オンライン

  8. 8

    オペレータ職が陥る貧困ループ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報道のWEB有料購読 浸透せず苦境

    ロイター

  10. 10

    私刑実行する正論オジサンの心理

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。