記事

「小学校の修学旅行が教員の都合で中止」はアリか ネットで賛否

子育てや介護中の教員が、泊まり勤務に入るのが難しいとの理由から、ある小学校の修学旅行が廃止になったというツイートが話題になっている。

このツイートに対し、ネット上では教員や、教員を家族に持つ人などからコメントが相次いだ。

明治〜昭和を通じて定着したという修学旅行。時代が移り変わる中、現在の修学旅行を巡る状況はどのように変化しているのだろうか。文部科学省、公益財団法人「日本修学旅行協会」に話を聞いた。

修学旅行は義務ではない

写真AC

文部科学省によると、修学旅行は学習指導要領の中の「遠足・集団宿泊的行事」(小学校)、「旅行・集団宿泊的行事」(中学校)のひとつとして位置づけられている。

⑷ 遠足・集団宿泊的行事  自然の中での集団宿泊活動などの平素と異なる生活環境にあって,見聞 を広め,自然や文化などに親しむとともに,よりよい人間関係を築くなど の集団生活の在り方や公衆道徳などについての体験を積むことができるよ うにすること。 (小学校学習指導要領(平成29年告示)第6章 特別活動 学校行事)

⑷ 旅行・集団宿泊的行事  平素と異なる生活環境にあって,見聞を広め,自然や文化などに親しむと ともに,よりよい人間関係を築くなどの集団生活の在り方や公衆道徳などに ついての体験を積むことができるようにすること。 (中学校学習指導要領(平成29年告示)第5章 特別活動 学校行事)

つまり、要領で規定しているのは『平素と異なる環境で集団生活の体験を詰むこと』だ。文科省の担当者は「いわゆる『修学旅行』を義務付けるものではありません。また、宿泊の有無や行き先なども各自治体や学校の判断によります」と説明する。

日本修学旅行協会の青木正史氏によると、修学旅行のスタイルの変化や多様化する生徒のニーズによって教員の負担増加があるという。

「昔は、学年全体でバスに乗り込み、見学して集団で見学するというスタイルが主流でした。最近では班別の自主行動が増え、スケジュールも事前に班別で計画を立てるという学校が増えています。そういった学校の場合、先生が準備にかける時間も当然、増加しているのではないかと思います。

また、生徒さんの中にもアレルギーで食事の制限がある方も以前より増えました。先生方は食事を取るホテルや飲食店などでメニューを事前確認してアレルギーに合わせた依頼をする必要があります。間違って食べてしまうと命にも関わってくることなので、かなり神経を使うことになると思います」(青木氏)。

一方、生徒にとって親元から離れ自宅とは違う場所に泊まるという非日常の経験はとても大きいものとなる。

青木氏は、「修学旅行は、生徒さんにとって学習効果が非常に大きい、そして思い出に残る最大の行事のひとつです。小学校や中学校で今でも覚えている思い出として修学旅行を上げる大人は多いと思います。

そのため先生方も、『生徒たちのために』と苦労することが分かっていても頑張っていらっしゃるのではないでしょうか」。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  7. 7

    予算委の審議拒否は参院選争点に

    立憲民主党

  8. 8

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  9. 9

    地方嫌う医師 子どもの教育懸念

    舛添要一

  10. 10

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。