記事

農水事務次官に殺された長男「ひきこもり」前夜の苦悩


『高3のクラス写真(高校の卒業アルバムより)』

「事件後に、彼のツイッターを見て驚いた。中学時代の振舞いそのままだったからだ」

 6月1日、元農水事務次官・熊澤英昭容疑者(76)に殺害された、長男・英一郎さんの同級生は、そう学生時代を振り返った。母校は、名門・駒場東邦中学校・高等学校だ。

「父親は、『中学2年生からひきこもっていた』と言うが、そうは感じない。中学の修学旅行など、行事を含め学校には普通に出席していたし、高校でも学園内でたびたび見かけていた。

 彼は中学生当時から、アニメや漫画が好きで、オタクグループに所属していた。グループ内で気の弱そうなやつには、『俺のおやじは、農林水産省ですごく偉いんだぞ』とさんざん自慢する一方で、運動部系の強そうなやつにはペコペコしていて、クラスではかなり浮いていた」

 孤立していた英一郎さん。苦悩の矛先は両親に向かった。

「中学2年のころから始まった家庭内暴力は、最初は母親に向けられ、やがて父親も暴力を受けるようになった」(社会部記者)

 2017年、42歳のころにも、ツイッターに

《中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている》
と投稿している。

 傲慢ぶりが、授業中に垣間見えたことがある。前出の同級生談。

「英語のテストで、空欄で出してバツをつけられた答案用紙に、後から正解を書き加え、『採点ミスだ』と教師に訴えていた。すぐにズルがバレて、ひどく怒られ、まわりは白い眼で見ていた」

 中学卒業のころから成績が落ちはじめた英一郎さんは、名門校を卒業するも、結局定職には就かずに、アニメやゲームの世界にのめり込んでいく。

 親の援助下のひきこもり生活の末、事件が起こったのは、実家に戻った10日ほど後のこと。熊澤容疑者が、行政機関などに相談した形跡はなかったという。

(週刊FLASH 2019年6月25日号)

あわせて読みたい

「元事務次官の長男殺害事件」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「ユニクロ=格好いい」ブランドに 英国ファッション業界で広がる人気

    小林恭子

    09月28日 11:51

  2. 2

    iPhone12 ProMaxからiPhone13 ProMaxに買い替えた結果

    永江一石

    09月27日 14:35

  3. 3

    まだゼロコロナを目指す?行動制限の緩和に消極的な知事らに医師が苦言

    中村ゆきつぐ

    09月28日 08:14

  4. 4

    麻生太郎氏が恐れる「河野家への大政奉還」 総裁選後に麻生派空中分解も

    NEWSポストセブン

    09月28日 09:09

  5. 5

    オンライン授業でレポートの精度が向上 大学准教授が推測する背景とは

    BLOGOS編集部

    09月28日 11:06

  6. 6

    米タイム誌が評価した隈研吾氏の新国立競技場が「負の遺産」に

    渡邉裕二

    09月27日 09:00

  7. 7

    スーパーシティって何だ?

    ヒロ

    09月27日 10:32

  8. 8

    またしても繰り返される新型コロナにまつわる様々な怪現象。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    09月28日 10:58

  9. 9

    小室圭さん 結婚決定で開き直り?会見拒否で眞子さま単独釈明の現実味

    女性自身

    09月28日 09:22

  10. 10

    SDG's がもたらす物価高 先進国でもエネルギー価格が高騰するリスク

    ヒロ

    09月28日 10:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。