記事

鳥越俊太郎氏と佐伯啓思氏が「安楽死」について考えた

鳥越俊太郎さんは4度のがん手術を経験している

佐伯啓思氏には『死と生』などの著作も

 スイスで安楽死を遂げた初の日本人女性(当時50歳)に密着し、最期の瞬間まで映した衝撃の内容だったNHKスペシャル『彼女は安楽死を選んだ』(6月2日放送)は、多くの視聴者の心を揺さぶった。NHKには放送翌日までに約300件もの感想が視聴者から寄せられたという。

【写真】『死と生』などの著作がある佐伯啓思氏

 4度のがん手術を経験した鳥越俊太郎氏(79)は、妻と釘付けになって観たそうだ。

「安楽死を選んだ女性は、言葉に少し障害が出ていましたが、顔もふっくらとして、にこやかで元気そうで、安楽死するにはまだ早いんじゃないのと思いました。頭もしっかりしていて、言葉での意思表示もできて、それで死を選ぶというのは、正直なところビックリした。すごい女性だなと。

 最期の場面で、女性は死の間際も苦しむことなく、2人のお姉さんに見守られながら『幸せだった』と言い残し、スーッと眠るように亡くなった。亡くなるまで30秒くらいで、ああ、こういう最期はいいなあと思いましたね。私ももう79歳で、そんなに長くはありませんからね。一緒に見ていた女房に『俺もこうやって死にたい』と言ったら、何も言わず黙っていました」

 京都大学こころの未来研究センター特任教授で『死と生』などの著作がある佐伯啓思氏(69)にとっても、「番組は衝撃的だった」という。

「この女性のように、自分も死にたいと思った人は非常に多かったのではないでしょうか。私自身も、もし体が動かなくなるような難病になったら、延命治療はせずに積極的な安楽死を望みます。ただ、やっぱり家族や周りの人たちとの間で問題が出てくると思う。近親者の人たちも、あまり自分のエゴで『生きていてもらいたい』と思わずに、自分がその状態になったらどう考えるかという視点に立って、みんなで決断をしていく必要があります。

 安楽死というのは日本でも西洋でも難しい問題です。しかし、それを直視するという姿勢が西洋にはあり、日本の場合はやっかいな問題から目をそらしてしまっている。それはやはり、日本には戦後の『生命至上主義』が根底にあるからで、殺人も自殺も安楽死も全部一緒くたに扱われて、目をそらされているようなところがあります。長生きしたい、寿命を延ばしたいという生命至上主義を見直すことから始めるべきではないでしょうか」

※週刊ポスト2019年6月21日号

あわせて読みたい

「安楽死」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日米共同声明に「台湾」が明記。日本は安全保障・環境問題で「メインプレイヤー」になる時だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月19日 08:14

  2. 2

    「俺はそういう人間だ」オンライン生活についていけないミドル男性は罪なのか

    土屋礼央

    04月19日 09:24

  3. 3

    早稲田政経の入試で数学必須が話題に… “数学不要論”に天才数学者の答えは

    ABEMA TIMES

    04月19日 17:41

  4. 4

    あの騒動から7年…佐村河内守氏、YouTubeで新曲公開「大変ありがたい」

    マイナビニュース

    04月19日 12:39

  5. 5

    ワクチン接種は景気を大きく左右する 接種が遅れる日本は消費回復も鈍いだろう

    野田佳彦

    04月19日 16:19

  6. 6

    ワクチンに関する政府の発信の不安定さ

    大串博志

    04月19日 08:29

  7. 7

    外出自粛の要請に従わない世の中 同調圧力で機能してきた日本のコロナ対策は限界

    緒方 林太郎

    04月19日 11:32

  8. 8

    「仲介手数料ゼロ」に気をつけて!賃貸契約で損しないための交渉術

    中川寛子

    04月19日 09:08

  9. 9

    バイデン政権「移民危機」に復権のチャンスを窺うトランプ派 - 村山祐介

    新潮社フォーサイト

    04月19日 17:35

  10. 10

    ウイグル問題に沈黙する日本企業 “100倍返し”の報復を恐れている

    NEWSポストセブン

    04月19日 14:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。