記事

学者の「上手な説明」が真実とは限らない

1/2

今年4月、東京大学の入学式で社会学者の上野千鶴子氏が述べた祝辞は話題を集めた。そこで上野氏は「女性学」という学問を作り、研究者として社会の不公正と闘ってきたと述べた。なぜ上野氏は学者という「説明屋」に甘んじず、運動家として社会変革を謳ってきたのか。本人に聞いた――。(後編、全2回)

社会学者の上野千鶴子氏(撮影=プレジデント社書籍編集部)

自己責任論が人々の連帯を阻む

東京大学の入学式の祝辞では、18才の子どもにもわかるやさしい言葉でしゃべるようにつとめましたが、学術用語をひとつだけ使いました。「アスピレーションのクーリングダウン(意欲の冷却効果)」です。東大の女子学生比率は2割の壁を超えません。女性たちは、「どうせ女の子だし」「しょせん女の子だから」と水をかけられ足を引っ張られることでくじかれてしまい、本当にやりたいことを選択できなくなるのです。

もし新入生たちが「がんばれば公正に報われる」と思えているのだとしたら、そう思えること自体が、努力の成果ではなく環境のおかげだということを忘れないでと伝えました。

この祝辞に対して、「東大の女子の割合が2割以下なのは女の子たちが自己選択した結果、受験者が増えないだけなのだから問題ない」といった反応がありました。これは「自己決定・自己責任」の論理です。でも、あの短い祝辞の中に、それに対する反論はちゃんと書いてあるんですけどね。

この数十年で、ネオリベラリズム的な「自己決定・自己責任」のメンタリティが浸透したことを強く感じます。だから、その人の不遇や困難は自己責任であるということになってしまう。自己責任がこれだけ定着して強く内面化されると、困難にある人たち同士で連帯できなくなってしまうんですよ。

個人的なことは政治的である

自己責任論のメンタリティを内面化してしまうと、「夫や姑とうまくいかない」「子どもが引きこもりになってしまった」といったことが起きても、自分だけの問題、個人で解決しなければいけない問題だと考えるようになります。だから、自らを責めるだけになってしまって、他人に自分の弱みを見せられないし、助けを求めることもできなくなります。

ただでさえ、人に弱みを見せるのは誰だってイヤなものですし、自分の弱さや惨めさを認めることはもっとつらいです。弱者や被差別者同士だって、連帯できるとは限らない。かえってお互いの細かな差異をチェックして差別し合い、つながって連帯することは難しいものです。

「個人的なことは政治的である」というフェミニズムの考えは、今でも真理です。個人の困難だと思って抱えている問題のほとんどは、社会関係のなかで生まれる問題です。「あなた一人の問題じゃないんだよ」と呼びかけることで連帯できるんです。

女性学は「社会変革」のための学問

具体的には、当事者同士の自助グループを作ることが大事ですね。リブが生まれたころは、コンシャスネスレイジング・グループと言って、女が思いの丈を言い合う場が至るところにできました。「私はこんなことを経験してるんです」って打ち明けると、「私もよ」「ああ、私もよ」って返事がかえってくると、個人だけの問題ではなくなります。どんな種類の問題でも、これが最初の原点です。

この数十年でフェミニズムとともに、自助グループが作られていく動きも広がりました。アルコール依存だって自己責任といえば自己責任ですけれども、自助グループが生まれている。自助グループにもいろいろあって、自己変革だけを目指すグループもあります。フェミニズムは自己変革と社会変革がセットでしたね。

女性学は運動と研究が一体化したものです。アクションなんです。だからこそ、「偏っている」「イデオロギー的だ」などの批判を受けてきたわけですが、これまでの学問だって、「中立・客観」の名の下に、現状維持や既得権を守ってきたジェンダーバイアスのある(男性に偏向した)学問でしょう。女性学は社会変革のための学問、闘う学問です。

優等生が襲われる不安

「自己決定・自己責任」の内面化について、私が教育の現場で個人的に体感したのは、自分を責めるしかなくなった結果、男女問わず自傷系の学生が増えたということでした。東大生は「勝者」のように見られていますが、勝者って強い不安の中にある人たちなんです。

いい成績をとってくれば、親からは「次も必ずいい成績とっておいで」と言われます。競争はずっと継続していて、つねに勝ち続けなければならない。でも次も100点をとれる保証なんてありません。「次もいい成績を」と親に言われ続けることで、子どもは不安感を強くするけれど、そんなことは他人に言わないですよね。

心理学の用語に、自分の中にある攻撃性が外に向かうことを指す、アクティング・アウトという言葉があります。反対に、自分の内側に向けることはアクティング・インといいます。アクティング・アウトは暴行や非行、犯罪などの逸脱行為です。いじめやハラスメントといった、自分の敵意や攻撃性を外側にあるターゲットに向けることです。

逆に、「自己決定・自己責任」のメンタリティにかられて、自分を責めるほかなく自傷に向かうことは、アクティング・インですよね。そして、アクティング・インの究極は自殺です。東大生の自殺率は以前から、全国の大学平均よりも高いことが知られています。優等生とは、強い不安感を持つ人たちなんです。

あわせて読みたい

「上野千鶴子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    東浩紀 ネットで社会完結は幻想

    村上 隆則

  2. 2

    米のコロナ被害が甚大だった事情

    WEDGE Infinity

  3. 3

    吉村知事は野球大会を開催すべき

    赤木智弘

  4. 4

    解除後は出社うんざりな人多数か

    かさこ

  5. 5

    橋下氏 同業者に甘い報道に苦言

    ABEMA TIMES

  6. 6

    SNS誹謗中傷 人命を奪う自覚持て

    たかまつなな

  7. 7

    情報源守る産経に太田がツッコミ

    水島宏明

  8. 8

    TBSが失言 パチンコ団体に謝罪

    木曽崇

  9. 9

    日本人の外貨運用に間違い2つ

    内藤忍

  10. 10

    安倍首相 黒川氏の退職金は減額

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。