記事

相撲とヤクザとの関係、砂かぶり席の有名男性を協会が問題視

1/2
クリーンになれないのか(2010年9月場所での入場口。時事通信フォト)

暴力団との関わりについての会見で、記者に囲まれ、頭を下げる松ケ根親方。(2010年7月、時事通信フォト)

角界は何も変わっていないのか(時事通信フォト)

「大相撲とヤクザ」──長い興行の歴史の中で、両者は密接に結びついてきた。野球賭博や八百長スキャンダルが発覚するたびに、「国技」に相応しくない関係が問題視され、相撲協会は近年、暴力団・反社会的勢力との関係廃絶のアピールに躍起となってきた。しかし、その自浄能力を疑う出来事が起きた。

【写真】暴力団との関係についての謝罪会見

 今年3月に開催された大相撲春場所の会場となったエディオンアリーナ大阪。東西の“砂かぶり”と呼ばれる溜席には、揃いの茶色の陣羽織を着た観客が並ぶ。春場所の興行を支える「東西会」の維持員席だ。そこに“ある男”の姿があったことが、協会内で大問題に発展している──。

「砂かぶりにいたのは、元プロボクサーの渡辺二郎です。タレントの島田紳助が2011年に芸能界引退に追い込まれた際、直接の原因となったのが渡辺を通じた暴力団幹部とのメールのやり取りでした。

 当時の所属事務所の社長は、会見でメールの相手であった渡辺のことを『暴力団関係者』と明言していましたが、その人物が維持員席に陣羽織を着て座っていたのだから、騒ぎになりますよ。協会には一般観戦者からの目撃情報の提供があったといい、東西会のなかでも問題となっています」(若手親方)

 土俵下で陣羽織を着て観戦する「維持員」とは、いわば協会が認めた“公式のタニマチ(支援者)”だ。協会に所定額の寄付を行ない、承認を受けることで、場所中は「維持員席」での立ち合い(観戦)が認められる。

 維持員の団体としては、開催地ごとに東京の「大相撲溜会」、福岡の「福岡溜会」などがあり、大阪では「東西会」がそれにあたる。維持員となるための寄付(維持費)は6年分を一括で支払い、その額は「138万円以上」と定められている(東京のみ、年3場所なので414万円以上)。

「1937年に発足した東西会には維持員席が90席割り当てられているが、入会には会員2名の推薦が必要で、欠員が出ないと入れない。関西財界では一つのステータスになっています。割り当てられるチケットは原則として本人が座るものだが、維持員の責任で自分以外の人を座らせることもできる」(協会関係者)

 専用のチケットにあたる「維持員券」の裏側には、禁止事項として〈暴力団員、その他反社会勢力団体、構成員又はその関係者の利用〉とあり、ルールに反した場合は〈退場または退会処分となる場合があります〉と明記されている。

「今回の問題が関係者の間で大騒ぎになっているのは、渡辺二郎を席に招き入れた維持員が、北の湖・元理事長(故人)の後援会を幹部として支えていた超大物維持員のA氏だからです。東西会の最高幹部でもあり、北の湖理事長時代には協会に大きな貢献があったとして、無料での入場が認められる『木戸御免』などの特別待遇を贈られている人物。

 そのA氏が渡辺二郎を維持員席に座らせたということで、“今までの特別待遇を返上させられた”“協会が厳しい処分に乗り出す”といった情報が錯綜しているのです」(同前)

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者 逮捕直前まで夜遊び

    文春オンライン

  2. 2

    沢尻容疑者 簡易鑑定は「陰性」

    AbemaTIMES

  3. 3

    「夫婦の3組に1組が離婚」は嘘

    石川奈津美

  4. 4

    配信中に滑落死した男性の私生活

    文春オンライン

  5. 5

    前夜祭 ホテル領収書が解明の鍵

    郷原信郎

  6. 6

    米が思いやり予算8700億円を要求

    青山まさゆき

  7. 7

    沢尻容疑者 大麻使用の現場写真

    文春オンライン

  8. 8

    ホテル側に責任転嫁した安倍首相

    大串博志

  9. 9

    大嘗祭の違憲性唱える政党に辟易

    深谷隆司

  10. 10

    票を金銭で買う安倍政権に怒り

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。