記事

「僕も通り魔を計画したことがある」なぜ“普通の子”はモンスターに育ってしまったのか? - 「週刊文春」編集部

「僕は通り魔を計画したことがあるんです。『誰にも見向きされずに朽ち果てていくのは嫌だ。最期に一花咲かせたい』。当時はそういう衝動に駆られていました」

 こう明かすのは、「DVはなおる 続 被害・加害当事者が語る『傷つけない支援』」(ジャパンマシニスト社)に自身の体験談を寄稿するなど、カウンセラーとして活動する中村カズノリ氏(39)だ。

「ひきこもり」は“正体不明のモンスター”か

 5月に起きた2つの衝撃的な事件。最初の事件は5月28日の川崎市登戸の閑静な住宅街で起きた。岩崎隆一容疑者(51)は、登校中の小学生含む20人を殺傷し、自らも命を絶った。他人を巻き添えにする「拡大自殺」の可能性も指摘されている。


5月28日に起きた川崎の殺傷事件。16の救急隊が救援にあたった ©文藝春秋

 そのわずか4日後、元農水事務次官の熊澤英昭容疑者(76)は、息子・英一郎さん(44)の殺害に至った。容疑者は動機について「川崎の殺傷事件を知り、長男が人に危害を加えるかもしれないとも思った」といった供述をしているという。

 共通するのは当事者が、中高年の「ひきこもり」だったことだ。今年3月、内閣府は日本における「中高年のひきこもり」が61万人を超えると発表。この2つの事件をきっかけに「中高年のひきこもり」は大きな注目を集めている。ひきこもりはいつキレるかわからない”正体不明のモンスター”だと受け止める人もいるのではないだろうか。

3年前、通り魔を計画した理由

 中村氏にも“正体不明のモンスター”だった時期があるという。それが冒頭のコメントにある、通り魔を計画したときである。今から約3年前のことだ。

「会社勤めをしていたとき、あまりの激務にストレスで睡眠障害になってしまったことがあるんです。朝起きられないため連絡もできず、月に2、3回は無断欠勤するような状態が続いたので退職することにしました。僕が退職届を提出した人事の担当者が、最後に僕に放った言葉は『思いつめて自殺とかしないでね』でした。その言葉で、なぜかカーッとなって、頭が真っ白になってしまったんです」

 何気ない一言が、当時の中村氏を追い込んだ。

「川崎と練馬の事件の当事者は、かつての僕と同じ」

「俺が死ぬくらいなら殺してやる、と本気で思いました。凶器を買って、待ち伏せして、たくさんの人を巻き込んでやる、と。いま思うと意味不明な思考回路ですよね。でも当時は、とても妥当な考えに思えた。

 僕はひきこもりではありませんでしたが、川崎と練馬の事件の当事者は、かつての僕と同じではないか。そう思って今回、自分の体験をお話ししようと思いました」

 当時の中村氏は他人の言動に対し、すぐにカッとなることも多く、時には自宅の家具を破壊するなど、暴力に訴えることもあった。なぜそうなってしまうのか長らくわからなかったというが、「いま冷静に考えると、私の生育環境が大きく影響しているのだと思います」という。

「父は会社員で母親は専業主婦という一見、普通の家庭に生まれました。しかし、家の中では、父が母に暴力を振るうのが当たり前だったのです。まだ私が2、3歳の頃から、それはとても強く記憶として心に残っている。父が何度も母を張り倒し、母は包丁を持ち出して自殺を図ろうとしたこともあった。そのうち、父の暴力の矛先は私にも向くようになり、母からも暴力を振るわれるようになりました。暴言や威圧、人格否定も日常でした。穏やかな時間もありましたが、いつ暴力をふるわれるかわからないので、家のなかでは常に緊張していました」

「被害者と加害者はいつでも逆転する」

 親の暴力に怯える日々のなかで、中村氏の心には次第に加害者の”芽”が育っていった。 

「暴力に耐えかねて、ある日、私は反撃に出たのです。中学2年生のときだったと思います。初めて父を殴った。しかし、まだ小さい子供が大きな大人に勝てるはずもなく、激昂した父に顔が腫れるまで殴られました。が、あのときこそ、僕が被害者から加害者に転換した瞬間だったと思います」

 練馬の事件で殺害された熊澤英一郎さんもツイッターに《中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている》と投稿している。

 中村氏は「被害者と加害者はいつでも逆転する」と述べる。

「僕が家庭で学んだのは、暴力や脅し、親に逆らってはいけないという『家での役割』を重要視した人間関係だけです。許し、許される関係も、安心できる関係も知りませんでした。だから、相手と体力が逆転するタイミングで、被害者と加害者が入れ替わった。中2のときにはかなわなかったけれど、高校になったら父に力で勝るようになりました。ですが、それまで受けた傷が治った訳ではありません」

 中村氏はその後、長い間、自分の暴力衝動に思い悩むことになった。

「殺してやる」という一念で「無敵の人」状態に

「僕は28歳のときに結婚し、34歳で離婚していますが、元妻と別れたのはモラルハラスメントが原因でした。通り魔殺人を計画した時は36歳で、離婚し両親とも絶縁状態となった後でした。つまり、失うものが何もなかった。あのときは本当の意味で、孤独でした」

 孤独な状態で追い詰められると、「支離滅裂な思考をクリアに巡らせる瞬間がくる」のだという。

「そうなると社会通念や倫理観などはどこかへ行ってしまって、『殺してやる』という一念だけで頭がいっぱいになってしまいました。まったくもって不条理な思考なのですが、あの時はとても正しいことのように思えたのです。世間で言われるところの『無敵の人』状態です」

「黒子のバスケ」脅迫事件から生まれた「無敵の人」

 川崎と練馬の事件の後、「無敵の人」はインターネット上でトレンドワードとなった。この言葉が最初に注目を集めたきっかけは、2014年。約1年にわたって漫画「黒子のバスケ」の作者を脅迫し、逮捕された元被告が、裁判の冒頭意見陳述で述べたこの言葉だった。

〈日本社会はこの「無敵の人」とどう向き合うべきかを真剣に考えるべきです。また「無敵の人」の犯罪者に対する効果的な処罰方法を刑事司法行政は真剣に考えるべきです〉

「無敵の人」とは、「社会との繋がりが希薄で、失うものが何もない人」を指しているという。だが中村氏は、「無敵の人」という概念は、問題の本質を捉えていないと考える。

「『無敵の人』という言葉は、かつての僕のような人の素顔や心の傷を隠してしまいました。あの言葉は正しくない。彼らは家庭や学校、社会からの外圧で“傷つき果てた人”というのが正しいのではないでしょうか。そして事件の当事者たちに限らず、どこにでもいる存在なのだと思います」

カウンセリングで「育ち直し」はできるか

 中村氏自身はDVから脱し、再婚して子宝にも恵まれた。家庭は円満で、暴力衝動に思い悩むことはもうないという。

「僕は、民間のDV加害者・被害者向けのカウンセリングで『育ち直し』をしたんです。特によかったのがグループワークで、DVに悩む家族が、加害者も被害者も一緒に参加していました。そこでのやり取りを、第三者として眺めることで、暴力を抑えられない自分を客観的に振り返ることができた。

 先輩参加者同士の会話を聞けたのもためになりました。『こんな感情の伝え方があるのか』とか、『自分と違う意見を言われた時にはこう反応するのか』とか。また、自分の話を否定されない場で語り、共感してもらうということも傷を癒やす大きな力となりました。そういった体験を積み重ねることで、友人ともいい関係が築けるようになっていきました」

 ある友人は「なんだか昔より付き合いやすくなったね」と言ってくれたという。

「僕は一度どん底に落ちて、藁をもつかむ思いでカウンセリングに行った。落ちるところまで落ちないと、素直に人の話を聞けるようにはならないんですよね。でも、どん底に落ちる前に、取り返しのつかない事件を起こしてしまう場合もある。それを防ぐためにも、かつての僕のような人間たちが助けを求めやすい環境を作っていかなければいけないと思うんです」

 中村氏はきれい事の支援ではなく、自分の経験を赤裸々に話し、カウンセリングに役立てることで、人知れず苦しんでいる多くの人たちを救いたいと考え、今の活動を始めたのだという。 

(「週刊文春」編集部)

あわせて読みたい

「ひきこもり」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。