記事
  • S-MAX

秋吉 健のArcaic Singularity:スマートウォッチとは何者なのか。現時点で抱える課題や問題点から進化すべき方向性について考える【コラム】

1/3

スマートウォッチの現状の課題とその未来について考えてみた!

先月、数年ぶりに腕時計を買いました。昨年春頃に10年以上愛用していた腕時計が壊れて以来、1年ほど手持ちのコレクションから使い回して誤魔化していたものの、やはり仕事で長く使える物が欲しいと一念発起して購入に至ったものが、トップ画像のものです。とは言え、今日は腕時計自慢をしたいわけではありません。

当然、この1年の間にスマートウォッチも検討しました。筋トレやストレッチを趣味の1つにしている身だけに、ヘルスケアデバイスとしてのスマートウォッチもアリなのではないかと。しかしどうしても食指が動きません。スクワットやダンベルトレーニングは好きでも、別に脈拍を計測したり歩数を見て安心したいわけではないからです。

モバイルデバイスやウェアラブルデバイスには常に強い関心を持って取材を行っている筆者が、なぜスマートウォッチにはあまり興味を持てないのか……そんな自問を、この1年間繰り返してきた気がします。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する「Arcaic Singularity」。今回はスマートウォッチの現状と課題、そして未来のスマートウォッチの在るべき姿について考察します。


スマートウォッチに足りないものとは、一体何なのか

■市場規模と人々の意識に温度差を感じるスマートウォッチ

はじめに現在のスマートウォッチ市場の規模や変遷を見てみましょう。

米国ストラテジーアナリティクスが今年2月に公表した市場調査データによれば、2018年10~12月期に世界で出荷されたスマートウォッチは約1820万台で、前年同期比156%と非常に堅調な伸びを示しています。通年でも2018年は約5400万台で前年比154%と同様に堅調で、いずれも過去最高の出荷台数となっています。

市場シェアではAppleが圧倒的首位をキープしているものの、Fitbitやサムスン電子の激しい追い上げによりそのシェア率を急速に落としていることが分かります。Appleの「Apple Watch」が売れなくなったというよりは、その他のスマートウォッチが広く売れ始めたのです。

ヘルスケアやフィットネスに特化したスマートウォッチやスマートバンドを展開するFitbitがシェアを大きく拡大している点から、人々がスマートウォッチに求めているものが健康管理であることが読み取れます。


Fitbitは堅調だったサムスン電子すら追い抜いた



Fitbitのスマートウォッチ「Fitbit ionic」。トレーニング&フィットネス用途に特化した性能が人気を博した
過去記事:第4回ウェアラブルEXPO:フィットネススマートウォッチのハイエンドモデル「Fitbit Ionic」が展示!1月18日発売で、水泳時着用可能な防水性能やGPS内蔵で機能性を向上【レポート】
これだけ堅調な数字が並ぶスマートウォッチですが、日本の市場を見てみるとその数字が示すような盛り上がりや話題をあまり聞きません。もちろん、広く普及し始め当たり前の存在となったから、とも考えられますが、それにしても「静か」過ぎます。

ちなみにスマートフォン(スマホ)の2018年の世界出荷台数は、IDCの調査データによれば約14億2000万台となっており、その数字の差を見れば、いくら市場が拡大しているとは言えスマートウォッチ市場がまだまだ小規模であることが理解できます。



スマホの出荷台数は、2022年には15億7400万台に達すると予測されている

あわせて読みたい

「スマートウォッチ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山本太郎氏が社民党に引導渡す日

    やまもといちろう

  2. 2

    元駐日大使「責任は韓国政府に」

    文春オンライン

  3. 3

    輸出規制めぐり文在寅氏に焦りか

    AbemaTIMES

  4. 4

    人気店の予約が取れないカラクリ

    内藤忍

  5. 5

    韓国で不買運動 ユニクロも打撃

    文春オンライン

  6. 6

    ジャニ圧力は弱腰テレビ局の忖度

    渡邉裕二

  7. 7

    陸上スーパー女子高生なぜ消える

    PRESIDENT Online

  8. 8

    007起用の黒人女性めぐる勘違い

    諌山裕

  9. 9

    高収入の夫 変わらぬ古い価値観

    文春オンライン

  10. 10

    TV局がツイート謝罪で失った信頼

    孝好

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。