記事

和牛、多忙な中でのネタ作り「乗り越えないとアカンなと思う」

1/2

全国ツアー決定に「すごく幸せです」

『M-1グランプリ』で3年連続で準優勝になるなど、漫才界をけん引するお笑いコンビ・和牛。そんな和牛が6月18日から全国ツアー「いま、会いにゆきます ~そして漫才します~」をスタートさせる。

最近ではテレビ等の仕事も増えたことで、「ネタを作る時間は減っている」という。そういった中、舞台に立ち続ける理由や漫才での目標を語った。また、「もっともチケットが取れない芸人」と呼ばれることについて聞くと、ファンに対する思いを明かした。

水田の地元・愛媛県で「こけら落とし公演」

左から水田信二、川西賢志郎

――今年も全国ツアーが開催されます。

川西:皆様のおかげで全国ツアーができるので、ありがたいですし、すごく幸せですね。今後も毎年、ツアーをやっていければと思います。

水田:来てくれるお客さんにまず感謝です。そして会場を貸してくれた方々にも感謝です。和牛のために空けていてくれたんやなと。

川西:いや、空けててくれたというか、空いているところに我々が飛び込んだという形ですよ。でも、愛媛はこけら落としだし、ホンマに空けていてくれたのかもしれへんね(笑)。

――愛媛県伊予市の「IYO夢みらい館」ですね。

水田:伊予市は僕の地元なんですよ。地元の方に感謝です。

川西:そうですね。感謝を忘れたらいかんね。

水田:そのために建てられた建物なんでしょうから、僕らの公演が終わったら、すぐ壊すらしいですけどね。

川西:いや、そんなことないですよ。そんなこと言って大丈夫ですか。「あそこつぶれるんやな」って、誤報が出回ることになりますけど(笑)。

全国ツアータイトル決定の裏側

――ツアータイトルは「いま、会いにゆきます ~そして漫才します~」ですが、川西さんは「タイトルには水田の強い想いが込められております」とお話しされていました。

川西:ツアーについて具体的に話が進みだした時期に、竹内結子さんがご結婚されたんです。相方は僕が出会った当初からずっと「竹内結子さん大好き」って言っていまして。

水田:僕の片思いなんですよ。

川西:よく相方の家でネタ合わせをしていたんですけど、当時竹内結子さんが出演されていた『薔薇のない花屋』を、「見て、このシーンかわいいやろ」って毎回見せられていました(笑)。

水田:ドラマの中で香取慎吾さんが、何年かぶりに会った竹内さんに3回くらい「愛してる」って言うんですよ。それに対して、竹内さんが「もう一生分言うつもり」って。

川西:そのシーンを何回も巻き戻して、5回くらい見せられました。

水田:もう一生分見せるつもりでした(笑)。

――そういった思いもあって、竹内さんが主演された映画『いま、会いにゆきます』からタイトルが決まったんですね。

川西:タイムリーだったので、ツアータイトルを考えていたときに、すぐにこのフレーズが出てきました。

水田:竹内さんには会えなかったので、全国の皆さんに会いに行こうかなと思います。

川西:代わりみたいに言うな(笑)。お客さんで心の穴を埋めてくれと(笑)。

――今年の全国ツアーは、どんな公演になる予定ですか。

川西:2017年は「チャンピオンになるための」と、堅苦しくやるという意図がありました。それを受けて2018年は、「もっとシンプルに楽しんでもらうことの方がいいのかな」と振り切って楽しい方向にしました。今年は「もうちょっとこうしたらいいかな」とコントロールするというよりは、シンプルに「単独ライブを各地でやっていこう」という感覚に近いです。

水田:去年の公演をベースに、漫才の割合が増えるという形ですね。昨年は漫才の本数が少なかったので、今年はちょっと多めにやります。ツアータイトルも「そして漫才します」としてますしね。

和牛が舞台に立ち続ける理由

――和牛さんは「もっともチケットが取れない芸人」と言われることも多いですが、そのことについてはいかがでしょうか。

水田:もうちょっとチケットを作る職人さんの数を増やそうかなと思います。

川西:いや、製造が追いついてないわけじゃないのよ。革製品みたいに言うてるけど。

水田:僕らは紙にもこだわってますから。職人さんが手作りでやってますし、なかなか手に入りくい素材で作ってますので。な?

川西:ちゃうよ(笑)? でも、外れて落ち込んでいる人もいるわけで、本当は見たい人全員に見てほしいという気持ちなんですけどね。

水田:今はありがたいことに忙しいですけど、もうちょっと暇になるまでファンでいてくれたら、もっとライブで回りますので(笑)。

川西:そうそう、「もうちょっと待っといて」という気持ちやね。こういう時期は芸人さんならあるものだと思いますが、今はちょっとバタバタしすぎています。これが落ち着いたら、全国47都道府県に行くくらいのツアーをやりたいという気持ちはずっとあります。

水田:「また来た。この間近くの街に来なかった?」って言われるくらいのね。そのぐらい回れたら、見られないという人もいなくなるだろうし、ちょっと待っていてください。

川西:今できる最大限でやらせてもらっている、というのが正直なところですね。
漫才とテレビの両立「乗り越えないとアカンな」

――確かに近年は、テレビ番組にも数多く出演されていたりと、お忙しいですよね。その中で、漫才のネタを作るお時間はどのくらいありますか。

川西:やっぱり、ネタを作る時間は減っちゃっていると痛感しています。昔は月2本ベースで、単独ライブ用に別のネタを作ったりしていましたが、それに比べると作る本数も減ってますよね。そこに関しては、「乗り越えないとアカンな」とは、自分たちでは思っています。

水田:テレビなどのお仕事もオファーをいただけるからには、なるべく引き受けたいという思いもあります。でも、「舞台の数を犠牲にしないようにしよう」とは、2人で話し合いましたね。

――やはりテレビなどのお仕事をやりつつも、舞台を大事にしたいという思いがあるんですね。

川西:いろんなお仕事がある中で、やっぱり漫才の仕事が僕はシンプルに一番楽しいです。僕らは幸い2人とも、漫才が楽しいと言えているのかなと思います。

水田:実は劇場の人に家族を人質にとられているんですよ。それが正直なところです。

川西:(笑)。愛媛の番組に全員出ていなかったっけ(笑)? 出演の際は解放してくれるのね。連絡もつながらないの?

水田:連絡も夕方6時くらいまでつながらないですね。

川西:それ、仕事してるだけちゃう(笑)?

水田:1万ステージごとに1人家族を返すと言われています。

川西:水田の父母、兄姉だから、4万ステージか。死ぬまでに間に合うかな(笑)?

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  3. 3

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    ピアノめぐり上皇后様に感銘の声

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  6. 6

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  7. 7

    上野千鶴子氏 任命拒否に危機感

    女性自身

  8. 8

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  9. 9

    移動しなくても良い新しい社会

    ヒロ

  10. 10

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。