記事

焦点:一筋縄ではいかない米大統領の弾劾、下院議長も指摘


[5日 ロイター] - 米国大統領が弾劾されたとしても、即座に権力の座から引きずり下ろされるわけではない。米民主党のペロシ下院議長が5日発言したように、簡単に「バイ・バイ・バーディ」とはいかないようだ。

ペロシ下院議長は、共和党のトランプ大統領の弾劾手続きに着手するよう一部の民主党員から圧力を受けている。トランプ氏は先週、弾劾について「卑劣で非常に不快な言葉だ」とコメントしている。

ペロシ下院議長はこれまで、民主党内からの弾劾要求をはねのけており、報道陣ともこの件について話している。

「大半の人々が、弾劾イコール公職を退くことだと思っていることをご存知だろうか」とペロシ議長は記者団に質問を投げかけた。「弾劾されたら、それでおしまいだと思っている。それは間違いだ」

「人々が考えているような目的達成手段ではない、投票して弾劾するだけ、それでおしまい、バイ・バイ・バーディ。でも、そういう風にはいかない」と下院議長は語った。

合衆国憲法は、大統領を弾劾し罷免する権限を連邦議会に与えている。しかし歴史上、上院の弾劾裁判によって罷免された大統領はいない。

現在、下院は民主党が支配しているため、弾劾決議は可能だ。しかしそれが審議される上院は共和党が支配しており、弾劾が可決される可能性は低い。

では、弾劾手続きはどのように行われるのだろうか。

●何を理由に弾劾するのか

米国の建国者たちは大統領職を創設したが、その権力が乱用される恐れがあると考えた。よって、合衆国憲法には弾劾が重要な項目として含まれた。

建国者たちは下院に「弾劾の唯一の権限」を与え、上院に「すべての弾劾を審議する唯一の権限」を与えた。また、上院での弾劾裁判では最高裁長官が判事となる。

憲法によると大統領は、「反逆罪、収賄罪またはその他の重罪および非行」について弾劾される。重罪と非行が具体的に何を指すのかは明らかでない。過去の例を見ると、汚職や訴訟手続きの妨害といった不正行為は含まれる。

下院の民主党員は、ロシアの米大統領選介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査をトランプ氏が妨害しようとした疑惑について調査している。

4月中旬に発表されたモラー特別検察官による編集済みの報告書には、大統領が複数回捜査妨害を試みたことが記されていた。報告書は、大統領が罪を犯したと結論付けることも、潔白を証明することもしなかった。

ペロシ下院議長は5日、「犯した罪について言うならば、大統領が司法を妨害したということは分かっている」と述べた。

●弾劾のプロセス

弾劾の最初のステップは下院から始まる。議論した上で、定数435議席の下院で単純過半数が大統領を訴追することに賛成すれば、「弾劾条項」が可決される。

上院に送付された後は、100人の議員を擁する上院で弾劾裁判が行われる。最高裁長官が判事となり、下院議員が検察の役を担い、上院議員が陪審団となる。大統領に有罪判決を下し、罷免するには、3分の2の賛成が必要だ。史上かつて、この事態が起きたことはない。

1868年のアンドリュー・ジョンソン大統領、1998年のクリントン大統領は下院によって弾劾訴追されたが、2人とも上院で無罪となった。1974年のニクソン大統領は下院で弾劾決議が出る前に辞職した。

●最高裁の介入

トランプ大統領は以前、もし民主党が弾劾を試みるのであれば最高裁で争うとツイッターに投稿している。しかし、上院による有罪判決を国の司法に不服申し立てすることは認められていない。

●証明の基準

通常の刑事裁判では、陪審員は「合理的疑いの余地のない立証」をもって有罪判決を下すよう指示される。これは極めて厳密な基準だ。しかし、弾劾裁判はそれと違い、下院と上院はそれぞれ独自の基準を設けることができる。

1974年に大統領になる前、当時の共和党ジェラルド・フォード副大統領は、「弾劾に値する違反というのは、歴史上の特定の一瞬において下院議員の大半がそう思うことすべてが該当する」と語っている。フォード氏はニクソン大統領の後任となった。

●各党の獲得議席

下院は現在、民主党が235議席、共和党が197議席、空席が3議席となっており、民主党は共和党の助けなしに弾劾訴追を決議することができる。

1998年、共和党が下院を支配していた際には、当時の民主党クリントン大統領を弾劾するための投票が行われ、ほとんどの共和党員は党の意向に従った。

現在、上院は共和党が53議席、民主党が45議席、そしてほとんどの場合民主党寄りの票を投じる無所属が2議席を獲得している。大統領の罷免には67票が必要となるため、民主党と無所属全員に加え、少なくとも20人の共和党議員が弾劾を支持することが必須となる。

●トランプ氏の代わりは?

可能性は低いが、もし上院がトランプ大統領の弾劾を決議した場合、ペンス副大統領が2021年1月20日の任期満了までの期間、大統領を務める。

(Jan Wolfe記者、Richard Cowan記者、Susan Cornwell記者、翻訳:宗えりか、編集:下郡美紀)

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  2. 2

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

  3. 3

    飲み会の2次会 死語になる可能性

    内藤忍

  4. 4

    官邸前ハンスト 警官と押し問答

    田中龍作

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    任命拒否 学者6名に無礼な菅首相

    メディアゴン

  8. 8

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  9. 9

    日当7万円 公務員と比較したのか

    橋下徹

  10. 10

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。