記事

心穏やかに死ぬ権利。「緩和ケア」を社会的弱者の最期に提供する人々の思い

1/2

社会の片隅で生きる人々の最期の時に、「緩和ケア」を提供しようと尽力する医療関係者が増えている。カナダ国内でこうした取り組みをすすめている医師たちに、バンクーバーのストリート誌『Megaphone』が話を聞いた。

路上生活を繰り返していた女性JPの最期

やっとのことでJPは椅子に座った。貧血のため、身体を斜めにして。彼女は死の間際にある。もうしばらく、そんな状態が続いていた。激しい痛みに襲われているものの、騒ぐことはなく、そっとしておいて欲しいようだ。治療されることのなかった乳ガンは悪化し、末期特有の臭いがしている。

緩和ケアの専門家たちは、最期の最期まで患者の「生活の質(QOL)」を落とさないよう尽力する。彼らの目的はシンプルだ。しかし、JPのような困窮者たちには、そこに至るまでに大きな障害が立ちはだかっている。

JPはバンクーバーのシェルター(簡易宿泊所)に現れる以前、少なくとも2年間はホームレス状態にあり、薬物依存症、精神病、双極性障害など複数の症状を発症していた。サレー市(*)の癌センターからは、複数の精神疾患には対応できないと突き離されていた。

*ブリティッシュコロンビア州南西岸に位置する都市。バンクーバー都市圏の一部。

バンクーバーで在宅緩和ケアプログラムの訪問医をしているスーザン・バージェス医師は、総合病院のソーシャルワーカーから連絡を受け、JPを女性向け長期滞在用シェルター「Bridge Housing for Women」に連れて行った。そして、JPは施設内にある「Sue Bujold フロア」(*)に入ることになった。

*貧困状態にある女性の末期ケアに特化したフロア

JPは感染症にもかかっていたのに、バンクーバー総合病院はじめ何度も病院から逃げ出していた。

「医師の助言に従わず、何度も病院から逃げ出していました。きっと、彼女の依存症を治しきってくれなかったからです。結局、シェルターと路上を行ったり来たりの生活をしていました」社会的弱者への緩和ケアに携わって25年になるバージェス医師は言う。

「彼女がシェルターに戻って来たとき、私達は決心しました。もう彼女を病院に送り返さない、そんなことをしても何の助けにもならないと」

スーザン・バージェス医師はバンクーバーコースタルヘルス在宅ホスピス緩和ケアプログラムの巡回医師。Bloom Groupが運営するホスピス「May’s Place」 と「Cottage Hospice」の医師でもある。
写真:Dr. Susan Burgessのご厚意により

そして、JPはここの椅子に座ったというわけだ。社会的には孤立状態だったが、そばには数少ないながら理解者がついていた。やっとのことで。

この時のことを思い出してバージェス医師は言う。

「私たちはただ彼女のそばに座っていました。きつい臭いがする腫瘍を抱えて生きてきた彼女のそばに。鎮痛薬のモルヒネを口から投与すると落ち着き、マットレスに横になりました。それからは通常の緩和ケアを施し、彼女が最期まで心やすらかに過ごせるようサポートしました」

「彼女は落ち着いた状態で息を引き取りました。病院でも救急治療室でもなく、陽の当たるすてきな部屋で」

「統合医療システム」の必要性

彼女が最後を穏やかに迎えられる部屋を用意できて、介護にあたった者たちは運がよかったとバージェス医師は言う。また、ダウンタウン・イーストサイド地区(*)には地域全体を見守る「善意」のようなものがあるのだとも。

*バンクーバー市のなかで薬物問題、ホームレス状態の人が多いとされる貧困エリア

しかし、バージェス医師はじめ緩和ケアの専門家たちは、JPのような人たちには「統合医療システム」が必要と考えている。さまざまな問題を突き止めて処置するのみならず、患者が心地良さを感じられる場所で緩和ケアを施し、十分な時間をかけて信頼を得られるようなシステムだ。

ビクトリア大学看護学部内にある「加齢と生涯健康研究所」のケリ・スタジューハー教授は、カナダの医療システムは不備が多く、いかに社会的弱者が取りこぼされてきたかと述べる。

「ほとんどの人々は『死にゆく人』とすら認識されていません。最期まで緩和ケアの存在を知らされず、大したサポートも受けられず、痛みに耐えながら、公園や安宿など死を迎えるには決してふさわしくない場所で息を引き取ることになるのです。緩和ケアや関連リソースを把握しているサービス提供者と接触できるのはラッキーな人たちだけ...これがカナダの現状です」

トロント市で当分野を率いるのはナヒード・ドサニ医師。2014年、彼は「Inner City Health Associates」とともにホームレスの人々のための緩和ケア巡回プログラム「PEACH」を立ち上げた。2018年4月に開設した「Journey Home Hospice」の院長も務めており、社会的弱者への緩和ケアに関する治療・啓発・研究の「中核拠点」にしたいと考えている。

トロントで緩和ケアに取り組むナヒード・ドサニ医師。「Journey Home Hospice」など社会的弱者への終末期医療で成果を上げている /写真:May Truong

これらの取り組みは高い評価を受けているが、まだまだ理想とはほど遠い状況とドサニ医師は言う。

「残念ながら、私たちが生きる社会では、ホームレス状態やそれに近い状況で最期を迎える人々をサポートする専門チームが必要です。平等な社会で真の医療ケアを構築するのなら、障害があろうが貧困状態であろうが、また、犯罪歴のある人であっても、誰もが平等に緩和ケアを利用できなくてはなりません。現在のプログラムや制度はつぎはぎ状態ですから」

1950年代から変わらないカナダの医療システムの見直しが急務

カナダ国内の緩和ケアは、バンクーバー、トロント、カルガリー・オタワ・ビクトリア州での少数の例を除いて手薄状態にあり、地方ではほぼ存在していない。そして、医療格差の主因は資金配分にある、とこの道30年のスタジューハー教授は言う。

カナダの医療システムは1950年代モデルに基づいており、当時は感染症や労働災害が現在よりはるかに多く、病院・医師・薬剤が優先されるシステムだった。そのため今でも生物医学が重視され、困窮者にとって重要となる医療の「社会的側面」が軽視されている。

「医療の組織も提供体制も、数十年遅れています。誰もがそれを分かっているのに、それを変えようとする勇気がないのです」とスタジューハー教授は言う。

「貧困に起因する問題(食糧の不足、交通・通信手段に欠く等)が放置されているために、貧しい人々が医療サービスを受けられずにいます。社会的対処が不足しているために健康を害してしまう人たちを診ていると、社会政策の格差が人々に与える影響がよく分かり、悲しくなります。なぜベーシックインカム(最低限所得保障)が重要となるのか、住宅供給を優先すべきなのか、全国レベルの薬剤診療が重要なのかをいつも思い知らされます」とドサニ医師も述べる。

ナヒード・ドサニ医師/写真:May Truong

スタジューハー教授は、ホームレスおよびそれに近い状態にある25人を対象とした調査報告書(*)を発表したが、うち13人が調査対象の2年間に亡くなったという。この報告書では、健康の社会的決定要因をより重視し、医療と行政サービスの連携を強化し、コミュニティ内の緩和ケア提供力(基本レベルでも可)を高めること等、多くの提言を行っている。

* 原題『Too Little, Too Late: How we fail vulnerable Canadians as they die and what to do about it』2018年11月発表。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの躍進で連合は無力化か

    田中龍作

  2. 2

    TENGA社員 女性の自慰行為は普通

    AbemaTIMES

  3. 3

    YOSHIKIスカーフ騒動 英で笑いに

    小林恭子

  4. 4

    米大統領 日韓対立の解消支援へ

    ロイター

  5. 5

    ブッフェで食べ残しがダサい理由

    東龍

  6. 6

    落選後に実感「政治は数が全て」

    山田太郎

  7. 7

    米国も懸念示す韓国の北朝鮮支援

    PRESIDENT Online

  8. 8

    「アベやめろ」は単なる選挙妨害

    かさこ

  9. 9

    宮迫博之を干す世論のいじめ行為

    岩田健太郎

  10. 10

    内田樹氏 日本人は対米従属に

    内田樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。