記事

さようなら、そして、ありがとうiTunesーー音楽をデジタル時代へと牽引したAppleの功績

1/2
2000年代の初頭にオンラインミュージックストアを世に送り出したスティーブ・ジョブズ(Paul Sakuma/AP/Shutterstock)

失敗に終わったグリーン・デイの著作権侵害対策CMや、U2によるアルバムの強制配信。まもなく引退を迎えるiTunesの歴史を彩るもっとも印象的なエピソードを振り返る。

iTunesというブランドはもう存在しない。Appleがストアとライブラリが一体になったデジタルメディアを発表してから20年近くが経ったいま、米現地時間6月3日の月曜日に同社が毎年開催している世界中の開発者向けの会議で、今年の秋にiTunesソフトウェアを終了し、代わりに「ミュージック」、「TV」、「ポッドキャスト」の3つの独立したプログラムをリリースすることが発表された。音楽購入などの主要な機能は、そのまま新しい「ミュージック」というアプリに引き継がれる。iTunesというブランドの終わりは、音楽業界の歴史におけるひとつの時代の終幕でもある。iTunesがデジタル ダウンロード時代へと私たちを導いてくれたなかでも、もっとも印象的だったエピソードを振り返ってみよう。

2003年:カラフルで華々しいファンファーレに飾られた革命の幕開け

スティーブ・ジョブズは、2000年代の初頭にオンラインミュージックストアを世に送り出しただけではない。ジョブズは、インターネットで海賊版を手に入れるよりもサステナブルな方法で簡単に音楽を購入することができる、ユーザーフレンドリーなメディアを音楽ファンに提供したのだ。iTunes Music Storeを成功させるため、ジョブズはプロモーションにボブ・ディランなどの著名人を起用した。iTunes Music Storeはジュークボックス、発見の場、レコードショップ(カウンターの後ろからチラチラ監視する店員はいない)をひとつにした存在だった。米タイム誌は2003年にiTunesを「(2003年で)もっともクールな発明品」と絶賛し、iTunesというソフトウェアは、レコードショップ全盛期ほどの利益は見込めないとしても、頼れる相棒のハードウェアであるiPodとともに無法地帯と化したインターネットのせいで死にゆく音楽業界を再活性化できる、と報じた。

リリースの最初の週だけでiTunesは100万というダウンロード件数を記録し、ウォールマートやベストバイなどの大手を退けて音楽小売店としてトップの地位に躍り出た。いたるところで目にした「シルエット」を用いたAppleの美しい広告も、新製品を音楽ファンの心に浸透させるのに一役買った。



2004年:iTunesとPepsiで音楽を守ろうとしたグリーン・デイ

すべてのプロモーション活動が成功したわけではない。2004年にAppleとPepsiはタッグを組み、グリーン・デイによる「I Fought the Law」のカバーとともにスーパーボウルの合間に放送される著作権侵害対策のテレビCMを制作した。莫大な費用がかかったにも関わらず大失敗に終わったこのCMは、失敗したプロモーション活動の代表例だ。違法ダウンロードで訴えられたと思しきティーンエイジャーたちをフィーチャーしたCMは、AppleとPepsiがiTunesを通じて1億曲を無償提供する、と謳った。音楽をダウンロードするための無償コード番号入りのPepsiボトルが予定していたほど広く流通しなかったことも、ただでさえ評判の悪いCMの不人気に拍車をかけた要因のひとつだ。両社が掲げた1億曲のうち、実際ダウンロードされたのはたった500万曲だった。「もっと多くの人がダウンロードすることを期待していました」と当時Appleのコミュニケーション部門の部長を務めていたケイティ・コットン氏はこのように認めた。



2010年:iTunes Pingという名の悪夢

iTunesユーザーは長きにわたって飽和状態のソフトウェアに対して不平をこぼし続けてきた。Appleは、短命に終わった同社のソーシャルネットワークのiTunes Pingに限ってユーザーたちの願いを聞き入れた。同社は、iTunesユーザーがお気に入りのアーティストや音楽を分かち合える場として2010年にiTunes Pingをリリースしたものの、結果的には、人気よりも嘲笑の対象となってしまった。「お客様から『iTunes Pingにたくさんのエネルギーを注ぎたいとは思わない』という意見をいただきました」と同社のCEOを務めるティム・クック氏は2012年に認めている。



あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  3. 3

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  4. 4

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

  6. 6

    アクセル踏み間違い根絶に有効策

    志村建世

  7. 7

    日韓世論で温度差 相手国の印象

    WEDGE Infinity

  8. 8

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  9. 9

    年金不安を煽る金融庁は猛省せよ

    深谷隆司

  10. 10

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。