記事

6月8日(土)ムネオ日記

 一昨日、札幌で2歳児を暴行し衰弱死させたとして、母親とその交際相手が逮捕された。自分のお腹を痛めた最愛の子をどうしてと、強い憤りと腹立たしさで一杯だ。

 更に、またかと思うのは札幌市児童相談所が昨年の秋以降、近所から昼、夜異常な泣き声を聞くと連絡を受けていながら、相も変わらず事務的な対応をし、今回の結果になっている。

 どうしてもっと親身になって行動しなかったのか。北海道警察も110番通報もあり、自宅を再々訪れ、母親、交際相手と会っておきながら、見過ごしている。どう考えても自分の職責を果たしていない、心無いやり方ではないか。

 またしてもあってはならない、してはいけないことで尊い一人の命が失われてしまった。

 今年に入っても心愛(みあ)ちゃんの事件があったばかりである。悲しい非人道的な行為で、尊い命が失われることに、児童虐待、ひきこもりも含めて社会問題として、国民から選ばれた国会議員は、しっかり取り組んで戴きたい。

 それにしても我が故郷・北海道で起きるとは、何という事か。北海道の人は、人がよく思いやりを持った人が多いと言われているが、今回の件は北海道人として、恥ずかしく情けない出来事である。

 厚生労働省が人口動態統計を公表し、昨年生まれた子供の数は、91万8397人で、統計をとってからの1899年以降、最小となった事が明らかになった。政府は少子化対策を進めているが、うまく噛み合っていない。

 かつては結婚すると女性は家の事に専念する人が多く、子供の躾(しつけ)、家庭教育がなされてきた。

 時代が進み、女性の社会進出、男女共同参画等、女性の活動が広がっていく事に伴い、子育てと仕事の両立が難しくなったり、経済的な面、産み育てる環境、条件など、さまざまな問題もでてきた。

 その結果が出生数に表れていると思うが、大人の責任、道徳観、文化など、さまざまな視点も入れての施策づくりが、これから必要ではないかと思うのだが、読者の皆さんはいかがお考えだろうか。

あわせて読みたい

「児童虐待」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都の感染急増 表面だけ報じるな

    青山まさゆき

  2. 2

    関西のテレビが東京と違うワケ

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    綾瀬はるか交際報道 相手は憔悴

    女性自身

  4. 4

    山本太郎氏は独自路線を自重せよ

    猪野 亨

  5. 5

    医師が「コロナ慢性感染」の仮説

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    木下優樹菜が引退 事務所の証言

    文春オンライン

  7. 7

    低所得者層の支持率高い小池知事

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    自民党内「国賓中止はやり過ぎ」

    赤池 まさあき

  9. 9

    投票率上げる活動に感じた虚無感

    たかまつなな

  10. 10

    738票届かず 小野氏は供託金没収

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。