記事

ブラック企業で酷使される人々「22時退社で早上がり」「毎日4時間サービス残業」

ブラック企業で酷使される人々
ブラック企業で酷使される人々

ブラック企業には定時や残業の概念がなく、従業員を働かせ続けるケースが多い。長時間労働は働く人の心身をむしばんでいく。キャリコネニュース読者から寄せられた「ブラック企業で働いた苦しみ」をご紹介する。

技術職として働く40代男性は、休みが1か月半ないのは当たり前だった。1週間のうち3日は徹夜をしており、車の中で寝泊まりすることもあったという。

「自分の寝る間を惜しんで、他の従業員が犯したミスやクレームへの対応をしていました。ミスをした本人も社長も逃げるだけで、しまいには逆ギレですよ」

夏期休暇は消化できないルールがあるため「休暇届を提出して出勤しています」

管理・事務職の40代男性は、定時になるとタイムカードを打刻し、サービス残業をしている。

「仕事量が多いので、残業しても追いつかない分は休日に出勤して対応します。自宅に持ち帰って仕事をすることもあります」

また、夏季休暇は消化できないというルールがあるため、「休暇届を提出して出勤しています」と男性は不満を漏らす。

営業職の30代男性の元勤務先では長時間労働が常態化しており、「22時に退社すると早上がりの感覚だった」という。毎週月曜日に行われるミーティングでは上司から詰められていた。月初は通常よりも「さらに詰められた」といい、ノルマ達成の圧力をかけられていた。

ノルマ未達なら、反省文+朝5時スタートの朝礼に強制参加

技術の40代男性は、かつて営業職として働いていた際、毎日平均4時間のサービス残業が当たり前だったという。

「営業目標が未達なら、反省文に加えて、朝5時スタートの朝礼に強制参加を求められました。朝礼後は通常業務でした」

営業職の40代男性は、3日以上の徹夜も当たり前だった。それだけ働いても残業代も深夜手当もない。男性は、

「『社員を家族のように大切にする』みたいなことを社外にはアピールしているのに、やっていることは真逆。社員は社畜としか思っていませんでした」

と憤る。

ほかには、

「20時から深夜1時まで仕事が当たり前。残業代なしです」(販売・サービス、50代男性)
「休日に出勤させられます。 残業代・ボーナスはありません。 日常的なパワハラや猛烈な叱責もあります」(販売・サービス、40代男性)

などのエピソードが寄せられた。

キャリコネニュースでは「ブラック企業経験談」のほか、「働き方改革の弊害」「ありえない新人エピソード」も募集しています。

あわせて読みたい

「ブラック企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。