記事

年金について、政府は正直であるべき

老後に備えて2000万円貯蓄すべし、として問題となっている金融庁の報告書。

今日、麻生大臣は、「『不足している』という表現が不適切だった、豊かな老後を暮らすためにはこれだけ必要と表現するべきだった」という説明を行いました。

私はまさに、このような政府の「大丈夫だ」というごまかしの説明自体が問題なのだと思います。「100年安心の年金」と言っておきながら、実態はそうではない、言葉でごまかしているだけということと全く同じです。

国民はみな、今の年金制度だけでは老後は暮らせないのではないかと「正しく」理解しています。金融庁の報告書について、「実態はそんなものだ」とうなずく方もいらっしゃいます。それを政府がごまかして、隠そうとすることが問題なのです。

年金制度は十分ではない、その現実に政府は正面から向き合うべきです。ましていわんや、5年に一度の年金財政検証の結果を、参院選後まで出さないで隠そうとすることなどもってのほか。

政府は正直であるべきです。

あわせて読みたい

「年金」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    アイリスオーヤマ製TVの凄さとは

    WEDGE Infinity

  2. 2

    ヌード講座判決 賠償命令の背景

    町村泰貴

  3. 3

    堀江氏「桜疑惑は些末な問題」

    ABEMA TIMES

  4. 4

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  5. 5

    音喜多氏がみた辻元議員のズルさ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  7. 7

    岩田健太郎医師のGoTo批判に疑問

    かさこ

  8. 8

    フォロワー160万人 AV女優の戦略

    NEWSポストセブン

  9. 9

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  10. 10

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。