記事

「仕事のパフォーマンスが落ちるようなものはどんどん変えて行けばいい」柴田阿弥、パンプス・ヒールをめぐる「#KuToo」議論にコメント


 「職場でのパンプス・ヒールのある靴の着用を強制しないで」。そんな声を集めた、およそ1万8000人分の署名が3日、厚生労働省に提出された。キャンペーンのハッシュタグは「靴」「苦痛」「#MeToo」をかけあわせた「#KuToo」だ。

 始めたのは、女優でライターの石川優実さん。取材に対し、「根本に性差別があるということ。私たちって我慢しろ、我慢しろと昔から多分思い込まされてきたので、まずここで不当な扱いを受けているんだということに気付くこと、気付いて怒ることがすごく重要なのかなと思う」と語る。


 パンプスは甲の部分が広く開いており、紐・留金などがないもの、また、ハイヒールは一般につま先よりかかとが7cm以上高い靴のことを指す。いずれも「きれいに見える」「仕事上のマナー」「職場の雰囲気」といった理由から、販売員(アパレル、百貨店、宝飾など)、キャビンアテンダント(機内業務はローヒール、機外はパンプス)、冠婚葬祭関連、受付・案内業務(派遣元が推奨するケースも)、営業などの仕事現場で着用が求められることが多い。その一方、動きづらい上に足に負担がかかって痛みを伴う他、長時間の着用の結果、外反母趾になる危険性も指摘されてきた。


 署名の提出を受け、5日、国会でもこの問題が議論された。立憲民主党の尾辻かな子衆議院議員が「職場の中でハイヒール・パンプスが必須で義務付けられていることについて、また今回このような要望書が出されたことに対する大臣の受け止め、さらに今後の対応についてもお聞きしたい」と質問。

 これに対し根本匠厚生労働大臣は「これは社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと、この辺なんだろうと思います。それぞれの業務の特性がありますから。足をケガした労働者に必要もなく着用を強制する場合はパワハラに該当しうると考えております」、高階恵美子厚生労働副大臣も「みなで環境整備をしていくというのが職場の考え方だろうというふうに思いますので、強制されるものではないのだろうというふうに思います」と、いずれも"強制は良くない"という趣旨の答弁を行った。


 この問題をめぐって、ネット上には賛意を示す声もある一方、「こうなってくると、男性の革靴、ネクタイ、スーツもいらなくね?」「私もヒール苦手なので気持ちは分かるけど、TPO次第かと」「会社で解決する問題じゃない?国に求めること?」「この問題が“性差別”なの?よくわからん」「キャンペーンに安易に乗ってるようで違和感」など、様々な意見が投稿されている。

 慶應義塾大学特任准教授の若新雄純氏は「大学生の時、いつもハイヒールを履いてくる友達がいた。"辛そうなのに、なんで履いてくるの?"と聞いたら、"これは女性が社会進出した証だと思っているから、辛くても気を緩めたくない。これで身を引き締めているんだ"と話していた。

つまり、我慢してでもこれ着ている、というのが働く人の精神を支えてきたと思う。農業中心の時代から工業の時代になり、会社、オフィス、社交が生まれてきたこととで、見た目重視、雰囲気重視のようなものが出てきたんだと思う。

だからパンプスやヒールにしてもそうだし、男性のスーツ、革靴、カバンにしても、実用性というより、"なんとなくきれいで安心感があるから"という理由で使われているのだろう。それらを我慢して使うところに社会人の覚悟やステータスがあるんだ、という雰囲気があった。それが、"僕らにとって本当にそれでいいの?"という視点で語られるようになってきた、時代の変わり目だ」と分析。


 週刊東洋経済の山田俊浩編集長は「かつてヨーロッパの社交界で女性は辛いコルセットが当たり前だった。日本でも帯で締めるのが当たり前だった。しかし時代が経つにつれ、そういうことから解放されていった。そこでなぜ足元だけが未だに厳しいものを強制されているのかという素朴な疑問がある。

かつて中国で行われていた纏足のように、女性は足が小さい方がいいんだという名残りのようなものだろうか。つま先が広がった"パンプス風"の靴もあるし、もっと履きやすいものも許していかないとまずいと思う。

ただ、こうやって本質的な議論をすることで、履きたい人は履いていいしと、どんどん分解されていくことが大事だと思う。男性でも、うるさい人は"リュックを背負うな""革靴はゴム底を革底にしろ"という人もいるが、格好はどんどんゆるくなっていると思うので。女性も当然そうあるべきだ」と指摘した。


 外反母趾だというフリーアナウンサーの柴田阿弥は「パンプスやヒールは歩きにくいし、私にとってはスタジオを歩くだけでも厳しいくらい。ましてこれが長時間になれば腰も痛くなるだろうし、毎日というのは苦しいだろうと思う。地元の友達から、黒めのローファーみたいな靴を履いて行ったら、"なにそのだらしない足元"って言われたという話を聞いた。まだまだ世の中の目線が変わっていない部分があると思う。仕事でスーツを着た時、首元が苦しかった。仕事のパフォーマンスが落ちるようなものはどんどん変えて行けばいいのではないか」と話していた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中

あわせて読みたい

「性差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  4. 4

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  5. 5

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  6. 6

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  7. 7

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    嵐の公式LINEペナルティで消滅?

    NEWSポストセブン

  10. 10

    又吉直樹の新作に直木賞作家驚き

    BLOGOS編集部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。