記事

インターネット炎上鎮火マニュアル2019

1/2
[画像をブログで見る]

ちなみに炎上鎮火なんて言う商売はしていませんが、知り合いの社長に頼まれて対応したのは過去に4件ほどしかありません。

私も別に炎上を回避させる専門家ではありませんので、はっきりとした解決方法とまでは言いません。
ただ、もしもの時の対応に参考になればと思います。

まずはやってはいけないけ事

  • たとえ事実でも、証明できない事は言及しない
  • 法律上クリアしていないなら言及しない
  • 法律上クリアしている事をアピールしてはならない
まず炎上とは、対個人との戦いではありません。また、世論との戦いですらありません。
炎上してしまっている以上、もはや世論との「調整」になります。

実態が無い相手と戦って勝てるわけがないので、あくまでも「調整」が最終的なゴールとなります。
その中で、最もやってはいけない悪手、それが上記の3つです。

特にこの3つに関しては、弁護士に相談した企業がすぐにやりがちな対応と呼ばれており、やればさらに炎上します。炎上すると、どうしてもそれを鎮火しようとついつい言葉が出てしまいます。

炎上させている世論は感情の塊です。

そして人間とは感情の生き物なので、感情でこられるとどうしても感情的になってついつい反応してしまうのです。
これは心理学ではなく生物学の問題なので(サイモンシネックのゴールデンサークル参照)炎上すると我慢できず言葉を発してしまうのですが、これが炎上を大炎上させる一番の悪手である事をまず、炎上する前に頭に叩き込んでおいてください。

その上で上記3つを注意してください。

1)たとえ事実でも証明できない事は言及してはならない


例えば社内で社長がセクハラをしている恐れがありますと、なにかが原因で外部に漏れて、世論が炎上してしまったとします。

しかし、社長は完全に白。
全くもってそのような事実は無いとします。

つまり、「セクハラをしていないという事実」は間違いないと社長は断言できますよね。
ところが、セクハラをしていない事実を言葉だけで証明する事は出来ません。不可能に近いです。

いくらしていないといっても、たとえやっていないという事実であっても、証明できないことに対して言及すると、激しく炎上します。

なので、証明出来ない事を公開するくらいなら黙りましょう。

2)法律上クリアしていないなら言及しない


会社の中では、パワハラ、セクハラ、サビ残等、日常的に行われている違法行為というのが驚くほど沢山あります。
ありすぎて日常化しているため、それを常識とまで考えている社長も沢山います。
例えば2019年から有給を5日以上取らせる事が義務化されましたが、そんなこと知りませんという社長もまだいます。

もちろん100時間超え残業もそうですし、サービス残業なんてこのご時世いい炎上ネタです。
残業させないと仕事が回らず給料が払えない、残業代なんて払ってられないと言う社長は本当に多いんですけど、よく考えて欲しいのです。その会社は違法行為をしないと会社が回らないって言っているのと同じなので、オレオレ詐欺をしているどこぞの反社会性力と一緒です。

日常化し過ぎていて当たり前になっていて、社員も文句いわないで働いてくれるので問題ないと思っている会社は多いので、まずその当たり前が、法に触れていないかをしっかり専門家に確認してもらうべきです。

とある労働基準法の説明会で、一人の社長が「うちはまだ労働基準法を取り入れていないので、残業代も払っていないし、休日も働かせているが、労働基準法を入れるメリットとは何か?」と普通に質問していたのを今でも覚えています。世の中そんな社長、多いのではと思っている。

まずは法を最低限クリアしている事。
これがクリアできていない場合は、その後何をしようが、何を言おうが、大炎上は確定。もはや立ち直る事はできないまで燃えるでしょう。

そんな時は3ヶ月黙る他ないです。その間社内で当たり前のように横行している違法行為を見直し、調整しましょう。
言及はそれからです。

3)法律上クリアしている事をアピールしてはならない


炎上すると、
「法律上クリアしているので何の問題もない(ドヤァ」
と、あえて公式Webページへ身の潔白を記載する会社は多いのですが、残念ながらこれは大変な悪手です。

そもそも、法をクリアしているのは当たり前なので、そんな当たり前のことをわざわざアピールする必要はありません。
それをアピールするくらいなら黙りましょう。炎上しているときに大事なのは、「やってはいけない事をするくらいならまず黙る事」です。

炎上している時、世論は法律なんて全く知らない人の方が多いし、何なら違法行為でもない事で炎上することの方が多いです。

つまり、法が問題で炎上するよりも
「企業としてのあり方」
「社員の扱い」
この2点で炎上することの方が多いわけです。

なので法をクリアしている事は大前提ですが、クリアしているから大丈夫と言う事ではないのです。

あわせて読みたい

「炎上」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    選挙で敗け続けるリベラルの弱点

    BLOGOS編集部

  3. 3

    宮迫の闇営業弁明に関係者「嘘」

    SmartFLASH

  4. 4

    老後2000万円問題は存在しない

    吊られた男

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    米女優 脅迫にヌード公開で反撃

    女性自身

  7. 7

    タピオカブームはヤクザの資金源

    NEWSポストセブン

  8. 8

    噛む力失う? 歯列矯正に潜む危険

    幻冬舎plus

  9. 9

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    2000万円貯金して個人消費は無理

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。