記事

"かわいい子には旅をさせよ"の本当の理由

1/2

これからの社会では問題定義と課題発見能力を高めていく必要がある。明治大学の小笠原泰教授は「そのためには子供のころから、海外旅行などいろいろな社会と触れる経験をさせて、常識を考え直させることが重要だ」と指摘する――。

※本稿は、小笠原泰『わが子を「居心地の悪い場所」に送り出せ 時代に先駆け多様なキャリアから学んだ「体験的サバイバル戦略」』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

「点取りゲーム」に勝てば人生が確約された

昨今、予備校や塾には、「勉強の内容」ではなく、「勉強のやり方」を教えることが一層求められています。点取り競争という非常に単純な競争(ゲームというべきかもしれません)において、その最終目的は、東京大学を筆頭とする偏差値のより高い大学に合格することです。

※写真はイメージです。(写真=iStock.com/amriphoto)

これまでは有名大学に入学できさえすれば、その後の卒業と、一流大企業への終身雇用での就職(正確には、就社)が確約されていました。つまり、偏差値の高い大学に入学すれば、その時点で、人生一丁上がりの時代であったので、試験の点取り合戦で、いかに効率的に点数を上げるかのテクニックに、学生、親や受験産業の目が行ったのは道理でしょう。

しかし、「加速化する技術革新と融合したグローバル化」が進む中で、「こうしておけば安心」の前提である終身雇用と年功序列を維持することは難しくなり、社会における「正解」は何かが分からなくなりつつあるのです。グローバル化する今後の社会を生き抜いていく上で、学生や若い社会人は、社会に染みついたテクニック、ハウツー志向から決別をしなければなりません。理由は、大きく2つあります。

考えずに答えを暗記してしまう日本の教育

1つ目は、「一つの正解がある」時代は終わったということです。仮に正解が存在し、それが1つであれば、それに行きつく解法のパターンを、より多く頭に入れた方が正解率を上げられます。しかし、それは考えた上で手に入れたものではなく、解法パターンの暗記です。

実社会には正解はないと言いましたが、もし正解があるとしても、重要なことは正解を「知る」ことではなく、正解の背後に何があるのかを「考える」ことにあります。しかし、日本の教育は正解を知るためのテクニックやハウツーに走り、そもそも何を問題として捉え、何に対する正解を探求すべきなのか、正解の背後に何があるのかをないがしろにします。ここに、日本の教育の大きな問題があるのです。

日本社会にとってもう1つ厄介なことは、日本社会のお家芸とも言えるプロセス遂行偏重の傾向です。この傾向は、モノづくりに始まり、日本社会の隅々で見受けられます。この観点で考えると、一つの正解に至る最も効率的な方法、ツボとコツであるテクニックも、自明な目標を達成する上での速くて容易と思われるやり方であるハウツーも、ともにプロセスであり、日本人は、このプロセスを粛々と磨いています。正解はさて置いて、テクニックやハウツーというプロセスを磨くこと自体に注力してしまうのです。

実社会のように、正解が一つではなく、目的が自明でない状況では、何のためのプロセス遂行かわからないという本末転倒な事態となります。そして、プロセス遂行が目的化しているので、環境の変化が激しくなると、現実からどんどん乖離していくことになります。

日本人のTOEICスコアは当てにならない

2つ目の問題は、TOEIC Listening & Reading Test(TOEIC L&R)などに象徴されるのですが、点数と実力が一致しないという問題です。つまり、(TOEIC L&R)の点数が高くても、英語でのコミュニケーションは大してできないことです。

これは、今に始まったことではありません。筆者は、30年近く前のアメリカの大学院への留学中に、経営大学院の入学審査に係わっていましたが、当時すでに、日本人のTOEFL(当時は紙ベースのPBT)の点数は当てにならないというのが審査に加わるアメリカ人の間での共通認識でした。

勤務先の企業からTOEICの点数を取れと言われるため、規定の点数さえ取れれば良いということで、出題パターンを研究し、例えば選択肢の中から、初めから除外するべきものをすぐに見分けるテクニックなど、英語力を獲得するという本質とは異なる方向に意識が向いていきます。

そもそも、テクニックやハウツーを獲得することは受動的です。環境が絶えず変化し、常識が常に塗り替わっていくグローバル化する社会に求められるのは、能動的に動く姿勢なのです。能動的に動くとは、不確実な環境の中で工夫をし、試行錯誤を繰り返して、失敗を通して新たな発見をすることです。間違いを通して、自ら解答を発見することからしか、人間は本当の意味で成長することはできないと思います。

実際、失敗することは重要なのですが、テクニックやハウツーは、工夫、試行錯誤、失敗は回り道であり非効率的として排除します。自分の目で見て、自分の頭で考え、そして失敗し、間違いに気づいて再度試みる自由を確保する重要性を理解し、その自由を確保するために考え、行動する必要があるのです。

詰め込み教育では「課題の発見」ができない

グローバル化する社会では、問題解決能力が求められますが、それ以上に課題を発見する力が求められるようになります。問題解決能力とは、問題の現象に着目して定義し、課題を発見(抽出して、定義)し、その課題を解決して、問題現象を解消する一連の流れのことですが、実際は課題の発見と定義が鍵で、実はこれが難しいのです。もちろん、問題の定義も重要です。

なぜなら、それ次第で、得られる解決策の境界も自動的に設定されるからです。境界の外の解決策を見いだすことはできませんから、問題の定義が間違っていれば、解決につながる課題も見当違いとなりますし、他人と同じような定義では、差別化にはなりません。

「今現在進行するデジタル・テクノロジー革新に主導されるグローバル化」という常に常識が塗り変わり変化し続ける現在進行形の環境の下では、これまでのように知識をいくら詰め込んでも、問題定義や課題発見の能力は上がりません。

これまでの日本の詰め込み教育における知識とは、そのほとんどが、現在の教育システムが正解として与える、常識となる固定的な物事の情報の編集された束や体系と整理された枠組みや理論体系であり、評価される学習能力とは、それを批判的かつ連関的に理解しようとすることなく、ただ点数を取るために、平板に個別的に暗記される静的で受動的なモノです。

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  2. 2

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  3. 3

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  4. 4

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  5. 5

    立民議員 ホテル側の説明に期待

    大串博志

  6. 6

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  7. 7

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  9. 9

    沢尻逮捕に医師「作品は別では」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    京急に「たぴおおおか駅」が爆誕

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。