記事

35歳以上の転職で有利に働く教養は何か

2/2

資格を取るより財務3表を読めるようになるべし

何度も言いますが資格の有無で転職が決まるわけではないので、事務職であれば特別な資格はありません。わざわざ時間とお金をかけて当たり障りない資格を取るくらいなら、僕は財務3表(PL、BS、CS)の読み方を勉強したほうが、転職にはずっと役に立つと思います。

財務や経理セクションでの転職を希望していなくても、ビジネスパーソンとして必要最低限なアカウンティング=会計に関する知識は身につけておくべきです。

むしろ、決算書が読めない、財務諸表が理解できないようでは、35歳を過ぎてからの転職は難しいとも言えるでしょう。なぜなら35歳以上ともなると、管理職として経営的視点を持って業務を推し進めることが求められたり、企業戦略や新たなビジネスモデルの構築を任されたりすることが多くなるからです。会計の基礎的知識が備わっているかいないかで、キャリアに大きな差が出てしまうと言っても過言ではありません。

簿記検定2級以上の勉強がおすすめ

会計のことは全くわからず、何から学べばよいのか検討もつかないという人には、手軽にはじめられる簿記検定の勉強をおすすめします。簿記を学ぶことによって、財務諸表を分析できるスキルが身に付き、企業活動とお金の流れが理解できるようになります。2級以上を目指して勉強していけば、ビジネスに必要な会計知識は十分に身に付くはずです。その結果として履歴書の資格欄に「簿記2級取得」と明記できるようになると、転職活動の結果も多少は変わってくるかもしれません。

とはいえ、資格の勉強を続けられる人はいいのですが、だいたいが挫折してしまうので、気になる会社について見てみるだけでも良いと思います。まずは自分が興味のある会社の決算資料を読んでみましょう。決算資料は個人投資家にもわかるように書いてありますので、不明な点も解説されていることが多いです。わからない点は、検索して調べてみることが大事。例えばソフトバンクは孫さんが動画でも話してくれています。まずは親しみやすいものから理解を深め、有価証券報告書なども読み進めてみてください。

財務諸表や決算資料を読み解く力は、転職活動そのものに役立つこともあります。これらが理解できれば、人気や知名度に左右されることなく客観的な指標で企業を見ることが可能になり、より優れた会社を選びぬくことができるでしょう。

高野 秀敏(たかの・ひでとし)
キープレイヤーズ代表取締役
新卒でインテリジェンスへ入社。その後、2005年にキープレイヤーズを設立し、人材エージェントとして30社以上の社外役員・アドバイザー・エンジェル投資を国内、シリコンバレー、バングラデシュで実行。3000名以上の経営者の相談と、1万名以上の個人のキャリアカウンセリングを行う。マネージャーとして、キャリアコンサルタントチームを運営・教育。人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。学校や学生団体での講演回数100回以上。

(キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 構成=福田 彩 写真=iStock.com)

あわせて読みたい

「転職」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安藤美姫が指導者にならない事情

    文春オンライン

  2. 2

    緊急事態宣言 段階的解除で調整

    ロイター

  3. 3

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  4. 4

    自民議員 病院名の公表に危機感

    船田元

  5. 5

    家事両立ムリ? テレワークの弊害

    常見陽平

  6. 6

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  7. 7

    原監督と溝? 桑田氏G復帰に驚き

    WEDGE Infinity

  8. 8

    Kokiの大胆写真にキムタクは複雑

    文春オンライン

  9. 9

    絶望する今の日本を歓迎する人々

    NEWSポストセブン

  10. 10

    坂上忍に批判殺到「二枚舌だ」

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。