記事

韓国メディアからも、この局面でそんな反日的な内容の社説で大丈夫なのかと心配される朝日新聞

現在の日韓関係が最悪の冷え込んだ状況になったのは、その原因が韓国側の無策にあったことは。韓国の保守系メディアも繰り返し認めているところです。

「韓国政府は8カ月間、日本の対話の呼びかけに一切応じなかった」のに、急に会わせろといっても「会っても日本が「これからは仲良くしよう」と言うと思うだろうか(そんな甘いわけないだろう)」との分析の韓国中央日報記事から。

ところがこれが外交ではまったく違う状況だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の顔色を見ながら「これは違う」と思ったら身じろぎもしない。そして放置する。対日外交から見てみよう、昨年の強制徴用大法院判決以降、韓国政府は8カ月間、日本の対話の呼びかけに一切応じなかった。何かそれなりのビジョンと所信でもあるからだと思っていた。

ところが今になって米国と世論の圧迫を受けて、あたふたと20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で韓日首脳会談をしようと駆け寄る。会っても日本が「これからは仲良くしよう」と言うと思うだろうか。時機というものがある。それでこそ交渉力も出る。日本は航空母艦と同じだ。方向を定めるまでに時間はかかるが、一度方向を決めたら恐ろしいくらい突進する。

【時視各角】「コリアファースト」外交 より
https://japanese.joins.com/article/131/254131.html

「日本は航空母艦と同じだ。方向を定めるまでに時間はかかるが、一度方向を決めたら恐ろしいくらい突進する」と日本の覚悟を警戒しています。

韓国メディアとしては珍しく現状分析としてはまあ正しいです。

さて。

6日付け朝日新聞社説は呆れるばかりの異常な内容です。

(社説)日韓の摩擦 首脳間で打開の糸口を
https://www.asahi.com/articles/DA3S14044967.html?iref=editorial_backnumber

社説は冒頭から、日韓関係の現状を「相手が折れるまで会わないというのでは、あまりに雅量を欠く」と批判します。

 問題が深刻だからこそ、首脳と会って打開を探るべきだ。相手が折れるまで会わないというのでは、あまりに雅量を欠く。

もちろん朝日の批判の対象は「安倍首相による韓国への姿勢」だと明かして続きます。

 安倍首相による韓国への姿勢である。大阪で今月末にG20首脳会議が開かれるが、その際に来日する文在寅(ムンジェイン)大統領との会談がいまだ設定されていない。

 異例となる見送りの可能性も取りざたされる。韓国側の要請に対し、日本側が難色を示している。徴用工問題での進展が見込めないなどの理由だ。

ここで朝日社説はアクロバティックな非論理的な組立てで安倍批判を展開させるのです。

確かに韓国は「半年以上が過ぎても明らかにしていない」つまり本件で日本を無視しているのですが、「いまのような態度では、慰安婦問題の進展を首脳会談の条件とした朴槿恵(パククネ)・前政権とそっくり」だと実に奇妙な安倍批判を展開させるのです。

 徴用工問題では韓国の大法院(最高裁)が昨年秋、従来の韓国政府の見解と異なる判断を示し、日本企業に賠償を命じた。以来、文政権は対応を検討中としてきたが、半年以上が過ぎても明らかにしていない。

 だが、それを理由に首脳会談に応じないというのでは、逆に日本政府がこれまで主張してきた考え方と矛盾する。

 日本側はこれまでの日韓関係をめぐる交渉のなかで、すぐには解決できない歴史問題については他の課題と切り離すべきだと訴えてきた。

 いまのような態度では、慰安婦問題の進展を首脳会談の条件とした朴槿恵(パククネ)・前政権とそっくりではないか。

社説は後半、ようやく安倍批判から「一方で韓国政府も、なぜここまで厳しい状況になったのか、冷静に自省すべき」と韓国の自省を求めています。

 一方で韓国政府も、なぜここまで厳しい状況になったのか、冷静に自省すべきだ。

 文政権は、北朝鮮との関係改善を最優先に取り組んでいる。そちらに没頭するあまり、対日政策をおろそかにしたツケが回ってきた――そんな論調が韓国内で出始めている。

社説は最後に再び、安倍首相に「朝鮮半島政策に取り組む本気度が疑われる」と注文を付けて結ばれています。

 日韓は先月の外相に続き、今月は防衛相同士がシンガポールで会った。安倍首相は、北朝鮮の首脳とは前提条件なしに会うと言うが、一方で韓国首脳を遠ざけるのでは朝鮮半島政策に取り組む本気度が疑われる。

 日韓の両首脳とも、自らの国内の支持基盤への配慮よりも、未来を見すえる大局観をもって外交に臨むべきだ。隣国同士を互恵の関係に導く政治の良識こそを発揮してもらいたい。

この異常な朝日社説は例によってさっそく韓国メディアに取り上げられます。

(関連記事)

朝日新聞「安倍首相、首脳会談拒否するなら朴槿恵政権とそっくり」
https://japanese.joins.com/article/180/254180.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp|main|top_news

朝日新聞のこの安倍首相は朴槿恵政権とそっくりだする異常な主張は、韓国メディアからしても「非常に異例」とうつります。

いくら進歩傾向のメディアでも、現在の日本国内の雰囲気を考慮すると朝日新聞の社説は非常に異例のことだ。

日本国内には「反韓、嫌韓を超えた無韓(韓国への無関心とパッシング)の境地」という言葉が出るほど韓国の世論が冷ややかだからだ。

「朝日新聞の社説は非常に異例」だと中央日報は指摘しています。

たしかに「非常に異例」、詰めて表現すれば「異常」な朝日社説です。

韓国メディアからも、この局面でそんな反日的な内容の社説で大丈夫なのかと心配される朝日新聞・・・

朝日新聞、いったいあなたたちはどこの国のメディアなのだ?

(木走まさみず)

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    テレ朝は宮迫の降板を決断すべき

    渡邉裕二

  2. 2

    堀江氏「ヤクザはグイグイくる」

    NEWSポストセブン

  3. 3

    企業の短命化で「高学歴」が仇に

    内藤忍

  4. 4

    年金の仕組み知らない国民に呆れ

    永江一石

  5. 5

    橋下氏 戸籍晒し巡り雑誌に怒り

    橋下徹

  6. 6

    橋下氏がネット番組批判「虚偽」

    橋下徹

  7. 7

    予算委の審議拒否は参院選争点に

    立憲民主党

  8. 8

    上田晋也の政権批判番組が終了へ

    女性自身

  9. 9

    地方嫌う医師 子どもの教育懸念

    舛添要一

  10. 10

    イラン関与に同調せぬ日本を称賛

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。